Sat. Jun 25th, 2022

Category: コラム

ブロックチェーン 仕事なくなる / 働きたくない 死ぬしかない / 働きたくないときは? 仮想通貨 仕事辞める!

働きたくない 死ぬしかない 仮想通貨 仕事辞める     「働きたくない 死ぬしかない」は本当?仮想通貨 仕事辞める   働きたくない 仕事辞めたい 人は、働かなくても生きていけますよ。この記事では、 ( 会社辞めたい ) その方法を説明します。現代は暇を持て余している人が多い反面、やりたくもない仕事をして生きている人がほとんどです。では、どうしたらいいでしょうか?それは、この記事の中に書いてあります。ベーシックインカムの必要性も叫ばれる今、あまり働かずに生きるスキルは今後も必ず必要になってくるはずです。それは、生活のための最低限の稼ぎであったり、暇を潰す何かだったりします。それを考えていきたいと思います。 また、ブロックチェーンで仕事がなくなると思いますか?答えはイエスでありノーです。一部の人たちは現在、NFTゲームや投資やNFTアートで生計を立て始めています。それなので、可能であるといえば本当です。しかし、人々の生活が奪われてベーシックインカムが導入されるのは、まだずっと先になります。だからこそ、働かないで生きるスキル持つ必要があると思います。しかし、最悪の場合は生活保護でゲーム三昧という日々も選ぶことができるのが今の日本です。   目次 1. 働きたくないとき仕事はどうする ? 2. 働きたくない人は死ぬしかないの?  2.1 NFTゲームで生きる 3. 働きたくない 仕事辞めたい…

高齢化による社会保障制度への影響 / ベーシックインカム 社会保険料 / わかりやすく社会保険を説明

高齢化 社会保障制度       ベーシックインカム ここでは、 社会保険料 について わかりやすく 説明 します。       Contents 社会保障制度 とは? 社会保障制度(介護保険・公的年金 等)の紹介 年金の受給額 日本の社会保障費は高齢化により増大 ( ベーシックインカム の必要性) まとめ       1. 社会保障制度…

医療崩壊の真実 ( コロナウイルス なぜ医療崩壊が起こるのか?)

医療崩壊 コロナ     コロナ医療崩壊 日本 の真実 を紹介します。     Contents 1. 日本の コロナ 医療崩壊の真実 2. なぜ病床数が世界トップクラスの日本で 医療崩壊 が起こるのか? 3. 日本に多いのは開業医などのクリニックという現実 4. 国が定めた、 コロナ 患者 に対する刑事罰は本当に正しいのか?     1. 日本のコロナ 医療崩壊の真実…

コロナウイルス 後遺症 / コロナウイルス ( COVID-19 )の 後遺症 とは コロナ半年後 後遺症とは

コロナウイルス 後遺症 ネズミ 溺れる 実験 希望     この記事では、コロナ 後遺症 について説明します。 「 コロナ 発症半年後 7割に 後遺症 」こんな見出しが今朝の新聞の見出しに載っていました。そこで、この記事では コロナ の 後遺症 とは何なのか、またどのような種類の後遺症があるのか紹介します。以前、「 がん 患者 は コロナウイルス の予後不良が割合が多い」という中国の研究結果を参考にした記事を書きました。偶然、今回も中国の調査チームによる発表を参考にしています。     Contents 1.…

緊急事態宣言 とは 2021 【 新型 コロナ ウイルス ( COVID – 19 )】

新型 コロナウイルス の第3波が到来し、今週中に2回目の緊急事態宣言が出されると報道されています。そこで、この記事では、改めて 緊急事態宣言 とは何かを説明していきます。   目次 1. 緊急事態宣言 の内容とは 2. 緊急事態宣言 の効果とは 3. 緊急事態宣言 の 国家緊急権 の 憲法上 の位置付けとは 4.緊急事態宣言 の内容とは 2021 【 新型 コロナ ウイルス ( COVID – 19…

風の時代 生き残れる人 風の時代 仕事辞める / 風の時代 生きやすい人 / 風の時代とは ? 風の時代 仕事辞める / 風の時代 生きにくい人

風の時代 生き残れる人 風の時代 sns やめる 風の時代 働かない 風の時代 仕事辞める 風の時代 仕事     風の時代 仕事辞める この記事では、 2021 年から始まる「 風の時代 」( 風の時代 仕事 2021 ) とは 何か? 風の時代 に 生きやすい人 とは…

コロナ後 日常 を考える (その2 / コロナウイルス テレワーク / コロナウイルス 福祉 )

コロナ後 日常 を考える (その2 / コロナウイルス テレワーク )   Contents コロナ後 日常 (その2) コロナ後 日常 ( コロナウイルス 福祉 )   コロナ後 日常 (その2) こんにちは。コロナ後 日常 の町は日常が戻ってきた感じですね。でも、よく見るとジョギングしているサラリーマンや学生がたくさんいます。本当は、社会人も学生も一日机にかじりついて最低6時間は仕事なり勉強をやった方がいいと思っています。でも、ストレスもたまるし、ジョギングなどをしているのでしょう。 しかし、長年テレワークをしていた漫画家さんは、「別にジョギングとかいらない」とおっしゃっていました。確かに、いままでウォーキングやジョギングをしていなかったのなら、無理にしない方が身体にもいいと思います。ホームセンターやスーパーも平日にもかかわらず混んでいました。私はもう昼間は気晴らしでクルマに乗るのをやめようと思います。歩いて、3分くらいのところにスーパーがあるのでそこでご飯を買えばクルマは必要ありません。 これからは、都市部の人たちはクルマも必要なくなってきます。カーシェアやサブスクリプションを使う事もできます。それでも、ソニーもクルマを作るようになったように、これからはクルマ自体が部屋になり、Wi-Fi完備が当たり前になります。今でもメルセデスベンツはクルマと毎日会話することで、AIによりドライバーの好みを覚えて賢くなっていきます。 コロナ後 日常…

コロナ後 日常 を考える (その1 / コロナウイルス エッセンシャルワーカー )

コロナ後 日常 について書こうと思います。   Contents コロナ後 日常(その1) コロナ後 日常 ( 仕事 ) コロナ後 日常 ( 家族問題 ) コロナ後 日常(その1) こんにちは。現在の日本はコロナウィルスの規制解除が徐々に進んでいます。東京都でも感染者数が少なくなっています。韓国では規制解除後にクラブで遊んだ人たちから感染がまた増えたという報告もあります。ドイツ(5/12時点では、まだナイトクラブは再開されておらず、クルマに乗りながらクラブを楽しんでいます)でも同様です。共通点はどちらの国もナイトクラブで遊ぶのが好きな国民ですね。日本はもう少しハイテクな国なの、そこまでナイトクラブに殺到するわけではないと思いますが、気を抜いて店を開くと、韓国やドイツのようになりかねません。よく、感染者の女性が帰省した、などと批判していますが、そんな話は海外のニュースを毎日見ていますが聞いたことがありません。アメリカでは、マスクをしてはいけない法律があるそうで、黒人がマスクをして店に入ろうとしたら、警備員に止められて大騒ぎになっています。それでアメリカでは銃撃事件もありました。ロシアでは、緊急患者を拒んだ医師が原因不明の転落事故で数人が亡くなっています。おそらく、自殺だと言うことです。 どの事件にも共通するのは「差別」です。多様性が認められる世の中になってきましたが、当然のことながら多様性を「認められる人」と「認められない人」が存在してもいいわけです。それは、ある僧侶の話で知りました。ただ、将来的には多用性を認められる人の方が環境に適応するということで、生き延びる確率も高くなりそうです。私がよく、良いとも悪いとも思わない、というのはそのためです。また、たいして社会のことに興味がないからとも言えます。よく、法案に賛成か反対かの議論でも、必ずどちらかの結論を出さなければいけないわけではありません。ましてや、ツイッターなのですから。曖昧な分部があって、結論が出せなくてもいいのだと思います。 日本の場合はツイッターでの議論で、実際にその感染した女性に手を出した、などという話は聞いたことがありません。海外のさっきの例では、人が実際に死んでいます。というわけで日本人はいつも卓上の議論だけで行動が伴っていません。良い意味でも悪い意味でも。そして、直前に本当の危機が来てから慌てるのもいつものことです。ということで、今後の対策は何かしらしておきたいものです。 では、今後の社会はどうなるでしょうか?難しい話は新聞に書いてありますので、そこまでは語りません。まず、仕事ですが、「エッセンシャルワーカー」というこういう事態でも必要な仕事は給与面や雇用でも優遇されます。例えば、医者や看護師、ケアワーカー、運送業、スーパーやコンビニなどの店舗です。 医師に関して言えば、ここ数年では医師の派遣が増えています。いわゆるアルバイト感覚で様々な病院の当直などを行います。これはかなりの高給で一晩で10万円くらいでしょうか。それでも、医師たちの話だと、あそこは大変過ぎる現場で割に合わない、というような情報を交換したり、そのようなブログも盛んなようです。話は飛びますが、このようなIT関連のブログやクラウド関連も必要な仕事になってきます。いわゆる、エッセンシャルワーカーです。   コロナ後 日常 ( 仕事 )…

Writing Sentences(ものを書くということ)

最近はライターの仕事で収入を得ているので、毎日書いている時間が多い。前に自分でライター初心者のブログを書いて、「書くことなど努力も気合もいらない」みたいなことを書いていたんだけど、最近はどうもそのようになっていなかった。今、すぐに書けない理由は「うまく書いてやろう」とか「もっとすごい文章を書いてやろう」とか「楽しんで書けるだろうか?」なんてことを考えているからだ。よく考えてみればこれは「仕事」ではなくて「趣味」だ。仕事であれば朝予定を決めて、淡々と書けばいいはずなのだから。どこかで、仕事の「やりがい」とか「楽しさ」を求めてしまっている自分がいたようだ。 私の場合の「やりがい」なんていうものは、ビールを飲んでテンションが上がりすぎるのと似たようなものだから、よく考えたらそんな「やりがい」なんてないほうがいいはずなのだ。反対にそのような趣味のような「うまくやりたい」「もっとすごい文章を書きたい」「もっと楽しみたい」と思っているほど、気合や努力のようなものが必要になっていつまでも書き始めることができない。確かにすらすらと書けるときはそんなに気合などいれていないはずだった。そのことに最近になって気づいた。 小説を書いていた時は、自分で公園や美術館や植物園に散歩に行って、そこで感じたことを家で思い出して、頭のなかで映像を順番に思い出して、書いていけばいいだけだった。あとは、適当な登場人物を作り出して、会話のシーンを間に入れたりする。ただ、私はどちらかというと会話のシーンよりも、風景のシーンや登場人物の独白や三人称でその登場人物の内面を書くのが好きだった。現実でも会話はあまり得意ではないし、それほど積極的に会話をしようと思わないので、小説でもそのパターンになる。 私が今やっている仕事は、コンピューターやスマートフォンの文章を書くことなので会話のシーンは不要だ。だけど、私の原稿を受け取ったクライアントはその内容を元に、二人の登場人物が会話をするシーンを作って原稿を完成させている。私はとことんマニアックな技術情報と自分の考察は書けるけれど、そういう二人の登場人物の気軽な会話を書くことができない。それを知って、クライアントが「あなたの書きたいように書いていいですよ」と言ってくれていたが、実は彼にかなりの迷惑をかけていたのだと知った。彼からの完了の報告がいつも遅い理由もそこで分かった。私の方がはるかに難しい内容の文章を書いているんだという自負があったのだけれど、実際に大変なのはそれを編集する彼だったのかもしれない。完全に一人で作業するフリーランス・ライターであっても本当に一人で仕事をしているわけではないと気付いた。今はまだフリーランスを初めて8カ月目だ。 それを少しでも解消するためには、今書いているように、何も考えずに気軽にスラスラと、そして淡々と文章を書き進めることだと思った。その方が自然だし、カッコつけた文章にもならないのだから。このような思い込みは日常の至ることろにある。自分では正しいと思っていても、他人から見るととんだ的外れな言動だったりすわけだ。 思うように書けないという不安も今はどうやら消えたようだ。今月は仕事がもらえるかまだ分からないけれど、とりあえず文章ならいくらでも書けそうな気がしてきた。やはり文章を書くために「努力」も「気合」もどちらも必要のないものだった。

フランスの文化とは? What is French Culture? ( ルーブル美術館)

フランス 文化 フランス パリ フランス ルーブル美術館     この記事を通して、フランスの文化について考えてみます。   目次 1. フランスの文化とは ? 2. 伝染病との戦いが続いたヨーロッパとパリ 3. まとめ ( 重要な文化圏としての フランス パリ )       1. フランスの文化とは ? ( フランス…

コロナウィルス騒動による日本人と外国人の思想の違い(Difference of Thought Between Japanese and Freigners.)

コロナウイルス 日本 緊急事態宣言 コロナウイルス 海外     目次 1. コロナウィルス 騒動による日本人と外国人の思想の違い 2. コロナウイルスの各国の対応 3. 日本の緊急事態宣言の遅さについて ( コロナウイルス 日本 緊急事態宣言 )       1. コロナウィルス 騒動による日本人と外国人の思想の違い 人は長く生きることが大切なのではなく、生きているうちに自分の思い通りにするために生きているのだと思う。日本ではみんな老後は国が面倒を見てくれると思っている。日本の年金制度は破綻寸前だけれど、人々はもしかして将来は年金で生活ができるかもしれないと思っている人も大勢いるだろう。むしろ、日本の人々はそれが当たり前だと思っている。だからこそ、それが将来実現しそうもないニュースが流れるとみんなは批判する。現実的には、年金は受け取れないと考えていた方が現実的だし、対策も立てやすいだろう。     2.…

コロナウイルス とは何ですか?(がん患者を介した感染拡大の可能性について)

コロナウイルス とは     Table of Contents 1.What is Coronavirus? 2.High infection risk 3.Current situation in Japan 4.Summary     1. What is Coronavirus? ( コロナウイルス とは ) コロナウイルスは、ほ乳類や鳥類に病気を引き起こすウイルスのうちの一つで、人では風邪や肺炎などを引き起こします。稀なタイプのコロナウイルスである、SARSコロナウイルス、MERSコロナウイルス、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)のようなウイルスは死をもたらす。  …

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com