Sat. Jun 25th, 2022

Category: クルマ

モービルマッピングシステム ( MMS / Mobile Mapping System ) とは

MMS モービルマッピングシステム mms 三菱 mms 活用事例 mmsとは 測量mms mmsとは 測量 モービルマッピングシステムとは mms 活用事例 モービルマッピングシステムとは mmsとは 測量       ここでは、モービルマッピングシステム ( MMS )を紹介します。   Contents 1. モービルマッピングシス テム MMS とは?…

マクラーレン 歴代マシン / マクラーレン イギリス ( マクラーレンとは )どんな 会社?【 コラム 】

マクラーレンとは マクラーレン f1 マクラーレン720s マクラーレン 市販車 エンジン マクラーレン 会社 マクラーレン とは スーパーカー イギリス f1サウンド 市販車 マクラーレン f1 歴代マシン f1 マクラーレン 歴代マシン マクラーレン 歴代マシン マクラーレン マシン マクラーレン f1 歴代    …

無給油ブッシュ 寿命 / 無給油ブッシュ 樹脂 イグリデュール( iglidur® )とは( 特徴 と 寿命 )

無給油ブッシュ 寿命         イグリデュール ( iglidur® ) ブッシュ の 特徴 は、完全な 無給油 、無潤滑で使用でき、 メンテナンス の手間を減らすと共に、機械の 寿命 を伸ばす事でコスト削減に貢献します。 無給油 ブッシュは、従来の ベアリング に代わり、様々な機械製品に使用されます。この記事では、株式会社 イグス ( igus )の 高性能樹脂 イグリデュール ( iglidur® )を紹介します。  …

トヨタ ハリアー 2020 年の 自動車 トレンド ( 新型ハリアー の話題も)

トヨタ ハリアー     1. 2020年の自動車トレンド(そして新しい ハリアー) 2. モーターとマイルドハイブリッド 3. まとめ       1. 2020年の自動車トレンド(そして新しい ハリアー) 現在のクルマの流行はSUVです。セダンやコンパクトカーでさえも背が高いクルマを製造しています。 雑誌『Autocar』はフォードフィエスタSTをドライブして『乗り心地は地面と切り離されていて、現代風だ』と書いていました。おおむねこんな書き方をしていました。このような現代風の乗り心地は、昔からのクルマ好きは落ち着かない。クルマを運転してる感覚に乏しいのです。 しかし、現代のクルマの動力性能とハンドリングは大幅に進化しています。そこは現代のクルマの良い点です。具体的には、どんなコーナリングでも一度ステアリングを切り込むと、そこで終始安定してほぼステアの切り増しが必要ありません。そのため、アクセルとブレーキの加減速に神経を集中することができるので、速く走ろうと思えばいくらでも速く走れます。しかも、最新のDCT(ツインクラッチ)なら自動的により速い変速を行ってくれるので、普通のクルマでは敵いません。そして、コーナーをうまく曲がるのも、滑りそうになった時に最適なトラクションを自動的に配分するのもすべてコンピューターが行ってくれます。 そのため、確かにクルマは楽しいのですが、ジャーナリストもユーザーも楽しみを見つけるのに苦労しているように見えます。そんな時代なので、快適で便利なSUVが流行するのもうなずけます。最近のSUVはもちろん現代のクルマなので、背が少し高いだけでエンジンとハンドリングは他のクルマと同じでレベルが高いです。これでは、クルマの差別化はスタイルと内装くらいしかなくなってしまいます。しかし、それが現状だと思います。だから、本当のクルマ好きはみんな、昔のクルマを運転しています。   2. モーター と マイルドハイブリッド ( トヨタ ハリアー ) 技術面でのトレンドは日本ではハイブリッド技術で、欧州ではマイルドハイブリッドです。ハイブリッドはモーターが主役にもなる役割を果たしますが、マイルドハイブリッドはエンジンが主役の働きをします。 例を挙げれば、レクサスとアウディなどがあります。レクサスはハイブリッドと高効率のガソリンエンジンを搭載して燃費と走りを高めています。アウディは高効率のガソリンエンジン/ディーゼルエンジンを補助的なモーターで補っています。トータルのスペックではレクサスに軍配が上がりますが、パワーや走りはアウディ(クワトロ)の方がいいです。これは単純な話で、ガソリンエンジンとクワトロのダイレクトな走り、そしてパワーがレクサスよりも優れているからです。…

ホンダ e スペック / ホンダe とは ( What is Honda e ) / BMW i3 ev Honda e

故本田総一郎 がこの ホンダ e を見たらなんと言うでしょうか。昔、S600の発表会では川沿いに報道陣を集めてクルマに飛び乗ると、彼は全開加速で走り去りました。クルマの性能をアピールするためです。きっとこのクルマでも満面の笑顔で嬉しそうに説明する彼の姿が目に浮かびます。なぜなら、人々の役に立つクルマを出すことが彼の喜びだからです。 ホンダのスーパーカブもその一例です。スーパーカブはどんな運転をしても壊れることはありません。雪の日も雨の日も365日働き続けることができます。このホンダ e もそんな人々の身近なクルマになることを彼らは願っているのかもしれません。このたくさんのディスプレイは実際に役立つかは分かりませんが。少なくとも、走りに関しては満足の得られるものになっているようです。このクルマが日本の道路で K-Car の代わりに走り回る日を楽しみにしています。     4. Honda e スペック & BMW i3 ( honda e 諸元 ) ホンダ e のスペックの最高出力の欄を見てみると、Advavnceの方がパワーバンドが広いことが分かります。最大トルクは、通常モデルとAdvanceの数値が一緒の点はガソリン車とは異なりますね。通常モデルの最高出力はガソリン車に例えると1.6リッターモデル、Advanceの方は2.0リッターガソリンエンジンに同等の数値です。 項目 Honda e…

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com