PolkaDotエコシステムのLitentry(リエントリー ポルカドット)とは?特徴や問題の解決策・ユースケースを紹介

litentry coin polkadot

今後注目を集める分散型ID。ここでは、ポルカドットエコシステムのLitentry(リエントリー)を紹介。また、LitentryのトークンLITについても紹介します。

目次

  1. Litentryとは?
  2. 分散型ID DIDとは?
  3. 問題と解決策
  4. 与信計算(個人の信用情報を計算するためにIDを使用する)
  5. ユースケース
  6. DIDエコシステム( Litmus PolkaDot / リトマス ポルカドット )
  7. LITトークン
  8. まとめ

Litentry plokadot とは?

1 Litentry とは?

Litentry は、ユーザーが複数のネットワーク間で ID をリンクできるようにし、ID を管理するための安全な方法を提供する、分散型の ID ※アグリゲーターです。Litentry を使用すると、dApps はさまざまなブロックチェーンから ID 所有者のリアルタイムの DID データを取得できます。

これにより、ユーザーのセキュリティとプライバシーが向上し、dApps に信頼できる最新の ID 情報が提供されます。 Litentry の ID 管理への分散型アプローチは、今日のデジタル世界のユーザーと dApps の両方にとって革新的で効果的なソリューションとなっています。

※アグリゲーター とは、直訳すると「集める人」「事業者」などになります。電力業界においては、電力の需要を取りまとめる人を指します。

2 分散型ID DIDとは? ( litentry coin polkadot )

分散型識別子 (DID :Decentralized IDentifiers (DIDs) ) とは、個人や組織がオンラインのアイデンティティと関係をより詳細に制御できるようにする新しいタイプの識別子です。

中央のレジストリに依存する従来の ID とは異なり、DID は分散化されており、作成した個人または組織が直接管理できます。これにより、ハッキングまたは悪用される可能性のある単一の制御ポイントに依存しないため、DID はより安全でプライベートになります。

DID には、所有者が暗号化を使用して識別子の所有権を確認できるという独自の機能もあります。これにより、特に個人データと同意を管理したい個人にとって、信頼できるオンライン取引を行うのに役立ちます。DID は、年齢確認サプライ チェーンの追跡デジタル資格情報の発行など、さまざまな状況で使用できます。

参考URL:

https://www.w3.org/2022/07/pressrelease-did-rec.html.ja

https://gaiax-blockchain.com/did

3 問題と解決策 ( litentry coin polkadot )

litentry coin polkadot

 3.1 問題 ( litentry polkadot )

分散型 ID (DID) は、集中管理や精査なしで生成および管理されるため、従来の ID システムとは異なります。代わりに、DID は分散型の方法を使用して ID データを作成および検証します。

 3.2 解決策:DID アグリゲーション

異なるネットワークやシステム間でのDID データの断片化に対する 1 つのソリューションは、DIDアグリゲーションです。これには、複数の特異なIDを1つのより包括的なID プロファイルに結合することが含まれます。

集約されたDIDは、他のシステムとの相互運用性と互換性を確保するために、W3C DID標準に準拠する必要があります。集約されたDIDを作成することで、現在の多くの技術ソリューションを悩ませている孤立したIDレジストリシステムの問題を克服することができます。

集約されたDIDには、複数のソースからのデータが組み込まれているため、個人のIDをより包括的かつ正確に表すことができます。これにより、組織や個人が他人の身元を確認して信頼することが容易になり、なりすまし詐欺やその他のセキュリティ問題のリスクを軽減するのに役立ちます。

全体として、DID アグリゲーションは、より安全で信頼性の高い分散型 ID エコシステムを作成するための重要なステップです。

4 与信計算(個人の信用情報を計算するためにIDを使用する)

Litentry は、ID データがバラバラで分散した状態から低エントロピーの構造化された状態に進化する3 層のクレジット計算インフラストラクチャを確立しました。Litentryクレジット計算ネットワークには、検証可能でプライバシーを強化するIDクレジット計算プロセスを確立する3つのコアレイヤーがあります。

1 ソースデータレイヤーEtherscan, The Graph, Onfinalityおよび、その他データプロバイダーなどのIDアナリストによって取得されたデータソース・プラットフォームとして機能します。
2 アドレス分析レイヤーNansen, Chainalysis, Litentry Whitelistingおよび、その他アドレス分析プラットフォームなどのデータ分析を提供する外部サーバーとして機能します。
3 ID アグリゲーションレイヤーLitentryLitentryは、同じIDに属するアドレス関係を生成、アドレス分析レイヤーから対応するアドレス分析データを取得し、重み付け計算を実行します。
3層のクレジット計算インフラストラクチャ

LitentryはIDアグリゲーターとして、信頼できる正確な集約されたIDデータを提供することに重点を置いています。Litentryがレイヤーで主に行うことは次のとおりです。

  • 複数のデータ分析プラットフォームからアイデンティティ スコアを取得して集計します。
  • カスタマイズ可能な加重アルゴリズムに従って、集計アイデンティティ スコアを計算します。
  • データを暗号化し、※TEEで計算を保護してプライバシーを強化します。

※ TEE ( Trusted Execution Environment )とは、データと分析アプリを暗号化されたコンテナに変換し、ハードウェア内の安全な領域でそれらを処理するハードウェアベースの秘密計算技術です。この安全な領域は、特別なCPUからのコマンドのみを受け入れる暗号化された地域であり、外部の当事者に知られていないことなくデータを計算できます。

参考URL:https://www.eaglys.co.jp/news/column/tee/

5 ユースケース

Litentry の ID アグリゲーションは、さまざまなユースケースがあります。

 5.1 TaskFi & Airdrops ホワイトリスト (Drop3 プラットフォーム)

今のところ、ユニスワップ(Uniswap)のようなプロジェクトは、一意のID ではなく、一意のアドレスに基づいてユーザーにエアドロップを提供していました。検証と貢献の方法は一元化された方法で進行し、透明性、トークン請求料金、1 回限りの配布などの複数の問題に直面します。

しかしLitentry ID検証システムにより、暗号化プロジェクトはターゲット ユーザーを識別し、エアドロップでゾンビを除外できます。また、革新的な TaskFi プラットフォームを使用して web3.0 エコシステムのビルダーに力を与え、ユーザーはタスクを完了する必要があり、ユーザーはタスクが完了した後に報酬を請求できます。

 5.2 ソーシャル インタラクション (マイ クリプト プロファイル)

LitentryのクロスチェーンIDプロトコルに基づいたMy Crypto Profile には、ユーザーが Web3 空間で別のIDを発見するための独自の機能があります。将来、MCPはオンチェーンIDとの相互作用を調査し続け、IDはNFT のコレクションと見なすことができるため、NFT モジュールを利用します。

 5.3 ID データ分析 (Web3Go)

Litentr の DID 集約 ID データは、Web3go のようなオープン データ プラットフォームによってさらに抽出および分析され、クロスチェーン ID のアクティビティに関する洞察を提供できます。Web3Go は、ユーザーが使いやすく強力なツールを使用してブロックチェーン データをクエリ、視覚化、分析できるマルチチェーン データ分析プラットフォームです。

 5.4 パブリック プロファイル (ポルカドット ネーム システム PNS )

Litentryの独自のIDリンク・ソリューションは、PNS (Polkadot Name System) のようなオープンで分散型のドメイン・ネーム・システムのメイン・レジストラ・エントリとして機能し、Litentry のTEEサイド チェーンで予約されたプライベート名を使用して、公開データをドメイン名にインデックス化できるようにします。

 5.5 シングルサインオンアカウントシステム(ポカサインイン/PolkaSignIn)

Litentryチームは、PolkaSignInによるシングル・サインオンの可能性にも取り組んでいます。この機能を有効にすると、ユーザーは、パスワードを覚えたり、閲覧情報を保存したり、集中型サービスに個人情報を繰り返し入力したりする際に苦労することなく、任意の web2 または web3 サービスにログインできると予想されます。

ログインページに「Litentry アカウントでログイン」と「Google アカウントでログイン」があるとします。また、あらゆるネットワーク上のプロキシアカウントを問題なく生成できます。これは、ネットワークやアプリケーション全体で相互運用性を獲得できることを意味します。

 5.6 オンチェーン ガバナンス (Litentry モバイル アプリ)

現在、オンチェーンガバナンスの議決権は、トークンの保有によって決定されます。これにより、大口保有者(クジラ)が特定のプロトコルの将来に大きな影響力を持つという深刻な問題が発生します。

Litentry のリアルタイム・クレジット計算システムは、有権者の投票力を潜在的に決定する透過的で検証可能なクレジットを提供します。この提案は、より質的な要因を説明し、オンチェーン ガバナンスへのより積極的な参加を促進することを目的としています。

6 DIDエコシステム( Litmus PolkaDot / リトマス ポルカドット )

より現実的なシナリオに合わせてシステムを成長および拡張するために、LitentryはさまざまなDIDサービスプロバイダーを組み込んだ DID エコシステムを構築することを目指しています。オフチェーンからオンチェーンへのデータ、データのインデックス作成、DID コンピューティング・アルゴリズムプールに至るまで、Litentry は、DID エコシステムを豊かにする幅広い機能と機能を提供する他のサービス プロバイダーを採用しています。

 6.1 Litmus Network(リトマスネットワーク/Kusama)

LitmusはLitentryのコンパニオン・カナリア・ネットワークであり、パラチェーンとしてKusamaエコシステムに接続します。Litmus はペースが速く、最先端の技術と統合されることが期待されており、最終的にLitentryパラチェーンに到達する前に、新しいアイデアや製品を実験するのに最適な分野になります。

Litmus で新しいトークンが発行されることはありません。代わりに、ユーザーが Ethereum(ERC20) と Litmus の間で LIT トークンを転送できるようにするトークン移行メカニズムを提供します。

7 LITトークン ( litentry coin polkadot )

LITトークンは、Litentryネットワークのネイティブ暗号通貨であり、Litentry Foundationによって発行されます。LitentryトークンであるLITは、DID エコシステムにおける循環の原動力となるでしょう。LITは現在、ERC-20トークンおよびBEP-20トークンとして発行されています。Novaウォレットを使って、LITトークンを保管することもできます。

8 Litentry まとめ

litentry coin polkadot

ここまで、Litentryについて説明してきました。これからは、個人のアイデンティティを大切にする時代であり、ヨーロッパではGDPR(EU一般データ保護規則)という個人情報に関する法律が成立しました。大手企業によるデータの集中から、分散化されたネットワークに個人情報を置くというLitentryの取り組みは時代の流れに即したものです。

Litentryは、ハードウェアベースのTEEという秘密計算技術を使用して個人データのセキュリティを強化しています。これにより、プライバシーを守りながら分散化IDを使用することが可能です。

また、ポルカドット・ネーム・システム(PNS)と関連付けをしてLitentry IDを作動させることができます。アカウントにはPNSのように任意の名前を付けて登録が可能なようです。今後そのようなアカウントを使用、データの認証の際に、Web3ネットワークの様々なところで、このような分散型IDが使用する日が来るかもしれません。個人情報の保護というテーマは、今後も注目に値するのは間違いありませんし、このような技術に注目することは大切だと考えます。

様々なIDソリューションの中で、どれが将来のグーグルアカウントやアマゾンアカウントのように使用されるかは誰にも分かりませんが、今開発の勢いがあるポルカドット・ネットワークの分散型IDであるLitentryを知っておいて損はありません。

参考URL: https://docs.litentry.com/

hideyuki001
  • ITやガジェットなどをメインに記事を書いています。ご相談は、メールまでお願いします。Tokyo Web Writer | hideyuki001

ブロックチェーン・仮想通貨・NFTBlockchain
%d bloggers like this: