仮想通貨 ウォレット おすすめ / おすすめの仮想通貨ウォレット3選を紹介します!

仮想通貨 ウォレット おすすめ

ここでは、おすすめの仮想通貨ウォレットを紹介します!またウォレットの仕組みや各種ウォレットの種類なども紹介します。仮想通貨ウォレットは自分の仮想通貨を管理するために大切なものです。仮想通貨販売所でもホットウォレットやコールドウォレットによって顧客の仮想通貨を管理していますが、自分でウォレットを持つことも大切な資産を守るために必要です。ここで紹介するウォレット以外にもたくさんのウォレットがあるので、自分に合ったウォレットで仮想通貨を管理するようにしましょう。

目次

1 仮想通貨ウォレットとは ?

2 ウォレットの種類

3 おすすめの仮想通貨ウォレット3選

 3.1 MetaMask (メタマスク)

 3.2 MyEtherWallet (マイイーサウォレット)

 3.3 Nova : Polkadot, Kusama Wallet(ノヴァウォレット)

4 まとめ

1. 仮想通貨ウォレットとは ? ( 仮想通貨 ウォレット おすすめ )

仮想通貨 ウォレット おすすめ

仮想通貨ウォレットとは、仮想通貨(クリプト)を預け入れるお財布のことです。ホットウォレットというのは、仮想通貨販売所などですぐに取引ができるようにオンライン上に設けたウォレットのことです。そのため、ハッキングなどのリスクはありますが、販売所のウォレットからすぐに仮想通貨の売買をすることができるのがメリットです。

反対にコールドウォレットというのは、オンラインから切り離されたところにあるウォレットです。仮想通貨販売所によっては、資産の大きさによってコールドウォレットを使用するか判断したり、様々です。販売所のウォレットは利用者には詳細は不明になっているのが実際のところですが、公表している販売所もあります。自分で所有するウォレットも販売所上のウォレットであっても、信頼できるウォレットを選ぶことが大切です。

ウェブウォレット(利用者)クライアントウォレット(利用者)ホットウォレット(事業者)コールドウォレット(事業者)
概要ウェブウォレットは、仮想通貨取引所などのオンラインで利用できるウォレットです。ユーザーは秘密鍵の保管をしなくても、ウォレットを利用して送金ができます。クライアントウォレットは、自分の残高を自分で管理し、自分で仮想通貨を送ります。クライアントウォレットは、秘密鍵を使用すればどのPCやスマートフォンでも使用できます。ホットウォレットは、仮想通貨取引所などのサーバーから送金操作ができたり、少額の送金を高頻度で行えます。コールドウォレットは、インターネットから切り離された場所で秘密鍵を保存するのでセキュリティが高いウォレットです。
秘密鍵の保存なしあり
セキュリティ低い高い低い高い
ウォレットの種類

bitbank

2. ウォレットの種類

ここでは、仮想通貨ウォレットの種類について説明します。

1 ウェブウォレット

一部のウェブウォレットは、IDやパスワードをサーバー上に保管します。そのため、クライアントウォレットやハードウェアウォレットに比べてセキュリティ面では不安が残ります。仮想通貨取引所などもサーバー上のウォレットに仮想通貨を預けているのでセキュリティに不安は残りますが、取引の利便性は高いです。

2 デスクトップウォレット(クライアントウォレット)

デスクトップウォレット(クライアントウォレット)は、PCなどにインストールして仮想通貨やNFTを扱うことができるウォレットです。シードフレーズとは、乱数の長い文字列で暗号通貨の出金や使用に必要な秘密鍵を生成します。シードフレーズは、紙書いて保存したり金属製の入れ物に入れて保管したりします。そのため、ウェブウォレットよりはセキュリティが高いです。シードフレーズはあなたの所有している仮想通貨そのものとも言えます。あなたのパソコンのウォレットを別のパソコンに移動したい場合は、新しいパソコンでシードスレーズを入力します。

シードフレーズとは何ですか?(coinbase)

3 モバイルウォレット

スマートフォンにインストールして使用するのが、モバイルウォレットです。基本的にデスクトップウォレット(クライアントウォレット)と仕組みは同じです。秘密鍵をしようして暗号の取引をして、シードスレーズでウォレットの仮想通貨全体を管理します。

4 ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットとは、USBメモリのようなスティック上のウォレットをPCと接続してウォレットの秘密鍵やシードフレーズを保管します。コールドウォレットとも呼び、ネットワークとは切り離された状態で仮想通貨やNFTを保管することができます。しかし、仮想通貨を管理するのは自分自身の責任に委ねられるので注意が必要です。

3. おすすめの仮想通貨ウォレット3選 ( 仮想通貨 ウォレット おすすめ )

 3.1 MetaMask (メタマスク) ( 仮想通貨 ウォレット おすすめ )

仮想通貨 ウォレット おすすめ

Chrome ウェブストア MetaMask

MetaMask(メタマスク)は、Chromeの拡張機能を使用したイーサリアム・ウェブウォレットです。また、メタマスクにはモバイル版もあります。メタマスクは、Ethereumの分散アプリケーション(DApps)にアクセスしやすくするプラグインで、仮想通貨およびNFTの保管・管理・送受信ができます。現在では、多くの NFT マーケットプレイス やNFTゲームに対応しており、仮想通貨やNFTを始める人には必須ツールです。

下図は、Chrome版のメタマスクです。接続するときは、パスワードを入力します。パソコンごとに秘密鍵を入力してウォレットを追加します。秘密鍵は、メモ用紙などに記入して自分の部屋などに保管しておくと良いでしょう。パソコンやスマートフォンのテキストとして保存しておいてもいいですが、ハッキングの恐れがあるのでセキュリティは低くなります。

メタマスクを接続すると、現在の資産やどこのネットワークに接続しているかが表示されます。イーサリアムの残高があればNFTマーケットプレイスでNFTを購入したり、NFTゲームをプレイすることができます。イーサリアムが足りないときは、自分が使用している仮想通貨販売所から自分のメタマスクのアドレスにイーサリアムを送信するとETH残高が反映されます。

基本的には、イーサリアムネットワークを使用しますが、BNBやAstarネットワークなど違うブロックチェーンにも接続することができます。

仮想通貨 ウォレット おすすめ

3.2 MyEtherWallet (マイイーサウォレット)

仮想通貨 ウォレット おすすめ

MyEtherWallet(マイ・イーサ・ウォレット)は、イーサリアムを管理するのに定番の仮想通貨ウォレットです。イーサリアム・クラシックにも対応しています。また、他にも「マーケット」「スワップ」などイーサリアムを使って様々な仮想通貨とスワップできます。その時の値上がり率の「勝ち組」と「負け組」などを常時表示してくれるので分かりやすいです。あまり聞いたことのない仮想通貨であっても簡単にスワップできるので、国内の仮想通貨販売所しか知らない人にもおすすめです。

これを見てもイーサリアムが仮想通貨の中心的存在だということがわかります。対するビットコインはアフリカ地域などでは実際のお金として使用されているので、あらゆるDAppsやマーケットで使用できてスワップもできる仮想通貨といえばイーサリアムしかありません。イーサリアムを所持している人たちの間ではかなり有名なウォレットです。

下図は、MEWのログイン後の画面です。0x08d..が自分のアドレスです。アドレスは何個も追加することができます。イーサリアムクラシックのアドレスも追加可能です。他にも追加できる仮想通貨はありそうです。国内の仮想通貨販売所でイーサリアムを購入してからMyEtherWalletに送信すれば大丈夫です。

下図は、「マーケット」になります。一番取引されているトークンやトレンドのトークン、勝ち組、負け組のトークンなどをランキング形式で表示してくれます。

イーサリアムから各種トークンにスワップすることもできます。その時の値上がり・値下がりをチェックしてからスワップすることをおすすめします。

下図のように珍しいトークンにスワップすることもできます。これは、イーロンマスクがTwitter社を買収完了したときに上昇したトークンですね。このようなトレンドにうまく乗れたら儲かりそうですね。銀行取引ではなく、peer-to-peer(ピアツーピア)取引が仮想通貨のメリットです。そのため、24時間365日取引が可能で仮想通貨取引所を通す必要もありません。将来、当たり前に仮想通貨で買い物ができるようになったら、銀行などの建物もいらないし従業員もいらないので効率がいいですね。

下図のように、様々なDAppsを一覧で表示してくれるのでタップ一つでそのサービスを利用できます。NFTマーケットプレイスで有名なOpenSeaもありますね。自分のお気に入りDAppsを登録もできるみたいです。

仮想通貨 ウォレット おすすめ

3.3 Nova : Polkadot, Kusama ウォレット(ノヴァウォレット)

仮想通貨 ウォレット おすすめ

Novaウォレットは、PolkaDot/Kusama用のクライアントウォレットです。スマートフォンにインストールして使用することもできます。基本はポルカドットとクサマのウォレットですが、Astar(アスター)などポルカドット・エコシステムのトークンを保管することもできます。また、アプリ上で各種仮想通貨のステーキングを行うこともできます。PolkaDot jsで作成したアカウントを表示することや新しいアカウントの作成も可能です。日本の仮想通貨取引所からNovaウォレットに送信して管理することもできます。イーサリアム、ソラナのあとに来るのはポルカドットかもしれないので要チェックのウォレットです。

仮想通貨 ウォレット おすすめ

Apple Storeはこちら(Nova Wallet)

bitbank

4. まとめ ( 仮想通貨 ウォレット おすすめ )

ここまで、おすすめの仮想通貨ウォレットを紹介してきました。イーサリアム、ポルカドットなどのウォレットを紹介しましたが、他にもSolana(ソラナ)のPhantom(ファントム)ウォレットなども有名です。イーサリアムとソラナは、NFTマーケットプレイスで有名なOpenSeaでも使用されているので、MetaMaskとPhantomは持っていた方がいいかもしれません。そして、大切な仮想通貨やNFTはLedger Nano Sなどのハードウェアウォレットに保管しておくのが安全です。

仮想通貨販売所のウォレットは、サーバー上にあるウェブウォレットなので安全性には疑問が残ります。いきなり自分の仮想通貨が無くなっていても文句が言えない点が、仮想通貨の難点でもあるので(銀行ならちゃんと取り戻せます)、管理にはやはり注意が必要になります。

また、MetaMaskなどのクライアントウォレットを知らないサイトと接続しないことも大切です。接続した瞬間にメタマスク上にある仮想通貨やNFTが盗まれる恐れがあるからです。盗んだ仮想通貨やNFTは誰であっても市場に流通することが許されているので、盗まれたら終わりと思って間違いありません。

そのような意味でも、仮想通貨やNFT・NFTゲームというのは運営に文句も言えない特徴があります。今までの常識のように、運営に文句を言いたい気持ちもわかりますが全て自動で管理されているためです(NFTのレアリティ・レーティングなども名目上は数学的な計算で導き出されています(私が知っているのはOpenSeaのみ)。つまり、例えばNFTゲームでゲームに対して文句を言ったとしても派手な演出に騙されたユーザーが悪いとも言え、ガバナンストークンに対してもイーサリアムやビットコインのように価値が定まっていないため、何が起こるかわかりません。

先ほど、NFTのレアリティについても話をしましたが、将来的に今の価値が保たれている保証はどこにもありません。あるとしたら、仮想通貨のビットコインとイーサリアムくらいでしょう。では、なぜ今ウォレットが必要かと言えば、今現在人気があり市場価値があるからです。そのため、日々人々は仮想通貨やNFTを売買しています。

hideyuki001
  • ITやガジェットなどをメインに記事を書いています。ご相談は、メールまでお願いします。Tokyo Web Writer | hideyuki001

ブロックチェーン・仮想通貨・NFTBlockchain

One Pingback

%d bloggers like this: