DELL ALIENWARE m15 R4 レビュー ( デルアンバサダープログラムに参加しています )

alienware m15 r4 3080

この記事では、デルアンバサダープログラムにて、Dell 日本様からお借りした ALIENWARE m15 R4 スプレマシーの紹介をします!

目次

1. Dell ALIENWARE m15 R4ってどんなマシン?

2. Dell ALIENWARE m15 R4 : SPECの紹介

3. ALIENWARE m15 R4 (RTX3080) の実力チェック

 3.1 パソコンの総合性能を測定:ベンチマークソフト: PCMark 10

 3.2 ファイナルファンタジー15 ベンチマーク

 3.3 PCゲーム:フォートナイト(Fortnite)

 3.4 イーサリアムマイニング (Ethereum Mining⛏)

4. ディスプレイとキーボードをチェック

5. まとめ

1. Dell ALIENWARE m15 R4ってどんなマシン? ( alienware 15 r4 )

dell alienware m15 r4 review
dell alienware m15 r4 review

Dell ALIENWARE m15 R4(デル・エイリアンウェア)は、Alienware史上最も薄型でパワフルな15インチゲーミングラップトップです。このマシンは、重量が2.11kgと軽量で22.0mmの薄型筐体の採用で持ち運びにも適しています。ルナライト(シルバーホワイト)の筐体は見た目にも美しい丈夫なマグネシウム合金製で、指紋などの汚れが軽減するようにコーティングも施されています。

以前お借りしたDELL XPS15(9500)でも、優れた材質の筐体とコーティングを体験済みで、ALIENWAREも同じく満足度が高いです。実際に持ち運んでも、それほど重く感じなくて驚きました。これなら、部屋から部屋へ持ち運ぶ際に落とす心配もなく安心です。ACアダプタは240Wのためさすがに巨大で重いですが、これはPCのスペックから考えると仕方がありません。

2. Dell ALIENWARE m15 R4 スペック

alienware 15 r4
alienware 15 r4

ここでは、Dell ALIENWARE m15 R4の主なスペックを紹介します。このゲーミングPCの特徴は、第10世代インテル🄬Core™ i9K プロセッサーとNVIDIA🄬 GeForce RTX™ 3080 GPUカードを搭載している点が特徴です。ALIENWARE m15 R4は、ゲーミングラップトップの中でもスペックが高い一台です。メモリー容量は32GBで、重たいゲームやゲームやアプリも楽々と動かすことができます。仮想通貨のGPUマイニングにも使用可能です。ALIENWARE m15 R4は、最新のサーマルテクノロジーで放熱量が増えているため、ゲームや動画編集等で最高のパフォーマンスを発揮します。

Dell ALIENWARE m15 R4 SPEC

項目

Dell ALIENWARE m15 R4

プロセッサー第10世代 インテル®︎ Core™️ i9-10980HK
OSWindows 10 Home 64 ビット 日本語
メモリー32GB DDR4 2933MHz
ハードドライブ256GB PCIe M.2 SSD
ビデオカードNVIDIA®︎ GeForce RTX™️ 3080 8GB GDDR6
ディスプレイ15.6 インチ FHD (1920 × 1080) 300Hz 3ms 300-nits 100% sRGB
本体サイズ高さ: 17.8mm 〜 19.9mm

幅: 360.3mm

奥行き: 275.92mm

重量約: 2.11kg〜

3. ALIENWARE m15 R4 (RTX3080) の実力チェック ( alienware 15 r4 )

alienware 15 r4
alienware 15 r4

ここでは、ALIENWARE m15 R4の性能を確かめるために、ベンチマークテストや負荷の高いゲームをプレイしてみました。実際にALIENWAREでのベンチマークテストはかなりの数値が確認でき、ゲームでは高性能ディスプレイによる圧倒的な描写力と美しさを発揮しました。

3.1 パソコンの総合性能を測定:ベンチマークソフト: PCMark 10

dell alienware m15 r4 review
dell alienware m15 r4 review

ベンチマークテストでは、フリーソフト版のPCMARK10を使用しました。重要だと思われる3項目を確認すると、どれも良いとされる数値の2倍から3倍の値を示しました。Intel Core i9 CPUとGeForce RTX 3080 GPUのおかげだと思われます。PCMARK10は、全体の数値を見るよりも一つ一つの数値を見ることが重要です。

PCMARK10 ベンチマーク結果
総合スコア6435
Essentials9465 (目安4100)
Productivity8134 (目安4500)
Digital Content Creation9393 (目安3450)
ALIENWARE m15
ALIENWARE m15

3.2 ファイナルファンタジー15 ベンチマーク

ファイナルファンタジー15 ベンチマーク

FF15ベンチマークでALIENWARE m15 R4は、スコア12000以上の「非常に快適」と表示されました。これは高フレームの動作が可能でよりリッチなグラフィック設定を行うことができる証です。高性能CPUとGPU、32GBメモリや高性能SSDなどの総合的なパフォーマンスがスコアに表れています。FF15は、NVIDIAも開発に参加していたゲームだけにPCゲームのベンチマークテストとしても最適です。この結果によりALIENWARE m15 R4は、高度なグラフィック性能を必要とするPCゲームも難なく楽しめることが分かりました。

12000~ 非常に快適非常に快適に動作します。高フレーム動作が可能。
9000~11999 とても快適とても快適な動作が見込めます。高フレーム動作が可能。
6000~8999 快適快適な動作が見込めます。グラフィック品質を高品質にしても快適に動作。
4500~5999 やや快適標準的な動作が見込めます。

3.3 フォートナイト: 自動設定では100fps

alienware 15 r4
alienware 15 r4

人気ゲームのFortniteをプレイしたら、常に平均で100fpsは出ていたようです。これはなかなかの数値だと思います。ゲーム画面も非常に美しく、快適にゲームを楽しむことができました。また、GeForce Experienceというアプリを使うとゲーム画面のスクリーンショットや動画を簡単に録画してシェアすることもできます。

3.4 イーサリアムマイニング (Ethereum Mining⛏)

alienware 15 r4
alienware 15 r4

番外編として、仮想通貨のイーサリアムマイニングも行ってみました。マイニングプール(flexpool)を使用して、マイニングソフトにT-Rex minerでマイニングしました。また、MSI AfterburnerというGPUを高速にするソフトウェアを使用し、平均60MH/sのハッシュレートで採掘しました。本来はグラフィックボードはゲームを楽しむためにあるので、本来の使い方ではありませんがホームマイニングではRTX3080やRTX3090は定番となっています。また、イーサリアムマイニングは2022で終了するという噂もあります。もしも、今後マイニングをしたい人がいたらイーサリアム・クラシックなどをマイニングするといいと思います。

4. ディスプレイとキーボードをチェック ( alienware m15 r4 3080 )

ALIENWARE m15 R4のディスプレイは、信じられないほど綺麗な画面です。前回デルさんにお借りしたDELL XPS 15(9500)も相当に綺麗な画面でしたが、それ以上の綺麗さです。キーボードは、正直XPS 15のほうが使いやすいと感じました。トラックパッドもALIENWAREはサイズが小さく、やはりXPS15のような大きなサイズがベストです。しかし、簡単な入力をする分には十分に使用できます。ALIENWARE m15 R4のディスプレイは、従来機の2倍の速さとなる300Hzおよび144Hzパネル搭載で、高速 ※1リフレッシュレートの描画が可能です。また、鮮やかな画面とブルーライト軽減機能は、画質を低下させずに長時間のゲームプレイが可能になっています(4K有機ELディスプレイのみ)。

Intel公式HPより:https://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/gaming/resources/highest-refresh-rate-gaming.html

※1 ディスプレイのリフレッシュレートとは?

ディスプレイが1秒間に何回、新しい画像を描画できるかを指します。例えば、ディスプレイのリフレッシュレートが144Hzの場合、画像は1秒間に144回更新されます。GPUとCPUが連携して生成される高フレームレートと組み合わせると、よりスムーズな※2 FPSを得られる可能性があります。

※2 FPS・・・FPS(フレームレート)とは?

1秒間の動画が何枚の画像で構成されているかを示す単位のこと。

5. まとめ ( alienware m15 r4 3080 )

alienware m15 r4 3080
alienware m15 r4 3080

さて、ここまでDell Alienware m15 R4のレビューを行ってきました。本機は、XPS15のように狭額ベゼルのディスプレイではく最初は狭く感じましたが、後でこれはゲームの臨場感を出すための工夫だと気づきました。本機をよく見ると、額縁(がくぶち)の真ん中にディスプレイが浮き上がっているようなデザインになっており、実際にゲームをするとより画面に集中でき臨場感も増します。これは、ゲーミングラップトップならではのデルのこだわりなのでしょう。

本機で様々なレビューを行いましたが、一番威力を発揮するのもゲームだったことを考えると、ゲーム第一で購入すれば後悔のない一台だと思いました。そして、ゲームもただゲームをプレイするだけでなく、YouTubeにアップロード・ゲーム配信実況をすることもとても簡単です。しかしながら、他のスペックの低いラップトップだったら、ここまでいろいろな作業に挑戦してみようとは思わなかったでしょう。DELL ALIENWARE m15 R4は、ゲームから動画・Web編集まで、どんな作業も高速にストレスなく行えるところがポイントでおすすめの一台です。

hideyuki001
  • ITやガジェットなどをメインに記事を書いています。ご相談は、メールまでお願いします。Tokyo Web Writer | hideyuki001

ガジェットDELLアンバサダープログラム

One Pingback

%d bloggers like this: