Wed. May 25th, 2022

nft コムサ NFTマーケットプレイス おすすめ comsa nft

 

 

 

ここでは、NFTマーケットプレイスについての説明やNFTマーケットプレイスおすすめ3選を紹介します!

 

 

Table of Contents

1. NFT マーケットプレイスとは

2. NFTマーケットプレイス おすすめ3選

 2.1 OpenSea

 2.2 Rarible

 2.3 SuperRare

 2.4 COMSA

 2.5 COMSAのブロックチェーン Symbolとは

3. NFTマーケットプレイスを選ぶ際のポイントとは

4. NFTマーケットプレイスで購入する時におすすめの仮想通貨は?

5. まとめ

 

1. NFT マーケットプレイスとは

NFTマーケットプレイス おすすめ
NFTマーケットプレイス おすすめ

NFT マーケットプレイスは、NFTによって非代替性(他に替えがないトークンのこと)が証明されているデジタルデータや作品を販売、購入できる場所です。 NFTでは、これらの取引所はよくマーケットプレイスと呼ばれます。

扱うものはいろいろありますが、マーケットプレイスによって扱うものが異なります。 NFTアートを専門とするマーケットプレイスもあれば、複数のアイテムを扱うマーケットプレイスもあります(音楽・アート・写真等)。

 

NFTマーケットプレイスでできること

・NFTの作成と販売(発行)
・作成したNFT作品を販売する
・NFT作品を購入する
・購入したNFT作品をさらに販売(二次販売)

 

*一部の市場では、二次販売が不可能または制限されています。

*承認されたクリエイターのみがリストできるマーケットプレイスもあります。

 

 

2. NFTマーケットプレイス おすすめ3選

nft マーケットプレイスとは
https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2021/4044

ここでは、おすすめのNFTマーケットプレイス3選を紹介します!

 

2.1 OpenSea ( NFTマーケットプレイス おすすめ )

NFTマーケットプレイス おすすめ
NFTマーケットプレイス おすすめ

オープンなデジタル資産である非代替性トークン(NFT)と呼ばれるまったく新しいタイプのデジタル製品を販売するNFT最大のマーケットプレイスがOpenSeaです。OpenSeaは、ユーザーがNFTを自由に取引できるツールやクリエイターが新しいNFT作品を立ち上げ、開発者がNFTアイテムのマーケットプレイスを構築できるようにしています。

特徴は、NFTの最大のマーケットプレイス 

・さまざまなジャンルとコンテンツをカバー

・2017年にリリースされたリストの登録者数も非常に多いです

OpenSeaは、NFTマーケットプレイスで特に有名です。 NFTマーケットプレイスは、Openseaで世界市場の最大のシェアを占めており、90%以上と言われており、多くの日本人アーティストも出展しています。

OpenSeaはまた、幅広いジャンルが特徴です。アートの他に、NFTゲームトレーディングカード、さらには仮想空間のデジタル不動産もあります。暗号資産(仮想通貨)を利用できるため、円や通貨での購入はできません。

仮想空間のデジタル不動産は、NFTゲームのThe Sandboxなどでも土地の開発等ができるようです。どちらにしても、仮想現実の世界でこれらのNFTアイテムを交換したり、土地の売買をしたりすることができます。

 

2.2 Rarible ( nft コムサ )

rarible 独自コントラクト
rarible 独自コントラクト

Raribleは、ロシアの創設者によって作成された主要なNFTマーケットプレイスで、主にデジタルアートを扱います。 Raribleの魅力は、NFTの発行を簡単に行えるユーザーインターフェイスにあります。ウォレット(MetaMask等)を接続してフォームに入力するだけで、誰でもシングル(1/1 NFT)またはマルチ(1 / n NFT)と呼ばれるNFTを発行することが可能です。

2020年には10万点以上の商品が作られ、約26億円の取引額となります。そして2021年にさらに取引が増え、わずか3か月ですでに約36億の売上高を記録しました。このRaribleは、以前注目を集めたバーチャルスニーカーを販売し、直後に完売したサイトのひとつです。

NFTアートを発行するためのプラットフォームとしては、上記のOpenSeaよりも適していて簡単です。ただし、いくつかの欠点もあります。これはRaribleに固有のものですが、NFTとスマートコントラクトの背後にあるコードが少し複雑であるため、ネットワーク料金(ガス料金)は比較的高くなります。また、RARIトークンが付与されるとさまざまなメリットがあります

Raribleには、独自のガバナンストークンであるRARIトークンがあります。 RARIトークンが付与されると、投票権が付与されます。たとえば、提案された新機能と料金に投票できるようになります。特徴は、操作の一部に参加できることです。

Raribleは2020年にリリースされました。OpenSeaほどの市場ではありませんが、人気があり拡大しているNFTプラットフォームの1つです。デジタルアートを中心に、取り扱い商品はさらに拡大しています。

 

 

2.3 SuperRare

nft マーケットプレイス superrare
nft マーケットプレイス superrare

スーパーレアは、厳選されたクリエイターのみが出品することができ、高品質のNFTアートを扱っています。 SuperRareは、Foundationとともに、NFT作品をリストするために事前スクリーニングを必要とするNFTマーケットプレイスです。 SuperRareは比較的古いNFTマーケットプレイスであり、2018年からサービスを提供しています。NFTという言葉が一般名詞になる前から、多くのデジタルクリエイターに愛されてきたプラットフォームです。

SuperRareはデジタルアートに特化したプラットフォームであり、許可されたクリエイターのみが作品を出品することができます。そのため、作品の質は高く、評判も安定しています。

 

2.4 COMSA ( nft コムサ)

コムサ nft
コムサ nft

 

COMSAは、日本初の大規模ICOプロジェクトとして109億円の調達に成功して、現在注目を集めている日本発の仮想通貨(暗号通貨)です。その後、コムサ プロジェクトは急速に変化する規制環境の中で約4年間凍結されましたが、2021年11月25日に「New COMSA」として開始されました。コムサ nft

 

COMSAの発行元でコムサ プロジェクトのリーダーは、テックビューロ株式会社です。テックビューロ株式会社は、仮想通貨取引所 ザイフ(Zaif)を運営していた会社です。 2017年には、正式な暗号資産交換会社としてライセンスを取得し、ブロックチェーン技術関連の紹介サービス、契約開発などを行なってきました。

 

2.5 COMSAのブロックチェーン Symbolとは

nft コムサ
nft コムサ

同社は、NEM財団が運営するブロックチェーンをベースにしたパブリック/プライベートチェーンとして、またはプライベートブロックチェーン製品としてmijinを開発・販売し、パブリックブロックチェーンとの接続ソリューションとしてCOMSAを提供していました。

COMSAプロジェクトは、ICO(Initial Coin Offering)を通じて資金を調達し、トークン化することで、ブロックチェーンテクノロジーとトークンエコノミーを構築したい企業をサポートします。

コアサービスの1つは、NEMプロジェクトのブロックチェーンテクノロジーに基づくmijinです。 2021年の春に、NEM(ネム)がSymbolに更新され、新しいトークンXYM(ジム)が発行されました。これに伴い、mijinも更新されました。

COMSA(NFT)は、個人、グループ、組織のすべての価値を簡単な手順でトークン化して販売できるNFTマーケットプレイスです。これはパブリックブロックチェーンSymbolに基づいており、資産データを損失なくブロックチェーンで保存します。 、各プロセスは、Symbolで可能な限り安全になるように構築されています。

NFT(非代替トークン)とFT(代替トークン:代替可能トークン)の両方を処理し、ユーザーは作成するトークンを選択できます。サービス開始時には、NFTのみの取り扱いを開始します。

 

 

3. NFTマーケットプレイスを選ぶ際のポイントとは ( nftマーケットプレイス おすすめ )

nft マーケットプレイスとは
nft マーケットプレイスとは

・①マーケットプレイスの利用規約を注意深く読む

・②偽物が販売される場合があるので注意する

・③投資目的で購入する場合は特に注意が必要

 

マーケットプレイスには利用規約があります。マーケットプレイスは、売買によって金融取引を行うため、プラットフォームの条件を注意深く読んで理解することが非常に重要です。これは、ブロックチェーンという新しい仕組みのためでもあります。

 

・もしも、絵を描き始めた人の絵が数十万円で売れた話を聞いたとしたら、

「もしそうなら、あなたはあなた自身の作品を出したいですか?」

知らないうちに簡単にマーケットプレイスで売買することはお勧めできません。 NFTやNFTアートの知識を学び、少なくとも使用条件を理解してから使用してください。そして、購入の際は必ず商品に付随する権利(使用料等)を確認することが大切です。

 

 

4. NFTマーケットプレイスで購入する時におすすめの仮想通貨は? ( nft コムサ )

nft コムサ
nft コムサ

 

NFTマーケットプレイスで使用できる仮想通貨一覧

プラットフォーム 使用できる仮想通貨 使用できる仮想通貨 使用できる仮想通貨 使用できる仮想通貨
OpenSea

Ethreum

Polygon

klaytn

Tezos

Rarible

Ethreum

SuperRare

Ethreum

イーサリアム Polygon(Matic) が一般的です、Linky,Polygonなどのイーサリアムと関わりのある仮想通貨も使用できます。今後もマーケットプレイスや各種DAOが増えることによって、使用できる仮想通貨も増えるはずです。 Ethreum,Tezos,Link(チェーンリンク)は国内の仮想通貨販売所でも一般的な硬貨なので比較的手に入れやすいです。

 

NFT ゲーム スマホ axie infinity 始め方 / Axie Infinityの始め方を紹介します!

 

 

5. まとめ ( nft コムサ )

nft マーケットプレイスとは
nft マーケットプレイスとは

ここまで、NFTマーケットプレイスの仕組みや人気のマーケットプレイスなどを紹介してきました。現在は、国内でも楽天やGMOなどが続々とNFTマーケットプレイスに参入しています。また、新しい参入としてメルカリやLINEなども参入を発表しています。これら国内のサービスではクレジットカードでNFTアートを購入できたり、LINEでNFT作品を送りあったりできます。国内企業は国内のユーザーに使いやすい機能を続々と投入して賑わいを見せることは間違いありません。そして、世界に目を向けても音楽からアートまでますますクリエイターが増え、売買規模も大きくなるはずです。

SuperRareなどはもともとデジタルコンテンツのプラットフォームで人気のあった場所だけに、昨今のブームだからと言って誰にでもコンテンツを作れるわけでもないことが分かります。NFTと同時に、Web3.0というブロックチェーンを使用したインターネットはますます規模を大きくし、既存のインターネットを覆うようになるはずです。しかし、それまでにはまだ3年、5年と年月が必要です。そのため、すぐにでもNFT作品を出品したり購入したい気持ちも分かりますが、まずはNFTやWeb3.0全般の知識を手に入れてから始めても決して遅くないと思います。

ブロックチェーンを理解するためには仮想通貨の理解も欠かせません。仮想通貨によってブロックチェーンが維持されている側面があるからです。そして、仮想通貨も株式相場と同じで日々変動し24時間365日価格が変動し売買が行われています。同じように、NFTマーケットプレイスも24時間365日ブロックチェーン上で動作しています。そこには、運営元ではなく、あるのはスマートコントラクトによって決められたルール群です。

このように、スマートコントラクトは作品に対してもルールが決められ、二次使用が可能なのか報酬は入るのかなどの違いがあります。作品を出品するには、まずこのルールをしっかりと確認してから行うのが正しいやり方です。そして、国内外でたくさんのマーケットプレイスが誕生し、あなたのNFT作品も唯一のデジタル作品としてそこに並べられることになります。この新しい時代のテクノロジーをぜひ体験してみてください。

 

参考URL: https://www.businessinsider.jp/post-247180

By hideyuki001

ITやガジェットなどをメインに記事を書いています。ご相談は、メールまでお願いします。Tokyo Web Writer | hideyuki001

One thought on “NFT コムサ NFTマーケットプレイス おすすめ 3選 / NFT マーケットプレイスとは?NFTマーケットプレイスの使い方も紹介”
  1. […] NFTアートの出品・売買には、OpenSea、Rarible、NiftyGatewayなどの有名なNFTマーケットプレイスがおすすめです。NFTアートの出品・売買には仮想通貨が必要で、このときの手数料をガス代とも言います。仮想通貨とはNFTの兄弟のようなもので、一般的には仮想通貨販売所で購入します。 […]

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com
%d bloggers like this: