Wed. May 25th, 2022

NFT アート 作り方 nftアート 作り方 nft 作品 作り方 nft デジタルアート作り方 nft 作品 作り方 nftアート 販売所 nft レシピ nft 写真 作り方 NFT 作り方 nft作品作り方 nftアート png

 

 

ここでは、NFT ( Non-Fungible Token )を使ってアートの取引をするNFTアートについてわかりやすく説明します。また、NFTアートの出品・購入方法や仮想通貨のイーサリアムとの関係も説明します。最近は、国内のNFTマーケットプレイスであるCOMSAも話題になっています。海外の有名NFTマーケットプレイスと合わせて、国内での人気の高まりに合わせて、自分でNFT作品を作る人が増えています。

NFT作品は、ブロックチェーンを通じて流通しているため、改ざんや他人の手に渡ることなく自分の持ち物だと主張することができます。それは、仮想通貨と同じ仕組みで、最近は販売所によっては所有証明を閲覧できるようになっています。このように、NFTや仮想通貨にもセキュリティの意識が高まってきているのが現状です。

そのため、NFT作品を作るのは良いですが、これが長く残る作品だと考えてしっかりと作り込むことも重要かと思います。また、趣味で気軽に作るものもちろん良いですが、NFTやNFTマーケットプレイス、そして仮想通貨の仕組みも覚えておくと今後のNFT作品作りにもその知識を活かせるはずです。

作品作りについては、iPadパソコン用液タブがあると便利です。特にiPadはどこにでも持ち運べるので、面白いアイデアが浮かんだ時にすぐにイラストを描くことができます。

アートでNFTを作成する場合、画像データが最も人気があります。これはほとんどの主要な市場で使用されており、比較的すべてのユーザーがかんたんに作成できます。現在の画像データは、わざわざデータ形式を設定しなくても、画像データは基本的にjpg形式png形式で取引されています。jpg形式は背景に特定の色(基本的には白)があり、png形式は背景に色がないデータ形式です。NFTアートのデータ形式については、基本的にこのあたりを覚えておけば大丈夫だと思います。

 

 

目次

1. NFT アート とは

2. NFTアートの作り方を説明

3. NFTアートの出品・売買には仮想通貨が必要

4. NFTアートを作るにはデジタルウォレットが必要

5. まとめ

 



 

1. NFT アート とは ( nftアート png )

nftアート 作り方
nftアート 作り方

NFTアートとは、現実世界にある絵画やイラストを一つのデジタル作品(トークン)として扱う新しい形態のメディアです。NFTアートの他には、有名人のツイート・音楽など、あらゆるデジタルメディアをNFT( Non-Fungible Token )にすることが可能です。しかし、今もっとも人気があるのはアート関連のNFTです。

NFTとは、「Non Fungible Token」の略語です。これは、「代替不可能なトークン」または「交換不可能なトークン」と呼ばれます。 NFT(Non Fungible Token)は、デジタルの世界で一意の存在であり、他のものと交換できないトークンの総称です。

NFTアートは、NFTとブロックチェーン技術を利用することで、所有者を明確にして作品がオリジナル(コピー製品ではない)であることを証明することができます。また、実際のアートと同じ資産価値を持っているため、投機目的で購入することが可能です。

NFTアートがアートコレクションの未来だと考える人もいますが、もしかしたらそうかもしれません。NFTやNFTアートは、クリエイターが作品を販売するための新しいプラットフォームが誕生しています。これは、今までになかった画期的な形態です。NFTアートは、作品を製作した作成者が転売するたびに著作権使用料を受け取るように設定することもできます。

NFTアートが注目を集める理由としては、

 

・NFTを含むデジタル資産の未来が期待されています。

 

・収集目的で保有されている資産 ( 従来の絵画やスポーツカーやウィスキーやカードなど)

 

・アーティストにとって大きなメリット

 

などが挙げられます。

NFTや仮想通貨のようなデジタル資産は、今後主流になると言われており、インターネットの時代のWeb2.0を超えたWeb3.0時代で流通する資産になる可能性が高いです。

また、過去のクラシックカーや絵画のように資産としてデジタル資産を持つことが当たり前になると予想されており、今後の未来が期待されています。そして、NFTアートは代替不可能なトークンの為に海賊版などの著作権の問題を回避することができます。結果としてアーティストにとって大きなメリットになります。

 

 

2. NFTアートの作り方を説明 ( nftアート png )

nftアート 作り方
nftアート 作り方

NFTアートは、イラストや写真などの画像データ、音楽などの音声データ、映像作品などの動画データを対象としています。作品はWeb製作で使用されているIllustratorやPhotoshopなどを使います。

また最近では、ドット絵を作成できるアプリや各種ペイントソフトがリリースされています。また作品を作るときは、著作権を侵害する作品を作らないように注意することが必要です。NFTアートにデジタル変換する作品は、オリジナルのコンテンツである必要があります。

おすすめのペイントソフトには、

 

「Procreate」

があります。

Procreateは、iPadで使える本格的なペイントアプリです。 日本語、イタリア語、フランス語などのさまざまな言語をサポートしており、多くの国で使用されています。

Procreateは、iPadだけでなくiPhoneでも使用できます。iPhoneバージョンとしてProcreatePocketを提供しています。一方、Android版はアプリを提供していません。 Androidデバイスでは使用できないので注意が必要です。

 

PCユーザーには、有料ペイントツールのシェアが最も高い

「CLIP STUDIO PAINT」

をおすすめします。 CLIP STUDIO PAINT は、iPadやiPhoneやAndroidスマートフォンでも使用できます。

 

 

3. NFTアートの出品・売買には仮想通貨が必要 ( nftアート png )

nftアート 作り方
nftアート 作り方

NFTアートの出品・売買には、OpenSeaRaribleNiftyGatewayなどの有名なNFTマーケットプレイスがおすすめです。NFTアートの出品・売買には仮想通貨が必要で、このときの手数料をガス代とも言います。仮想通貨とはNFTの兄弟のようなもので、一般的には仮想通貨販売所で購入します。

NFTアートを出品・売買をしたい時には、イーサリアムやポリゴンなどの仮想通貨を使います。仮想通貨の購入は仮想通貨販売所で購入します。有名な仮想通貨販売所は、CoincheckやBitFlyerやDMM Bitcoinなどがあります。

仮想通貨販売所への登録は簡単に行えます。登録すると同時に、ホットウォレットという仮想通貨を保存しておく(財布)が自動的に作成されます。資産が多い場合はコールドウォレットに移動される場合もあります。この辺りは、仮想通貨販売所によって違います。

ホットウォレットとコールドウォレットの違は、インターネットに接続してあるかどうかです。常にインターネットに接続してある、ホットウォレットは送金がスピーディに行えます。また、コールドウォレットはインターネットに接続していない状態のためにセキュリティに優れています。

NFTアートを出品したり売買するときは、イーサリアムやポリゴンという仮想通貨が使われます。仮想通貨販売所でイーサリアムなどを購入しておけば、作品が完成したらすぐに出品することができます。

 

 

4. NFTアートを作るにはデジタルウォレットが必要

nft作品作り方
nft作品作り方

NFTアートを出品するときには、デジタルウォレットが必要になります。有名なウォレットに、Meta Maskというウォレットがあります。これはGoogleクロームのウェブ上で動作するウォレットです。

Meta Maskのインストールは簡単で、インストール後はクロームの拡張機能に適用することが可能です。Meta Maskを拡張機能に追加することで、自動的に各種マーケットプレイスと接続し、NFTアートの出品や売買が簡単に行えます。

Meta Maskは、ウェブ上で簡単に仮想通貨の保存ができる便利なアプリです。ですが、ホットウォレットであるためにセキュリティが完全ではありません。大手のマーケットプレイスでもハッキングの被害が報告されているので、コールドウォレットのデバイスを用意しておいた方が安心かもしれません。自分のウォレットのアドレスが分かれば、手持ちのコールドウォレットでも構いません。

しかし、現在便利で扱いやすいのがMetaMaskなので(Google chromeに直接拡張機能としてインストールできます)、このウォレットを使うのが便利だと思います。しかし、セキュリティは完璧ではないので、自分でコールドウォレットを用意しておくのが一番安全な方法です(テスト感覚で少量の売買をする分にはMetaMaskで十分だと思います)。

 



5. まとめ

nft作品作り方
nft作品作り方

ここまで、NFTアートについて説明してきました。まとめると、NFTアートは代替不可能なトークンであり資産です。出品や売買を行うには、マーケットプレイスを使います。

その時に使用するのがイーサリアムポリゴンなどの仮想通貨です。仮想通貨は、仮想通貨販売所であらかじめ購入しておく必要がありますが、同時に作品の制作も必要です。

作品の制作については、Illustrator・Photoshopや先ほど紹介したペイントツールでも行えます。また、過去に描いた作品をスキャナーで読み取ってNFTアートにすることもできます。同じように写真もNFTアートにすることができるので、可能性は無限大にあります。

NFTアートは今すぐに急いでやるものでもなく、成功している人はごく僅かであり、アーティストに新しい収入の機会を与えるものです。もしも、NFTでお金を稼ぎたいとしたら、DAOのグループを見つけて、その中で活動することが将来的に収入の機会があると思います。しかし、アート活動や音楽製作はクリエイティブな作業であり、特にアートは誰にでも簡単に作れます。そのため、この機会にNFTアートに挑戦するのもいいと思います。

これを機会に、ぜひNFTアートに挑戦してみてください!!

 

 

By hideyuki001

ITやガジェットなどをメインに記事を書いています。ご相談は、メールまでお願いします。Tokyo Web Writer | hideyuki001

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com
%d bloggers like this: