NFTとは わかりやすく / NFTとは何か?わかりやすく説明します・NFTの特徴や暗号通貨との関係も説明!

nftとは わかりやすく nft わかりやすく nft とは わかりやすく web3.0 わかりやすく

 

 

近頃はWeb3.0という言葉や、ブロックチェーンなどの言葉を耳にすることも多くなってきました。ここでは、それに関連したブロックチェーン技術であるNFT ( Non-Fungible Token )についてわかりやすく説明します。また、NFTと関わりのある仮想通貨のイーサリアムとの関係も説明します。

NFTは今、あらゆるところに浸透してきた感じがします。クラウドファンディングや国内で人気のNFTマーケットプレイスCOMSAなど、ますます人気が高まってきています。そこで、問題になるのが「NFTって何?」ということだと思います。基本的な仮想通貨やブロックチェーン、NFTの知識を身につけておくことは、今後数年以内に訪れる仮想3D空間サービス「メタバース」を始めるのにも役立ちます。ぜひ、この記事やブロックチェーン、仮想通貨の記事を当ブログで見てもらえたら幸いです。

 

 

目次

1. NFT とは
1.1 NFTインターネット( Web3.0 )と現在のインターネット( Web2.0 )の違い
2. NFTの特徴
3. NFTと暗号通貨の違い ( ft nft 違い )
4. NFTとイーサリアムの関係
5. まとめ

1. NFT とは ( nft とは わかりやすく )

NFT とは わかりやすく
NFT とは わかりやすく

NFT( Non-Fungible Token )とは、わかりやすく言うとデジタルアート作品やその他の収集品(カードなど)を、ブロックチェーンで簡単に取引できるようにするものです。NFTは、よくデジタルデータであるビットコインなどの仮想通貨の兄弟のようなものと言われます。

NFTは、固有の商品の所有権を保護するために使用されるトークンです。トークンとは、ブロックチェーン技術を使用して作られた硬貨や商品の総称のことをいいます。トークンには、DAO内で流通するコインや、各種NFTコンテンツなどがあります。

このNFTによって、芸術作品やカードなどのコレクターズアイテム、著作権のある出版物、不動産などをトークン化することが可能になりました。そのため、近年はNFTがブームになっています。 NFTは、一度に1人の公式な所有者のみが所有でき、Ethereumブロックチェーンによって保護されます。NFTは、所有権の変更・コピーして同じNFTを作成したりすることはできません。

NFT( Non-Fongible Token )は非代替トークンの略です。非代替とは、まったく同じ価値の別のアイテムと交換することはできず、それぞれに独自の価値を持っていることを指します。また一方で、代替可能性の場合は、まったく同じ価値のアイテムと交換することが可能です。代替可能性の場合は、一意のアイテムではなくアイテムの「値」によって定義されるためです。

つまり過去の作品をNFT化することで多くのアーティストやミュージシャンなどに大きな利益があります。NFT化された作品は、非代替トークンという唯一の存在であるため、投資家は仮想通貨と同じようにデジタルで作成されたNFTを購入しています。

 

 

1.1 NFTインターネット( Web3.0 )と現在のインターネット( Web2.0 )の違い

web3.0 わかりやすく
web3.0 わかりやすく
NFT インターネット ( Web3.0 ) 現在のインターネット ( Web2.0 )
NFT はデジタル的にそれぞれ固有のもので、全く同じ NFT は存在しない。 ファイル(mp3 や jpg など)のコピーは元のオリジナルと全く同じである。
あらゆる NFT には所有者があり、またこれは公開されており、誰でも検証することができる。 デジタルアイテムの所有記録は、それが属する組織のサーバーに保存される。その扱いについては、属する組織の方針に従わなければならない。
NFT は Ethereum を使用して構築されたすべてのものと互換性がある。あるイベントの NFT チケットは、全く異なる NFT であっても、あらゆる Ethereum 市場(ブロックチェーン上)で取引することができる。 チケットとアートの交換も可。 デジタルアイテムを持つ企業は、独自のインフラを構築する必要がある。 例えば、イベントのデジタルチケットを発行するアプリは、独自のチケット交換所を作る必要がある。
コンテンツクリエイターはどこでも作品を販売し、世界市場にアクセスすることができる。 クリエイターは、使用するプラットフォームのインフラと流通経路に依存する。 多くの場合、利用規約や地理的制限に大きく影響を受ける。
クリエイターは自分の作品に対する所有権を保持しつつ、再販の印税を請求できる。 音楽ストリーミングサービスなどのプラットフォームは、利益の大部分を売上から得ている。
アイテムは驚くような方法で使用することができる。 例えば、デジタルアートワークを分散型ローンの担保として使用することもできる。



2. NFTの特徴 ( nft とは わかりやすく )

nftとは わかりやすく
nftとは わかりやすく

 

NFTの特徴は、NFTというデジタルデータに新たなプログラムを追加して搭載できることです。これはイーサリアムのスマートコントラクト機能を使用しています。

プログラム可能性とは、二次配布の料金など、さまざまな追加機能をデータ自体に追加できることを意味します。この場合は、作成者が継続的に作品の料金を受け取れる仕組みにもできるため、著作権などを管理する団体も不要になると言われています。

他にも、想像もできないような機能が搭載されるかもしれません。これは、まさに新しいインターネットの世界(Web3.0)です。

NFTは特定の団体が管理することはなく、分散型ブロックチェーンの中に指定された所有権があります。そのため、所有者はビットコインなどと同じように所有するNFTを自由に譲渡することができます。これを「取引可能性」といいます。これにより、国や既存の枠組みに関係なく多くの無料取引が可能になります。

 

 

3. NFTとFT(暗号通貨)の違い ( nftとは わかりやすく )

nft ft 違い
nft ft 違い

NFTと暗号資産の違いは、トークンが「代替可能」か「非代替可能」かということです。暗号通貨資産はFTであり、そして現金と交換することができます。言い換えれば、暗号資産は代替トークンといえます。

一方でNFTは、各作品の識別情報に基づいて資産価値を決めるので、他の同等の作品と交換できない独自の存在として扱います。そのため同じのデータは商品は存在しません。

NFTはそれぞれが唯一の非代替商品です。NFTは、それぞれがデジタル的に区別されます。したがって、通貨として流通することはありませんが、それぞれに固有の価値を持たせることができます。

例えば、オンラインゲームで価値のあるアイテムをNFT化してそれを取引に利用することも可能です。そうなれば、苦労して手に入れたアイテムも無駄になることはありません。アイテムは、そのゲームそのものよりも長く存続するかもしれません。それらのアイテムのコレクターも登場するでしょう。

 

 

4. NFTとイーサリアムの関係 ( nftとは わかりやすく )

nftとは わかりやすく
nftとは わかりやすく

イーサリアム(ETH)は、ヴィタリック・ブテリン氏によって開発されたブロックチェーン・プラットフォームの名前です。ここで使用される仮想通貨はイーサリアム(ETH)と呼ばれますが、日本ではプラットフォームとイーサリアムの両方が「イーサリアム」と呼ばれることがよくあります。

現在ほとんどのNFTは、このイーサリアム・ブロックチェーンで取引されています。イーサリアムはプラットフォームの名前ですが、オープンソースのプロジェクトであるため(Android OSのような)、中央管理者はいません。

イーサリアムの優れた点はスマートコントラクトを実装できる点です。スマートコントラクトは、ブロックチェーン上のコンテナにアプリケーションを実装することができます。これによって、NFTに追加で報酬機能を追加したりすることができます。これによって、NFT作品の2次使用の際にもクリエーターに報酬が払われる仕組みです。スマートコントラクトは、命令を追加できるので新しい決め事を追加することができます。

また、NFTゲームでもスマートコントラクトにより各種の遵守すべき法令が定められているので、誰もがその規則に従って処理されることになります。そのため、中央集権的な機関によって取り決めが行われたり、報酬を持っていかれることはありません。この点がイーサリアムやブロックチェーン技術の要ともなります。なお、ビットコインにはスマートコントラクト機能はありません。またNFTは、イーサリアム・ブロックチェーンを元帳として使用し、一意のデジタルデータの所有権を割り当てたり主張したりできます。NFTは、デジタルまたは非デジタル資産(現金等)の表現としてデジタルオブジェクトから作成されます。

そして、イーサリアムと仮想通貨としてのイーサリアムの両方が人気を集めています。しかし、そのライバルも登場しており、今後も競争が激化しそうです。

 

 

5. まとめ ( nftとは わかりやすく )

nft わかりやすく
nft わかりやすく

NFTは将来、新しいデジタルコンテンツ配信等の価値創造の面でグローバルスタンダードになる可能性があります。また、アートやコンテンツなど、さまざまな作者や産業を救う技術であることは間違いありません。現在でも、NFTゲームやNFTアートが人気になっており、今後はこれらによって生活する人が出てくるに違いありません。

また、将来的には自動車のようなものにも一意のNFTが設定されるかもしれません。NFTは、仮想通貨と合わせて人々の生活に欠かせないものになる可能性を秘めています。収入が安定しないと言われていた写真家もNFTの登場により、撮影した写真が一意の非代替作品となりNFTとして販売することができます。以前だと写真をコピーされてしまったり、二次使用されてしまっても写真家には報酬はは入りませんでしたが、NFTならスマートコントラクト機能により報酬が入るように設定することも可能です。そうすることによって、写真家やクリエーターがより認められて精力的に創作活動に打ち込むことも期待できます。

しかし、NFTはまだ始まったばかりで裕福な人だけが利益を教授できるものになってしまう懸念も残されています。今後、NFTが世界にどのように定着していくのか、その動向に注目したいと思っています。

 

参考URL: https://ethereum.org/ja/nft/

hideyuki001
  • ITやガジェットなどをメインに記事を書いています。ご相談は、メールまでお願いします。Tokyo Web Writer | hideyuki001

ブロックチェーン・仮想通貨・NFT

8 Pingbacks

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com
%d bloggers like this: