NFTとは わかりやすく / NFTとは何か?わかりやすく説明します・NFTの特徴や暗号通貨との関係も説明!

nft わかりやすく

近年、Web3.0やブロックチェーンなどの言葉をよく耳にするようになりました。 ここでは、これらの用語に関連するブロックチェーン技術であるNFT(Non-Fungible Token)について、分かりやすく解説します。 また、NFTとそれに関連する仮想通貨イーサリアムとの関係についても解説します。

最近はNFTが人気で広まっているようです。クラウド型クラウドファンディングや日本で人気のNFTマーケットプレイスCOMSAの人気が高まっています。では、「NFTって何?」という質問になると思います。暗号通貨、ブロックチェーン、NFT の基本的な理解は、今後「メタバース」などの仮想 3D 空間サービスを開始する際にも役立ちます。私たちのブログにアクセスして、ブロックチェーンと暗号通貨に関する記事を読んでいただければ幸いです。

目次

 
1. NFT とは
1.1 NFTインターネット( Web3.0 )と現在のインターネット( Web2.0 )の違い
2. NFTの特徴
3. NFTと暗号通貨の違い ( ft nft 違い )
4. NFTとイーサリアムの関係
5. まとめ
 
 
 

1. NFT とは

NFT とは わかりやすく
NFT とは わかりやすく

NFT (Non-Fungible Token) は、ブロックチェーン上でデジタル アートやその他の収集品 (カードなど) を簡単に取引する方法です。 NFTは、デジタルデータであるビットコインなどの仮想通貨の兄弟と呼ばれることがよくあります。

NFT は、ユニークな商品の所有権を保護するために使用されるトークンです。 トークンとは、ブロックチェーン技術を利用して作成されたコインや商品の総称です。 トークンには、DAO 内で流通するコインやさまざまな NFT コンテンツが含まれます。

NFTにより、アートワーク、カードなどのコレクターズ アイテム、著作権で保護された出版物、および不動産をトークン化することが可能になりました。そのため、最近NFTがブームになっています。 NFT は、一度に 1 人の公式所有者のみが所有でき、イーサリアム ブロックチェーンによって保護されています。 NFT を変更またはコピーして同じ NFT を作成することはできません。

NFT(Non-Fungible Token)とは、non-fungible Tokenの略です。 非代替性とは、同じ価値のまったく異なるアイテムと交換することができず、独自の価値があることを意味します。 一方、代替可能の場合は、同じ価値のまったく別のアイテムと交換することができます。 これは、代替可能性の場合、一意のアイテムではなく、アイテムの「価値」によって定義されるためです。

つまり、過去の作品をトークン化することは、多くのアーティストやミュージシャンなどにとって大きなメリットがあります。 NFT トークン化された作品は非代替トークンと呼ばれる独自のエンティティであるため、投資家は仮想通貨と同様にデジタルで作成された NFT を購入します。

 

1.1 NFTインターネット( Web3.0 )と現在のインターネット( Web2.0 )の違い

web3.0 わかりやすく
web3.0 わかりやすく
NFT インターネット ( Web3.0 )現在のインターネット ( Web2.0 )
NFT はデジタル的にそれぞれ固有のもので、全く同じ NFT は存在しない。ファイル(mp3 や jpg など)のコピーは元のオリジナルと全く同じである。
あらゆる NFT には所有者があり、またこれは公開されており、誰でも検証することができる。デジタルアイテムの所有記録は、それが属する組織のサーバーに保存される。その扱いについては、属する組織の方針に従わなければならない。
NFT は Ethereum を使用して構築されたすべてのものと互換性がある。あるイベントの NFT チケットは、全く異なる NFT であっても、あらゆる Ethereum 市場(ブロックチェーン上)で取引することができる。 チケットとアートの交換も可。デジタルアイテムを持つ企業は、独自のインフラを構築する必要がある。 例えば、イベントのデジタルチケットを発行するアプリは、独自のチケット交換所を作る必要がある。
コンテンツクリエイターはどこでも作品を販売し、世界市場にアクセスすることができる。クリエイターは、使用するプラットフォームのインフラと流通経路に依存する。 多くの場合、利用規約や地理的制限に大きく影響を受ける。
クリエイターは自分の作品に対する所有権を保持しつつ、再販の印税を請求できる。音楽ストリーミングサービスなどのプラットフォームは、利益の大部分を売上から得ている。
アイテムは驚くような方法で使用することができる。 例えば、デジタルアートワークを分散型ローンの担保として使用することもできる。



2. NFT の特徴 ( わかりやすく )

nftとは わかりやすく
nftとは わかりやすく

NFTというデジタルデータに新たなプログラムを追加することで、新たなプログラムを搭載できることがNFTの特徴の1つです。 これはイーサリアムのスマートコントラクト機能を利用しています。

プログラマビリティとは、データ自体に二次配布料などのさまざまな付加機能を追加できることを意味します。 この場合、クリエイターは引き続き作品の対価を受け取ることができるため、著作権などの権利を管理する組織は不要になると言われています。

その他、想定外の機能が搭載されている場合もあります。 これはまさにインターネット(Web3.0)の新しい世界です。

NFT は特定の組織によって管理されておらず、分散型ブロックチェーンで所有権を指定しています。 したがって、所有者はビットコインと同じように NFT を自由に譲渡できます。 これを「転移性」といいます。 これにより、国や既存の枠組みに関係なく、多くの自由な取引が可能になります。

 

3. NFTとFT(暗号通貨)の違い

"<yoastmark

NFTと暗号資産の違いは、トークンが「代替可能」か「非代替可能」かということです。暗号通貨資産はFTであり、そして現金と交換することができます。言い換えれば、暗号資産は代替トークンといえます。

一方でNFTは、各作品の識別情報に基づいて資産価値を決めるので、他の同等の作品と交換できない独自の存在として扱います。そのため同じのデータは商品は存在しません。

NFTはそれぞれが唯一の非代替商品です。NFTは、それぞれがデジタル的に区別されます。したがって、通貨として流通することはありませんが、それぞれに固有の価値を持たせることができます。

例えば、オンラインゲームで価値のあるアイテムをNFT化してそれを取引に利用することも可能です。そうなれば、苦労して手に入れたアイテムも無駄になることはありません。アイテムは、そのゲームそのものよりも長く存続するかもしれません。それらのアイテムのコレクターも登場するでしょう。

4. NFTとイーサリアムの関係 ( nftとは わかりやすく )

nftとは わかりやすく
nftとは わかりやすく

イーサリアム (ETH) は、Vitalik Buterin によって開発されたブロックチェーン プラットフォームの名前です。 ここで使われている仮想通貨はイーサリアム(ETH)と呼ばれていますが、日本ではプラットフォームもイーサリアムも「イーサリアム」と呼ばれることが多いです。

現在、ほとんどの NFT は Ethereum ブロックチェーンで取引されています。 イーサリアムはプラットフォームの名前ですが、オープンソース プロジェクトであるため、中央管理者 (Android OS のような) はありません。

イーサリアムの優れた点の 1 つは、スマート コントラクトの実装が可能であることです。 スマート コントラクトは、ブロックチェーン上のコンテナーに実装できるアプリケーションです。 これにより、たとえばNFTに報酬機能を追加できます。 これは、NFT が再利用されるとクリエイターに報酬が与えられることを意味します。 スマート コントラクトを使用すると、新しいルールや指示を追加することもできます。

スマート コントラクトは NFT ゲームでも使用され、従わなければならないさまざまなルールを設定し、すべての人が同じルールに従って処理され、集中管理された機関の決定や拒否された報酬の対象にならないようにします。 これは、イーサリアムとブロックチェーン技術の重要な機能です。

ビットコインにはスマートコントラクト機能がありません。 NFT は、イーサリアム ブロックチェーンを元帳として使用して、一意のデジタル データの所有権を割り当てたり主張したりすることもできます。 NFT は、デジタル資産または非デジタル資産 (現金など) の表現として、デジタル オブジェクトから作成されます。

イーサリアムと暗号通貨としてのイーサリアムの両方が人気です。 しかし、競合他社も存在し、今後も競争は激化する可能性があります。

5. まとめ ( NFT わかりやすく )

"<yoastmark

NFT は、将来、新しいデジタル コンテンツの配信などで価値を生み出すためのグローバル スタンダードになる可能性を秘めています。 アートやコンテンツなど、さまざまな作家や業界を救える技術であることも否めません。 すでにNFTゲームやNFTアートの人気が高まっており、人々がNFTゲームやNFTアートで生活を始めるのは時間の問題です。

将来的には、車などに独自のNFTが設定される可能性があります。 NFTは、仮想通貨と並んで人々の生活に欠かせないものになる可能性を秘めています。 これまで収入が不安定と言われていた写真家が、自分の写真をユニークで代替不可能な作品としてNFTとして販売できるようになりました。 これまで写真家は、写真がコピーまたは再利用された場合、報酬を受け取ることはありませんでしたが、NFT では、スマート コントラクトをセットアップして報酬を受け取ることができます。 これにより、写真家やクリエイターの認知度が高まり、作品に真摯に取り組むことにつながることも期待できます。

ただし、NFT は富裕層にしか利益をもたらすことができないという懸念がまだあります。 NFTが世界でどのように定着し、今後の動向がどうなるのか興味深いところです。

 

参考URL: https://ethereum.org/ja/nft/

hideyuki001
  • ITやガジェットなどをメインに記事を書いています。ご相談は、メールまでお願いします。Tokyo Web Writer | hideyuki001

ブロックチェーン・仮想通貨・NFT

8 Pingbacks

%d bloggers like this: