Wed. May 25th, 2022

iso27001 取得メリット

 

 

この記事では、 ISO 27001 について説明します。

 

 

目次

1. ISO 27001とは

2. ISO 27001 の メリットとは

3. ISO 27001 と ISMS の違い とは?

 3.1 ISO 27001 と プライバシーマーク ( Pマーク ) の 違い とは?

4. ISO 27001 の 取得方法 とは?

 4.1 適用範囲 を決定する

 4.2 リスクアセスメント 実施手順の策定

 4.3 内部監査 と マネジメントレビュー

 4,4 認証機関 による審査を受ける

 4.5 継続的な PDCAサイクル の実施

5. まとめ

 

 

1. ISO27001 とは ( iso27001 取得メリット )

iso27001取得メリット
iso27001取得メリット

今日のテクノロジー主導の世界では、企業と顧客のデータを保護することが不可欠です。情報セキュリティマネジメントシステム( ISMS )を運用して、ISO 27001認証を取得することで、企業がサイバー攻撃に直面する脅威に対処するための情報資産を保護することができます。

また、近年では ISMAP ( 政府情報システムのためのセキュリティ評価制度 )や FedRAMP ( 米国政府機関におけるクラウドセキュリティ認証制度 )のベースになっていて情報セキュリティを検討する上で大切な役割を果たしています。

 

2. ISO27001 の メリットとはiso27001 メリット( iso27001 取得メリット )

iso27001取得メリット
iso27001取得メリット

ISO 27001 の メリット とは、データと企業評価の保護が挙げられます。 ISO 27001 認定は、情報資産のセキュリティを管理するための体系的でリスクに基づく考え方を構築していることを利害関係者に示しています。効果的な情報セキュリティ管理を運用することにより、企業は絶え間ないリスクと脅威を特定します。そして、それらに対処するために必要な措置を講じることができます。

ISO 27001認定を取得するには、EU GDPR( EU一般データ保護規則 )などの規制を確認する必要があります。これは、 リスク管理コーポレートガバナンス にプラスの影響を及ぼします。これはデータの侵害を防ぎ、データを保護するための回避策と手順があることを、あなたや他の利害関係者に示すことにつながります。

 

 

3. ISO 27001 と ISMS の違い とは? ( iso27001取得メリット )

iso27001取得メリット
iso27001取得メリット

ISMS とは、情報セキュリティに関連する管理システムのことです。セキュリティ面では、JISが発行する Pマーク (プライバシーマーク)が日本でよく知られており、情報の気密性を高めるためにパスワードを付けるなどの対策がとられています。

一方で国際標準である ISMS では、「機密性」に加えて、管理情報の書き換えや削除を防止する「整合性」、必要なときにすぐに情報を利用できる「可用性」を備えています。ISMSでは、これらの3つの要素を維持することが要件です。

ISO27001 では、 ISMS の3つの重要な要素を保護するための特定の管理方法を明確にしています。この規制には、ISMSメカニズムを設定、維持、継続的に改善する方法の要件、および情報セキュリティのリスク評価リスク対処戦略が含まれています。

万が一情報漏えいが発生した場合、企業やお客様に大きな損害を与えるリスクがあります。したがって、ISO27001の認証を取得することは、業種や業種を問わず、すべての企業にとって大きなメリットと言えます。

 

3.1 ISO 27001 と プライバシーマーク ( Pマーク ) の 違い とは?

iso 27001 pマーク
iso 27001 pマーク

ISMS ( Information Security Management System ) が情報セキュリティを適切に管理するシステム・仕組みであるのに対し、ISO/IEC 27001はどのようにISMSを構築し運用するかを定めた国際規格のことを指します。

 

ISO 27001 と Pマークの 違い ( iso27001 とは )

項目/種類 ISO/IEC 27001 Pマーク
適用基準 国際基準 国内基準
要求 情報の機密性・完全性・可用性の維持 個人情報の取り扱い
更新期間 3年毎及び毎年の継続審査 2年更新
特長 B to B:組織規模・業種問わず B to C:大企業(システム部門内包)

 

 

4. ISO 27001 の 取得方法 とは? ( iso27001 取得メリット )

iso27001取得メリット
iso27001取得メリット

ここでは、 ISO 27001 の 取得方法 について順を追って説明していきます。

 

 

4.1 適用範囲 を決定する ( iso27001 取得メリット )

iso27001取得メリット
iso27001取得メリット

会社を取り巻く状況を整理することにより、適用範囲を決定します。全社認証で取得することも、1部門ごと、1支社ごと等に限定することも可能です。

 

4.2 リスクアセスメント 実施手順の策定

ISO27001 とは
ISO27001 とは

ISO/IEC27001では、リスク評価の具体的な方法を指定していません。多くの場合、情報の移動によってリスクが変化するため、リスクが高くなり優先順位を付ける必要があることを理解することが重要です。これまで、資産元帳から資産の特定やリスク評価を行うケースが多かったのですが、情報漏えいは意図しない破壊や使用によるものであり、情報の移動によって引き起こされる場合があります。したがって、プロセス資産と情報資産の両方、およびそれらの管理方法の観点からリスク評価を実施することが重要です。

 

 4.3 内部監査 と マネジメントレビュー

ISO27001 とは
ISO27001 とは

レビューとは、実施された経営を振り返り、経営者が得た成果や問題点、将来起こりうる懸念事項を考察する経営経営活動です。

 

4.4 認証機関 による審査を受ける

iso27001取得メリット
iso27001取得メリット

ISO/IEC27001では、2段階の現地審査に分かれています。 第1段階では主に文書の構築状況、第2段階では運用状況を確認します。

 

4.5 継続的な PDCAサイクル の実施

iso 27001 とは
https://jmaqa.jma.or.jp/27001isms/point.html

経営トップの役割、従業員の教育、目的(目標)を明確にした上で、運用レベルに入ります。その際、お客様からの情報に対応することが重要です。そして、お客様の声が埋もれていないか、どのように内部監査で吸い上げるシステムかを確認します。その結果をマネジメントレビューのインプットとして活用し、経営者のアウトプットを仰ぎます。

 

 

5. まとめ ( iso27001 取得メリット )

fedramp ismap 違い
fedramp ismap 違い

ISO/IEC 27001 は、情報を安全に保つためにISMSを実装する方法を示す規制です。内部監査を実施する際には、機密性、完全性、可用性が情報管理システム(ISMS)の中核であるかどうかなど、内部メンバーの情報セキュリティ意識を確認してください。また、各規制がビジネスで効果的に機能しているかどうかを調査する必要があります。不適な部分を継続的に改善することにより、企業の価値と国内外での競争力の向上が期待できます。 ISO 27001 取得のためには、 EU GDPR( EU一般データ保護規則 ) についての知識も不可欠になります。

 

参考URL: https://jmaqa.jma.or.jp/27001isms/point.html

By hideyuki001

ITやガジェットなどをメインに記事を書いています。ご相談は、メールまでお願いします。Tokyo Web Writer | hideyuki001

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com
%d bloggers like this: