太陽光発電システム メリット / 太陽光発電 FIT

太陽光発電システム メリット 太陽光発電 fit

について説明します。

 

 

Contents

 1. 太陽光発電システムのメリット

  1.1 昼間の電気代を節約できる

  1.2 余った電気は電力会社が買い取ってくれる

  1.3 CO2排出量を大幅に削減できる

 2. 太陽光発電システムのしくみ

  2.1 構成要素

  2.2 太陽電池の構造

  2.3 太陽電池モジュール

 3. まとめ

  3.1 卒FITとは ( 太陽光発電 fit )

 

 

1. 太陽光発電システム の メリット

太陽光発電システム メリット
太陽光発電システム メリット

 

1.1 昼間の電気代を節約できる ( 太陽光発電システム )

太陽光発電で発電した電力は、電力会社から購入する前に使用するため、電力会社からの購入額を削減します。そして、電気代を節約することができます。また、発電モニターで発電量や消費電力を確認することで、節電意識を高めます。

太陽光発電で供給できる推定電力量(3kWの太陽光発電パネルを設置した場合、一度に使用できる家電製品のガイドライン) を電力会社は余剰電力を購入します。太陽光発電で発電した電力のうち、家庭で使用するものを除いた残りの電力は、電力会社に売ることができます。

※経済産業省資源エネルギー庁ホームページ「 再生可能エネルギー 」で単価をご確認ください。

 

1.2 余った 電気 は電力会社が買い取り

太陽光発電 で発電した電力のうち、家庭で使用するものを除いた残りの電力は、電力会社に売ることができます。※経済産業省資源エネルギー庁ホームページ「なとく!再生可能エネルギー」で単価をご確認ください。

 

1.3 CO2排出量を大幅に削減できる

太陽光発電は非常にクリーンなエネルギーで、発電時のCO2排出量はゼロです。東京エリアに4kWシステムを導入すれば、CO2は年間2.6トン※削減されます。太陽光発電の推定条件:太陽光発電設備容量4kw、CO2排出係数=電力0.65kg-CO2 / kWh(「地球温暖化対策計画(2016年5月)」の2013年火力平均係数)、東京ガス推定日太陽光発電1kWあたりの発電量を1000kWh /年と仮定

 

 

2. 太陽光発電システム のしくみ ( 太陽光発電システム メリット )

太陽光発電システム メリット
太陽光発電システム メリット

ここでは、太陽光発電 システム のしくみを紹介します。

 

2.1 構成要素 ( 太陽光発電システム メリット )

・太陽電池モジュール(太陽光パネル) 太陽光の光から電気を作ります。

・接続ユニット 配線をまとめ、家庭用の電力に変換します。

・パワーコンディショナー 直流電流を交流電流に変換します。

・住宅用分電盤 家庭内の電気製品に電気を送ります。

・スマートメーター(売電・買電電力量計) 余った電力は電力会社に売り、不足分は購入します。

・電気機器(エアコン・テレビ・照明など)

・ソーラー発電モニタ 部屋の中で発電状況や電力使用料などを確認できます。

 

2.2 太陽電池の構造

太陽電池は、シリコンなどで作られた2種類の半導体を重ね合わせたものです。太陽電池に太陽光が当たると「+」と「-」が発生し、それぞれの半導体に引き寄せられて発電します。


2.3 太陽電池モジュール

各太陽電池は「 太陽電池セル 」と呼ばれ、約15cm四方の大きさです。「 太陽電池モジュール 」は、それらを配置し、樹脂または強化ガラスで保護することによって作られています。屋根の架台に取り付けられた複数のモジュールは「アレイ」と呼ばれます。

 

 

3. まとめ ( 太陽光発電システム メリット )

太陽光発電 fit
太陽光発電 fit

余剰太陽光発電の固定価格買取制度(太陽光発電 fit FIT制度)期間が満了すると、購入価格が変動します。卒FIT後の電気料金はFITの約6分の1になり、これまでの1kWhあたり48円を大幅に下回ります。

また、将来的には電気料金が高騰すると考えられており、この卒業FITのタイミングで将来の契約を見直すことが重要です。2009年時点では、買取価格は1kWhあたり48円だったものが、2020年では半分以下の21円になっています。

 

3.1 卒FITとは ( 太陽光発電 fit )

卒FITとは、固定価格買取制度(FIT)に基づく10年間の購入期間保証の終了のことを言います。 固定価格買取制度(FIT)は、太陽光発電を普及させるために設立されました。

そして、太陽光発電で発電した電力を自家消費し、残りの電力(余剰電力)を政府が定めた固定価格買取制度(FIT)で大手電力会社に販売しました。 当時、販売価格は他国に比べて高く設定されていて、購入価格は固定され10年間保証されています。

 

 

 

参考URL : Tokyo GAS     

     : 資源エネルギー庁     

     : HEMS(ヘムス)とは ( Panasonic )