ネットワークスライシング とは ? / Network Slicing?

ネットワークスライシング とは 何かについて説明します。

 

 

Contents

ネットワークスライシングとは何ですか?

5G と ネットワーク スライシング

ネットワークスライシング cisco

まとめ

 

 

1. ネットワークスライシングとは 何ですか?

ネットワークスライシング とは
ネットワークスライシング とは

ネットワークスライシングとは 、ネットワークを構築および管理して幅広いユーザーからの新しい要件を満たしてより良いオペレーターの答えです。スライスされたネットワークを実現する方法は、共有インフラストラクチャ上の一連の論理ネットワークに変換します。

各論理ネットワークは、定義されたビジネス目的を果たすように設計されており、エンドツーエンドで構成および接続されている必要なすべてのネットワークリソースで構成されています。ネットワークスライシング は、論理的に分離された自己完結型の独立した安全なネットワークの一部で、速度遅延信頼性 の要件が異なるさまざまなサービスを対象としています。

ネットワークスライシングの特性は、たとえば、 IoT のケースでは低遅延・高帯域幅・超信頼性、大規模な IoT ケースでは 高遅延 ・ 低帯域幅 です。ネットワークスライシング の効率的な管理と収益の最大化には、自動化されたビジネスプロセスと運用プロセスを提供する最先端の OSSBSS が必要です。

プログラ ム可能で柔軟な 5Gネットワ​​ーク と高度な AI ( 人工知能 )およびサービスレベルアグリーメント(SLA)主導のオーケストレーション により、ライフサイクル全体で必要なネットワーク機能を柔軟に作成および展開できます。で自動的に管理できます。

ネットワークスライシング は、単一の企業専用にすることも、複数のテナントで共有することもできます。たとえば、Edge専用 のユーザー機能を含む・専用の無線・トランスポート・およびコアリソースで構成されている場合があります。別のスライスは、テナント間でワイヤレスおよびトランスポートリソースを共有しますが、各テナントに専用のコアネットワーク機能を提供します。

5G と ネットワークスライシング

ネットワークスライシング cisco
ネットワークスライシング cisco

5Gネットワ​​ークでは、 エッジコンピューティング と遅延の影響を受けやすいトラフィックをサポートするために、エンドツーエンドのIP接続が必要であると言われています。これは、Any-to-Any接続を検討する際に、柔軟なサービス提供のためのルート制御に不可欠です。

さらに、ネットワークを構成する要素を減らし、フラットなIPネットワークを構築することで、ネットワークを簡単に構成できるため、運用が簡素化され、サービスが迅速に展開されます。このような5G要件を含むさまざまな要件が重ね合わされているネットワークでは、ネットワークスライシングテクノロジーが必要になる場合があります。

ネットワークスライシング cisco

ネットワークスライシング cisco
ネットワークスライシング cisco

IPネットワークの簡素化について Cisco は、 セグメントルーティング と呼ばれる手法を提唱しています。セグメントルーティングは、ネットワークスライシングとの親和性が高い技術であり、5Gショーケースはセグメントルーティングを使用してネットワークスライシングを実現します。

IPv6 ベースのセグメントルーティング IPv6 ( SRv6 ) 現在実装されており、ラベル環境以外のアプリケーションに適用できます。これは、多くの既存のネットワークインフラストラクチャを活用しながら、セグメントルーティングを同じネットワークに展開します。

セグメントルーティングをサポートしないデバイスとの互換性により、セグメントルーティングに基づく次世代ネットワークへのシームレスな移行が可能になります。 SR-MPLSの場合は20ビットラベル、SRv6の場合は128ビット IPv6 アドレス として定義されます。

IPv6 スピードテスト はこちら

 

 

まとめ ( ネットワークスライシング 5G )

ネットワークスライシング 5g
ネットワークスライシング 5g

ネットワークスライシングとは 、簡単に言うとネットワーク分割の意味があります。ネットワークを仮想化し、ネットワークリソースを分割し、目的に応じてサービスを提供する技術です。

5Gは通信は、それに対応するIoT機器などのすべてのデバイスとアプリケーションに同じネットワークに接続します。現在の無線リソースが徐々に制限される環境では、同じレベルのサービスを提供することは困難です。この問題を解決するために開発された技術が ネットワークスライシング です。

ネットワークは仮想的に分割され、帯域の一部を高速・大容量、一部を高信頼・低遅延にするなど、用途に応じてデータの送信単位を変更することができます。

簡単に言うと、5Gに対応したネットワーク技術と考えればいいのではないでしょうか? ネットワークスライシング は、 固定無線アクセス と同じく知っておいた方がいい技術です。

固定無線アクセス とは FWA (Fixed Wireless Access)

固定無線アクセス とは

IOWN ( アイオン ) 構想 NTT の新たな ネットワーク構想 とな何か? アイオン NTT

アイオン iown とは

 

 

 参考URL: 

ericsson.com/en/network-slicing

cisco/network-slicing

otsuka-shokai

1件のコメント