固定無線アクセス とは FWA (Fixed Wireless Access)

固定無線アクセス とは FWA (Fixed Wireless Access) について説明します!

 

 

Contents

固定無線 アクセス とは

固定無線アクセス を紹介

 ・村田製作所 の 固定無線アクセス 機器 ( CPE )

 村田製作所 の 固定無線アクセス 機器 内部パーツ ( CPE )

まとめ

 

 

固定無線アクセス とは

固定無線アクセス 5g
固定無線アクセス 5g

固定無線 アクセス とは FWA (Fixed Wireless Access)、固定式の通信機器を使用して屋外機器間の広帯域通信を可能にする無線通信規格の1つです。同じ規格を使用して、通信事業者の基地局を加入者の自宅に接続する加入者データ通信サービスです。

周波数帯域は、 準ミリ波帯(22 / 26GHz)と ミリ波帯(38GHz)の電波を利用して指向性電波を利用します。1対1で接続するPP(ポイントツーポイント)方式は、最大156Mbps。

基地局が複数のパートナーと通信するP-MP(Point-To-Multipoint)方式の場合は、最大1kmの範囲で最大46Mbpsで接続されます。どちらも、基地局と同じ速度→加入者方向で垂直対称通信が可能であり、その逆も可能です。

しかし、この周波数帯の電波は障害物に弱いため、アンテナはお互いが見える位置にある必要があります。また、険しい山岳地帯や中央通信エリアでも利用できない場合があります。日本では、 ソフトバンクAir などのサービスが有名です。

 

固定無線アクセス 5G を紹介

固定無線アクセス
固定無線アクセス

固定無線アクセス 5G FWA ネットワークのパフォーマンスは、高周波で豊富なミリ波帯を使用してビームフォーミング技術・低遅延を利用することで、固定無線アクセス 5G FWA は 4G FWA よりもはるかに高いパフォーマンスを達成できると言われています。 また FWA は、光ファイバーを使用した有線ブロードバンドに匹敵するとも期待されています。

DSL サービス ( ADSL )、光ファイバー などの固定サービスが制限されている地域では、4Gまたは5Gで提供される FWA は、ますます 費用対効果 の高いブロードバンドオプションになりつつあります。 4Gおよび5Gネットワ​​ークの技術的進歩による帯域幅の割り当てと容量の増加、ギガバイトあたりのコストの提供が一段とFWAの使用を加速します。

 

 

Wi-Fi 6E 対応 とは何ですか? メリット 対応機種 は?

Wi-Fi6 とは

村田製作所 の 固定無線アクセス 機器 ( CPE )

固定無線アクセス 5g
固定無線アクセス 5g

FWA(Fixed Wireless Access: 固定無線アクセス)用のCPE(Customer Premises Equipment: 顧客構内機器)

 

 

村田製作所 の 固定無線アクセス 機器 内部パーツ ( CPE )

固定無線アクセス 5g
固定無線アクセス 5g

このように、村田製作所は固定無線アクセス 機器の内部パーツのほとんどを製作していて、今後も世界的な需要が高まるためさらなる飛躍が期待されています。

製品紹介ページはこちら

 

 

まとめ

固定無線アクセス(fwa)
固定無線アクセス(fwa)

FWAには、 NSAモード(非スタンドアロン:4G or 5G)、および数年後のSAモード(スタンドアロン:5Gテクノロジー)の二つがあります。今後は、より5Gに特化したFWAサービスの拡大が期待されるのでますます便利になることは間違いなさそうです。

今後、世界において FWA の加入者数は、一般世帯のみの推定では 2030年までに約5億人に達すると言われています。 

参考URL:

エリクソン

 

IPv6 スピードテスト ( Google SppeedTest / IPv6 速度測定 ) おすすめ 5選

IPv6速度測定( IPv6 スピードテスト ) のページはこちら

1件のコメント