Wi-Fi6e とは 何ですか? メリット 対応機種 は?

wi-fi6eとは wi-fi6e wi-fi6e 総務省

wi-fi6eとは 対応 について説明します。

Contents

3. Wi-Fi 6E のメリット

4. Wi-Fi 6E まとめ

1. Wi-Fi6eとは

wi-fi6eとは
wi-fi6eとは

Wi-Fi 6Eとは、既存のWi-Fi 6(802.11ax)規格を拡張した新しい6GHz帯域へのアクセスを可能にするWi-Fiです。 Wi-Fi 6E は Wi-Fi6を効率的に機能させることで、それらを6GHz帯域に拡張して、より連続的な通信とより少ない干渉を提供します。

Wi-Fi 6Eを使用すると、企業は、高解像度ビデオマルチギガビットの速度を必要とする新しいユースケースをサポートすることができます。これまでの Wi-Fi で使用されてきた 2.4GHz帯5GHz帯 に加えて 6GHz帯 を利用できるようにすることで、 拡張現実 ( AR ) 仮想現実 ( VR ) などへの利用が期待されています。

 

 

2. Wi-Fi Allianceとは

wi-fi6eとは
wi-fi6eとは

Wi-Fi のグローバルネットワークである、 Wi-Fi Alliance は、各国の規制当局の承認が得られ次第に、 Wi-Fi 6E と互換性のある製品を発表し、 Qualcomm , Intel , Cisco , Broadcom などが互換性のある製品を発表すると発表しました。Wi-Fi の2.4GHz帯 , 5GHz帯 は、 20MHz または 40MHz であることがわかり、これは 80MHz チャネルが 5GHz帯域 で実際に使用されることはめったにないことを意味します。

Wi-Fi 6Eでは、80 MHzが新しい標準になります。つまり、一般的なエンドユーザーのデータ通信は2倍または4倍になります。 

ネットワークスライシング とは ? / Network Slicing?

ソフトバンクエアーなども有名です。

または、 BIglobe WiMaxなどもあります。

 

 

3. Wi-Fi 6E の メリット

wi-fi6e 速度
wi-fi6e 速度

Wi-Fi 6E の 6GHz帯域 の容量を増やすと、接続と輻の問題が解決されます。最大160MHzのより広いチャネルにより、 高解像度ビデオバーチャルリアリティゲーム などに最適です。 バンドは6E対応機器のみ使用可能ですので、マイクロ波等の干渉がありません。

6GHz帯域は、Wi-Fi6 テクノロジーの使用を拡大するのに最適です。 6GHz帯域の1200MHz帯域全体は、すでに一部のモバイル用途に割り当てられており、7つ の 160MHz チャネル が利用可能です。

この帯域幅は、 大規模なデータ交換 と 高解像度コンテンツ をサポートするために低遅延とマルチギガビット速度を必要とする新しい 拡張現実と仮想現実(AR / VR) の基礎となります。

例えば、ポータブルAR / VRを実用化するためには、ユーザー数の多い混雑した状況でこれらの技術を利用する必要があり、マルチチャンネル運用が可能であることが求められます。

4. Wi-Fi6E とは ( まとめ )

wi-fi6e
wi-fi6e

Wi-Fi 6E と Wi-Fi6 の違いは以下のようになります。次の、iPhone 13は5Gのミリ波とWi-Fi 6Eに対応するかもしれません。楽しみに待ちましょう!

Band 2.4 and 5.0 GHz の間の境界 Wi-Fi 6 2.4, 5 and now 6 GHz の間の境界(デバイスは6GHz対応が必要) Wi-Fi 6E (6 GHz)

参考URL:

Wi-Fi Global

arubanetworks

総務省「周波数再編アクションプラン」

1件のコメント