DXportal DX 推進ポータル サイト ( DX portal ) を紹介

 ( dxポータル dx推進ポータル ) を紹介

 

この記事では、 DX ( デジタルトランスフォーメーション ) についての情報を発信するポータルサイト、 DX portal ® を紹介します!

 

Contents

1.   DX portal ® ( DX ポータル )とは

2.【DXとは】

3.【DXトレンド】

​4.【DXマニュアル】

​5.【DX推進事例】

6.  DX portal とは 【まとめ】

 

 

1. DXportal ® とは

dxポータル
dxポータル
DXportal ® は、日本の中小企業にはあまり根付いていないDX ( デジタルトランスフォーメーション )についての情報を発信するブログです。経済産業省を中心に進められているDXですが、その実情は行政自体もその方向性が定かでない部分があります。

DXportal® は以下を目的としたDX情報ポータルサイトです。
1. DXの普及と認知度の向上に取り組む 2. DXのコンセプトを活用し、企業運営の効率化に貢献します 3. DXを使ってより良い社会をつくる
DX portal を読むと、DXの全体像から実際の経営戦略まで幅広く学ぶことができ、中小企業のDX導入にも役立つはずです。

「DX-potalはこちら」

2. DX Portal【DXとは】 ( DXポータル サイト )

dx推進ポータル
dx推進ポータル

日本は、現在90%以上の予算を既存の ※レガシーシステム のために使っているという企業が50%ほどあると説明しています(守り主義、日本的なビジネス)。そのため、 DX (デジタルトランスフォーメーション)を活用することにより、攻めのビジネスを目指します。

対してアメリカは、2013年頃から「攻めのビジネス」を行なっています。レガシーシステムとは、古い老朽化したシステムのことを言いますが、完全に老朽なシステムは無いという企業は、13.5%しかありません。それだけ、老朽化したシステムを抱えた企業が多いということです。

日本では、レガシーシステムが DX の足枷になっていることが分かります。このままいくと、「 DXの崖」により2025年以降に12兆円の経済損失が発生してしまいます。

※レガシーシステム ・・老朽化したシステムのこと

DXportal® は、このようなDXの基礎から、経済産業省のDXの取り組みなどを幅広く紹介しています。

大企業のマネでは進まない!中小企業のDX推進プラン【前編】

 

3. DX ポータルサイト 【DXトレンド】

dxportal
dxportal

 

DX portal ® ( DX ポータル サイト )は、最新の DX 事例を数多く紹介しています。下記の記事では、コロナ禍で開催が困難になっているライブ事情を詳しく紹介しています。現在のDXトレンドは、コロナ禍による非接触のサービスがトレンドになっています。

このサイトでは、数多くのDXトレンドを紹介しています。最新のAI・IoT技術と同時にDXのトレンドもチェックすることにより、中小企業にDXを導入する際の手助けにもなります。

 

【音楽業界のDX事例】コロナ禍のライブ事情とは?サザン/サカナクション/米津

 

また、 DX Portal は業務の効率化以外のDX事例も取り上げているので、飽きずにDXについて学ぶことができます。例えば、下記の記事はDXを導入した不動産業界の例を紹介しています。

 

【不動産業界のDX事例】賃貸の内見サービスから見るデジタル技術の活用方法

 

 

4. DX portal 【DXマニュアル】

dxポータル
dxポータル

DX portal® は、【DXマニュアル】と題して、どのようにして中小企業に対してDXを取り入れるかのヒントを提供しています。

DX ( デジタルトランスフォーメーション )は既存にはない新しいサービスを提供することです。そのため、むしろ過去のクラウドやインフラストラクチャーは価値として残り、既存の業務をするために大切なものと考える必要があります。

そのような意味でも、クラウドのIT基盤を最新のものにアップデートしただけでは意味がないと言われています。現在、企業によっては業務の一部を最新のクラウドにアップデートしたりと柔軟な姿勢を見せています。

DX portal では、経済産業省の 【DX推進指標】 など、DX導入時には押さえておきたいポイントまで詳しく説明しているので、 DXの導入に悩む中小企業の経営者の方も大変参考になります。

ぜひ、一通り目を通してDXについての理解を深めて下さい。

 

「風邪を治すにはどうする?」答えから分かるDX推進の問題点と評価基準

 

 

5. DX portal 【DX推進事例】( DX推進ポータル )

dx推進ポータル
dx推進ポータル

DXとはデジタルトランスフォーメーションの略で、ソニーが既存の技術を活用してEVを製造したり、トヨタがMaaSやCASEという自動車業界のDXを構築することが挙げられます。

このようにITによって、従来にはなかった新しい価値を創造することを DX ( デジタルトランスフォーメーション ) と言います。DXportal の下記の記事では、自動車業界のDX “CASE”について紹介しています

 

【自動車業界のDX事例】社会に大きな影響を与える4要素”CASE”

 

DXportal® では、製造業から小売店、エンターテイメント業界など様々なDX推進事例を紹介しています DXportal で最新のDX事情を手に入れて下さい。

【製造業のDX】3つの事例から見る、今必要な考え方とは?

 

 

6. 働き方改革! DXportal ® dx推進ポータル を紹介! 【まとめ】

dx推進ポータル
dx推進ポータル

そもそも、DXのようなコンピューターを使った自動化は、日本では1970年代からシステムエンジニアの仕事として存在しました。例えば当時のシステムエンジニアは、大学の研究をコンピューターを使って自動化(解析ソフトなど)する手伝いをするのですが、それには様々な研究領域について広く浅くでも知ることが必要でした。

現代で、より DX が叫ばれるようになったのは、世界的なIT企業の台頭とAI・IoT技術の発展により、国を巻き込んだ事態に発展しているからです。 【 DX 働き方 改革 】などの議論も活発化しています。

そのためには、まずは 経済産業省 が掲げる「企業のDX推進成熟度」を測るための指標「DX推進指標」を理解する必要があります。DXportal には、下のような【DX推進指標】についての分かりやすい記事も掲載されているので、まずはこれを読んでDXの概要を理解することをお勧めします。

同時に、【DXとは】や【DX推進事例】【DXトレンド】などで最新の情報を取り入れていくことをおすすめします。

 

【DX推進指標】DXを語る上で欠かせない成熟度を読み解く3つのヒント

 

また、DX portal には、 shopify(ショッピファイ)や UberEats(ウーバーイーツ)などの様々な海外の関連サイトのリンクも閲覧できるので、情報収集にも最適なサイトです。

現在、特にアジア地域における DX ( デジタルトランスフォーメーション )DeFi ( 分散型金融 )の取り組みはますます盛んになり、中小企業のDXを考える際は、海外の情報も積極的に取りに行く姿勢が大切だと思います。

そんな、国内外のDXに関する情報も、DXportal で確認することができるので、中小企業経営者の方は積極的にこのサイトをチェックしてもらいたいと思います。

 

【Amazon社のAWS】3つの特徴とクラウドがもたらす未来

DX 働き方改革 事例 DXとは 何かを説明します ( DXportal )

IPv6 スピードテスト ( Google SppeedTest / IPv6 速度測定 ) おすすめ 5選

IPv6スピードテスト