村上春樹 おすすめ ( Haruki Murakami 村上春樹 )

村上春樹 おすすめ 文学

ここでは、小説家 村上春樹 さんの 作品 や 音楽 、 人間関係 などについて紹介します!

 

Contents

 

村上 春樹 お す す め

村上春樹 音楽

村上 春樹 人間関係

まとめ

 

 

村上春樹 おすすめ 文学

村上春樹 おすすめ
村上春樹 おすすめ

ここでは、 村上春樹 とは何かについて説明します。村上春樹氏は

『ノルウェイの森』

という長編小説で一躍人気作家になりました。同時代では、よしもとばなな氏の

『キッチン』

なども有名な作品です。どちらも共通するテーマは人間の「死」です。ノルウェイの森は、大学時代の学生紛争から恋人が精神病院に入院するまでの過程が描かれていますが、村上春樹氏の作品の特徴は、「僕」という自分探しの旅でもあります。その自分探しの旅が顕著な作品は

『海辺のカフカ』

という作品です。これは、主人公の中年の少し頭の弱い男が猫探しの旅に出るというストーリーです。そして、この作品でも登場する僕は、四国の山の中の図書館にたどり着く中で、自分を探す旅が始まり、山深い山小屋で一人生活を始めます。そこでは、強くてタフな男になることが求められます。「自分を探す旅」「タフな男になる」これらが、村上春樹氏の大きな考えなのではないかと思います。

 

 

音楽

トムヨーク 村上春樹
トムヨーク 村上春樹

村上春樹作品では、ジャズやクラシックなどの様々な音楽が登場し、読者は村上作品によって新しい音楽を知った人も多いのではないでしょうか。 音楽家 小澤征爾 さんとの対談をするほどの音楽通である村上さんの作品

『小澤征爾さんと、音楽について話をする』

には、マニアックなジャズやクラシック音楽も多数登場し、それを聞きつけた村上春樹ファンたちによって、ブームが起こり売上に貢献することもあります。それほど、村上春樹さんの影響というのは本以外でも大きいのだと思います。クラシック音楽というのは、序章から始まって、クライマックスまでが一つも物語でもあるので、小説家である村上春樹さんも、一つの作品として捉えているのかもしれません。とにかく、村上さんの音楽の造詣はとても深く、専門家と同じレベルで話ができるほどなので、先ほどの対談本なども、音楽に詳しくない村上ファンでも楽しめる一冊になっています。

村上春樹氏はロック音楽にも詳しく、UKロックのレディオヘッドも好きなことで有名です。レディオヘッドのボーカルのトムヨークも村上春樹さんの作品に影響を受けて音楽を作るほどお互いをリスペクトしています。確かにレディオヘッドの作品の中には、村上春樹さんのダークな世界観を思わせるアルバムがいくつかあります。しかし、お互いに言えることですが、その有り余るセンスと才能によりただ暗いだけの作品には収まることはりません。そこには、かならず救いや希望が見出されます(時には、絶望だけの時もあります)。あと、村上春樹さんの作品には、ウイスキーやサンドイッチやフライドポテトなどの食べ物もよく登場します。村上春樹さんご本人が、こららの欧米風の軽食を好んでいるのでしょう。

 

 

村上春樹 人間関係

村上春樹 おすすめ
村上春樹 おすすめ

村上春樹さんの人間関係は国内外であまりにたくさんあります。翻訳を手がけるレイモンド・カーヴァー・サリンジャーや国内でも様々な翻訳家や小説家との繋がりがあります。そして、小澤征爾さんなどの世界的に有名な音楽家との交流もあります。要するに村上春樹さんの取り扱うジャンルというのはとてつもなく幅広く、そしてサリンジャーのような洗練された小説に憧れるアメリカ小説の大ファンなのだと思います。

確かに、村上春樹さんの翻訳したレイモンド・カーヴァーの短編集を読むと、私たちが暮らしたことのないアメリカの田舎町の話なのに、どこか懐かしさを感じるから不思議です。読者は、そんなアメリカの日常を好きになり、カーヴァーの文体に酔いしれることができます。日本の読者の為に、村上春樹さんが翻訳してくれたからこそ、このような作品を楽しむことができます。そして、村上春樹さんと言えば、ドストエフスキーの名前が浮かんできます。ドストエフスキーの『カラマーゾフの兄弟』をとても好きだとどこかで読んだ覚えがあります。確かにあれほど面白い小説もなかなかありませんし、人間の探求というテーマは村上春樹さんと共通するものがあります。

 

 

村上春樹 おすすめ 文学まとめ

村上春樹 おすすめ
村上春樹 おすすめ

村上春樹さんの作品は世界中で人気がありますが、おそらく海外文学に強い影響を受けている作家さんだからこそ、ここまで人気になったのだと思います。そして、あまり深い世界観と文学観から来る独自の世界が読者を惹きつけるのだと思います。村上春樹さんの作品でおすすめするなら、先ほども書いた

『ノルウェイの森』

『海辺のカフカ』

の2作品でしょうか。この順番で読むといいと思います。そのあとは、過去の作品を読んでもいいし、エッセイを読んでも面白いと思います。

 

IPv6 スピードテスト ( Google SppeedTest / IPv6 速度測定 ) おすすめ 5選

IPv6スピードテスト