仮想通貨 民主主義 ブロックチェーン と 民主主義 について

仮想通貨 民主主義 民主主義 仮想通貨

 

ここでは、仮想通貨 と ブロックチェーン と 民主主義 民主化 について話をします。

 

 

Contents

1. 仮想通貨 と 民主主義

2. 仮想空間に生きる人々

3. まとめ

 

 

1. 仮想通貨 と 民主主義 ( 仮想通貨 民主主義 )

仮想通貨 民主主義
仮想通貨 民主主義

仮想通貨 の世界は、現代の 民主主義 とは異なる世界と考えることができます。しかし、そこに 仮想通貨 ビットコイン などの大量の資金が流入することにより、あらゆる人々がそこに集まり悪いことをする人も現れてそれは避けることができません。しかし、 ブロックチェーン のセキュリティを高めることでそれは防げると、開発者のヴィタリック・ブテリン氏は話していました。

NFT とは “ Non-Fungible Token” 、 ブロックチェーン 上のデジタル資産の一つですが、これからは個人個人が分散して 民主主義 とは離れて生きることになるかもしれません。もしかしたら、現在に於いても ヴィタリック 氏や エストニア に電子の戸籍を持っている人たちはすでにそうして社会とは離れた存在として生きているのかもしれません。

すなわち、それはビットコインで稼いで現代の 民主主義 で贅沢をして生きるという思想の持ち主ではないような気がします。現代社会の 民主主義 を好む人は、 仮想空間 には興味がないかもしれないからです。

スマートコントラクト とは チェーンリンク ( イーサリアム )

 

2. 仮想空間 に生きる人々 (

民主主義 仮想通貨 )

民主主義 仮想通貨
民主主義 仮想通貨

NTT IOWN などの デジタル 仮想空間 技術や ヴァーチャル ・ シンガポール などの技術も発達して、今後はますます人々は仮想空間で生きるようになると思います。北欧の通信キャリアのエリクソンも5年くらい前に、人はデジタル空間やデジタルによる幸福をより求めるようになると発表していました。

現在はその通りになっていますし、中には「あまり人と接したくない」と言う人も現れてきました。現にほとんど人と会わない人もいますし、それでも問題なく生活ができることがわかっています。

NTT IOWN アイオン の新たな ネットワーク 構想 とは ?

つまり、 ビットコイン で大儲けして現実世界で豪遊する、というような思想の持ち主では新しい時代には合わないのではいか?と言いたいのです。新しい世界では、より効率的でエコでクリーンな社会があると思います。そんな価値観を取り入れ続けて一人で、またはパートナーと生きたいと思うような人たちが、それぞれの「エコシステム」を作ってそれによって生きていくのかもしれません。

そのため、テクノロジーや社会についてより知る必要がありますし、自分についてもより知っておいた方が役に立つと思います。高齢化が進んでも、現在の高齢者は筋力も知能も昔の人とは比べ物にならないくらい元気だと聞いたことがあります。つまり、今後は年齢に関係なく、自分たちが理想とする生き方を探していくことになるのだと思います。

 

 

3. 仮想通貨 民主主義 まとめ

民主主義 仮想通貨
民主主義 仮想通貨

世の中で言われている、「環境破壊」という言葉はビジネスと密接に結びついているので、全てを信じていては自分の理想とする生活をすることはできません。そのため、社会にも企業にも疑問を抱いて、それを個人の生活に取り入れていくことが大切だと思います。そして、今後ますます ブロックチェーン や IOWN のような仮想都市の話題が私たちの周りにやってきます。

そして実際にそこで生活する人も現われるでしょう。現実の世界では日本に限っては働くことも大変になるかベーシックインカムが導入されるかもしれません。もしくは、既存の業務を5Gに対応させたりするDX化が完了するまでは普段の仕事が維持されるかもしれません。

しかし、電気自動車 EV も恐らく数年で世界中で当たり前になる時代がきます。そうなると、現実の変化もより早くなり、ますます超高齢化の日本は生きにくくなる、と覚えておいた方がいいかもしれません。

 

 

参考URL: ヴィタリック・ブテリン wikipedia

IPv6 スピードテスト ( Google SppeedTest / IPv6 速度測定 ) おすすめ 5選

 

風の時代 生きにくい星座 ? 風の時代 生きやすい星座