仮想通貨 ブロックチェーン の 説明 と 始め方

ここでは、 仮想通貨 ブロックチェーン / ビットコイン の 始め方 について説明します。 仮想通貨 とはどのようなものか、また将来性はあるのかなどを紹介します。

 

 

Contents

1. 現在の 仮想通貨 について

2. 仮想通貨 ブロックチェーン 技術について

3. 仮想通貨 の将来は?

4. まとめ

 

 

1. 現在の 仮想通貨 / ビットコイン について

クーバネティスとは
クーバネティスとは

仮想通貨 は、現在にあっても確立された決済手段にはなっていません。 イーロンマスク / テスラ CEO が ビットコイン をテスラ購入で使用できないとツイートしただけで、ビットコインは暴落してしまいました。

しかし、以前から世界中の ビットコイン 鉱山では大量の電力を消費しながら24時間にわたってマイナーという採掘装置を使用して ビットコイン を掘り当てていました。 ビットコイン は先に掘り起こしたものが得られる仕組みなので、より高性能な機械を長時間稼働したほうがその確立も高まります。

しかし、最近のエネルギー問題の規制が厳しくなる中でついに ビットコイン 鉱山に多くの人たちが疑問視するようになってきました。そのため、ネット上にはいかに理論的に ビットコイン 鉱山は再生可能エネルギーを使用して運営しているかの、説明が溢れています。

しかし、現在でも一つの鉱山で一つの国やその半分の電力を消費しているのは事実なので、毎日ビットコインを掘り起こすために膨大な電力を消費しているのは間違いないのです。

また、世界中の人々が使用しているストリーミングサービスや各種ウェブサービスを提供するサーバー群も、また膨大な電力を消費します。 ビットコイン などを扱う 仮想通貨 ブロックチェーン では、そのどちらも使用するため、多くの電力が日々消費されています。

 

 

 

2. 仮想通貨 ブロックチェーン 技術について

クーバネティスとは
クーバネティスとは

しかし、 ブロックチェーン テクノロジー自体は、そのような大量の電力を消費する技術ではありません。現に イーサリアム / スマートコントラクト などは、より消費電力の少ないシステムになることが開発者から発表されています。

そして先ほども言ったように、問題はブロックチェーンではなく、それらを運用するストレージやサーバーにあるようです。なぜなら、サーバーやストレージは ブロックチェーン ほど確信的な進化を遂げてなく、過去の集積の テクノロジー であるからです。

もしも、将来、量子コンピューターやストレージ革命によって、何十倍・何百倍もの速度や容量をより少ない電力で使用できるテクノロジーが登場すればこれらの問題は解決できると思います。

ただ、今はまだその時ではありません。ブロックチェーン テクノロジーもどこまでも拡張可能で200年後300年後も利用できるものだと謳われていますが、まだそこまで信頼のできる技術と言えるわけではありません。

 

 

3. 仮想通貨 ビットコイン 投資 の将来は?

仮想通貨 ブロックチェーン
仮想通貨 ブロックチェーン

しかし、電子国家エストニアのように  Block Chain 上に架空の戸籍を登録するような取り組みも始まっており、その信頼性も認知されてきています。これが、各国の金融サービスなどに利用されてくるほどの信頼性と知名度が得られればまた変わってくるかもしれません。

そのような可能性を秘めているの 技術 だと思います。そのため、現在も 仮想通貨 の取引は増え続けるばかりです。それは、今後数十年続くかもしれません。

そして、より月日が経つごとに誰にとっても使いやすい通過となるのかもしれません。または、 ビットコイン 投資 はただの投機的な通貨に留まる可能性もあります。ただ一つ言えることは、今後数十年に渡って売買が繰り返されるということは、株式相場のように誰にとっても当たり前の投資対象になるということです。

 

 

4. 仮想通貨 ブロックチェーン まとめ

仮想通貨 ビットコイン
仮想通貨 ビットコイン

特に、アジアでは金融サービスの高まりを受けて、コロナで家にいるビジネスマン達や自営業の人々は、ほとんどが株や 仮想通貨 をやっているのではと考えてしまいます。

現に、半導体による好景気に沸く台湾ではビジネスマンから定年後の老人までがカフェで株の話をしているということです。日本でも、今後はスマホの様々なアプリでゲーム感覚で投資をする人が増えると思います。

仮想通貨 の始め方については、普段スマートフォンゲームをやっている人なら簡単に始めることができます。投機的な売買をするのなら、種類の多い海外の販売所で、よりわかりやすいものなら国内のサービスがいいでしょう。しかし、国内のサービスだからと言って銀行のようにサービスがしっかりしてくれるわけではありません。

売買が混み合って売買が不能になることなどしょっちゅうありますし、それによって保証してくれるわけでもありません。泣き寝入りするしかない場合もあります。そのため、チャートを見て早めに行動することが大切になります。

 

参考URL: ブロックチェーンの仕組みNTT

クーバネティス とは ( What is Kubernetes ? )

 

ビットコイン やり方 仮想通貨 ( 超初心者 )