土壌分析 依頼 ( 土壌分析サービス とは )

✅ 土壌分析サービス とは何かを説明します。

✅ 土壌分析 をする際の 注意 ・ ポイント について紹介します。

 

目次

土壌分析サービス とは?

ヒアリング を 土壌分析 にどう活用するのか?

土壌分析サービス を利用する際に 注意すべき点 とは

まとめ

 

土壌分析サービス とは?

土壌分析 ヒアリング
土壌分析 ヒアリング

土壌分析サービス とは、土地の利用履歴から必要となる適切な調査を実施します。汚染状況などに含まれている不動産リスクや、その解決策である対策工事の提案などを行うサービスです。土壌分析は、工場閉鎖後の土地活用を見据えた浄化作業や不動産建築などのために利用されます。他には、工場などの場合は地下水浄化工事なども行い、その手前としてまずは土壌分析から行い土壌の状態を把握します。そして、地下水を調べるという風に段階的に調査を行っていきます。

一般的な土地調査 土壌分析 では、古地図等の資料から土地の利用履歴の確認をします。日数は、 依頼 から約1週間から3週間で費用は約10万円から20万円が相場です。内容は、対象の土地における 土壌汚染 が存在する可能性を評価します。第一段階が調査で、過去の地形図や空中写真・住宅地図等を用いて、対象の土地における土壌汚染が存在する可能性を評価していきます。

具体的には、住宅地図等での土地利用履歴の確認・水質汚濁防止法など関連法令の届出情報の確認、土壌汚染対策法の確認等・土壌汚染が存在する可能性の評価を行っていきます。加えて、ユーザーのニーズにあわせて提供資料による土壌環境の確認、登記簿謄本等の調査・現地調査及び関係者へ ヒアリング を実施することも可能です。ここに出てきた ヒアリング という言葉が大切で、土地の関係者へ当時の状況やどのように使用されていたかを ヒアリング することでより正確な調査を行う事ができます。

 

ヒアリング を 土壌分析 にどう 活用 するのか?

土壌分析 ヒアリング
土壌分析 ヒアリング

ここで、先ほど出てきた ヒアリング についてもう少し詳しく説明したいと思います。最初の調査の段階では、土壌の採取は行わず定性的に判断します。これは、具体的な数値を出さずに性質的・また客観的評価にり土地の状態を調査します。具体的には、 古い地図 や 空中写真 ・ ヒアリング 等を基に対象の土地における土地利用の履歴を確認します。そして、土壌汚染が存在する可能性について定性的に評価していきます。

ヒアリング は、過去のその土地を知る人や資料を探し出し、過去の利用状況を確認していく作業になります。 ヒアリング には時間や労力がかかりますが、これを曖昧にしてしまうと以降でより多くの調査が必要になってしまう場合もあるので注意が必要です。そのため、 ヒアリング をしっかりと行う土壌分析の会社は信用できる会社と言えると思います。

反対に、 ヒアリング をあまりしっかり行わない会社の場合、あとでトラブルの元になりやすいので事前に企業情報などをホームページなどで調べておくことが大切です。また、工場跡地の場合だと工期が1年くらいかかる場合もあり、最初の調査がとても大切になってきます。そこで、工場の関係者や過去を知る人に当時の状況や利用状態などを ヒアリング することで、より的確な 土壌汚染 の存在する可能性を突き止めることができます。 ヒアリング は、その後の土壌や地下水の浄化作業でも大切になってくるので、どんなことでも聞いてみる事が大切です。

 

土壌分析サービス を利用する際に 注意すべき点 とは

土壌分析 依頼
土壌分析 依頼

最初の地歴調査で、 土壌汚染 が存在する可能性が否定できないと評価された場合には、 土壌分析 を行い 土壌汚染 の有無を確認する作業を行います。詳細調査は、調査で基準を超過した物質が確認された場合に行います。その際は、 ボーリング調査 を実施することにより、深さ方向の汚染範囲を把握することができます。ボーリング調査が終わると、基準超過 項目 ・ 汚染土量 の量果・今後の土地利用 方法 等を踏まえた、最適な対策工事をご提案してくれます。

このように、 土壌分析 を行うには、まず最初に調査をしてから分析作業にはいります。ですから、最初の調査をしっかりと行ってくれる会社かどうかを見極めることがポイントです。調査を簡単に行い、 土壌分析 だけを行うような会社では調査の信頼性にも疑問が残るからです。

また、調査には コストキャップ保証 という制度もあります。この制度は、工事や調査が長期化して、土地を活用できないなどの問題が発生した場合に有効です。具体的には、所有不動産の売却益を工事前に確定させる・土地の購入時における対策費用確定させる、対策費用の削減と確実性の両立を実現させることなどがあります。これによって、未調査保証 ( 地歴調査結果 のみで調査・対策費用を保証 ) や 部分調査保証 などの使用が可能です。これも土壌の専門家だからこその保証となっており、ぜひ覚えておいてもらいたい保証です。

 

まとめ

土壌分析サービス ヒアリング
土壌分析サービス ヒアリング

さて、ここまで 土壌分析サービス とは?について紹介してきました。土壌分析 サービスでは、信頼できる調査会社を探す事が必要不可欠となってきます。今はインターネットで詳細に調べる事ができるので、事前に勉強しつつ最適な業者をみつけることが 土壌分析サービス 成功の ポイントです。この記事が何かの役に立てば幸いです。

参考URL: https://www.zennoh.or.jp/operation/hiryou/dojo.html