ベーシックインカム 社会保険料 社会保障 【コラム】

ベーシックインカム ここでは、 社会保険料 について わかりやすく 説明 します。

 

Contents

社会保障制度 とは?

社会保障制度(介護保険・公的年金 等)の紹介

日本の社会保障費は高齢化により増大 ( ベーシックインカム の必要性)

日本は ベーシックインカム の導入を検討?と まとめ

 

社会保障制度 ( ベーシックインカム )とは?

ベーシックインカム 健康保険
ベーシックインカム 健康保険

ここでは、 社会保障制度 をわかりやすく紹介します。普段はあまり気にしないのですが、病気やけがをして人生が変わったりすると、健康で仕事ができることが大切だと実感します。また、家族や友達と過ごすことができて幸せだとも実感します。そのような場合でも、家族の応援があればば、通常の日常生活に戻れる可能性が高いです。社会保障 ( 社会保険 ) 制度は、社会全体で困っている人を支援する制度です。 社会保障制度 は、社会保険料 を支払い保険料から加入者に給付を提供する社会保険と、税金を利用して給付を提供する社会福祉に分けることができます。自分の立場や収入に応じて、社会保険料や税金を毎日支払うことで、困ったときに助けを得ることができます。

原則として、義務教育であるためほとんどの人が加入している社会保険制度を紹介しましょう。社会保障制度を使うと、現役中の医療費の30%の支払いで済みます。病気やけがで医療機関に行くときは、「健康保険証」を利用してください。公的医療保険に加入しているので、「健康保険証」が使えます。会社の従業員と公務員は健康保険に加入しており、自営業者は国民健康保険に加入しています。その結果、風邪や手術や入院が必要な重篤な病気などの軽度の病気でも、治療の70%が公的保険でカバー可能です。

そのため、診療代金の30%を支払うだけで済み助かります。30%でも高すぎる場合は、収入に応じて一定額まで支払うことができる「高額医療制度」があります。小学校入学前の子供や高齢者の負担率は10〜20%に削減されています。次に、介護サービスのための公的介護保険です。この制度、公的介護保険は2000年に始まりました。65歳以上で、支援や介護が必要な場合は、10%の自己負担で在宅介護やリハビリなどの介護サービスを受けることが可能です。利用する介護サービスの内容や介護のレベルにもよりますが、月額数千円から数万円で介護サービスを利用することができます。40歳から65歳までの方も、癌などの加齢による病気で介護が必要なときに介護サービスを受けることが可能です。

 

 社会保障制度 (介護保険・公的年金 等)の紹介

ベーシックインカム 健康保険
ベーシックインカム 健康保険

40歳以上の方は、介護保険に加入して介護保険料をお支払いいただきます。出産時の公的医療保険の給付もあり、国民健康保険のおかげで、お金をかけずに今日の最高の医療を受けることができます。公的医療保険の恩恵は医療費だけではなく、出産時に1人あたり42万円の「一時出産・育児手当」が支給されます。出産は病気ではないため、公的医療保険の対象外であり、出産の入院費は全額負担しますが、「出産・育児手当」と全く同じ金額を受け取ることが可能です。

会社員で健康保険に加入している場合は、出産前および出産後の休暇中に給与の約3分の2の出産手当を受け取ることができます。老後の生活を支える公的年金では、長寿の人は問題ではありませんが、年をとっても生計を立て続けるのは身体的に難しいかもしれません。そんな老後のために、公的年金は老後の生活費に使われます。20歳から60歳までは国民年金に加入し年金保険料を支払い、65歳以降に受給することができます

国民年金に加えて、サラリーマンや一定期間以上アルバイトをしている人、福祉年金に加入している人に適用されます。厚生年金保険料は、給与に応じて決定され給与から差し引かれます。ご存知のように、厚生年金は、65歳以降に受給する公的年金に加算されます。年金の受給額は、加入期間によって異なり年間約78万円(月6.5万円)であり、福祉年金は加入期間と活動期間中の給与によって決定されます。そのため、人によっ受給額が大きく異なります。今後の受給額を知りたい場合は、日本年金サービスが運営するネットワークサービスに登録してシミュレーションを行うことができ可能です。

次に、老齢以外の公的年金の恩恵についてです。公的年金からは遺族年金障害年金も支給され、遺族年金は家族の生計を支えている人が亡くなったときに遺族に支給されます。年金の額や受給期間は、子供がいるか・配偶者の年齢によって異なります。子供が若く多いほど、より多くの遺族年金が支給され遺族の生活を支えます。人間ドック補助金で健康を維持する制度もあります。ヒューマンドックでの健康診断は、健康保険に加入していないため、すべての検査費用は自己負担となります。シンプルな1日コースから宿泊施設付きの全身ドックまで、さまざまなメニューがあります。金額は約5万円で、30万円程度かかる場合があります。

ヒューマンドック補助金を利用することで、実際に負担を軽減することが可能です。場合によっては、診察費の70〜80%の費用で健康診断を受けることがででき(上限あり)、非常に有益な健康管理が可能です。加入している健康保険によって、助成額や申請方法などが異なるので、加入している健康保険のホームページを確認してください。

 

日本の 社会保障 ( 社会保健料 ) 費は 高齢化 により増大

ベーシックインカム 健康保険
ベーシックインカム 健康保険

日本は世界一の高齢化社会に突入している為、世界中から注目を集めています。30年後には、人口の40%近くが65歳以上の高齢者になります。これでは、よほど効率的な社会にしないと国が成り立ちません。しかし、日本は欧州の小国のように資源が乏しいにも関わらず、効率的な社会とは言いづらい状況になっています。そのため、大きな変革が必要になるのではないでしょうか? 日本の社会保障 ( 社会保険料 ) 高齢化と共に増大しています。

昨今、話題のアストロゼネカ製のコロナワクチンはベルギーで製造していますが、そのワクチンの付加価値は強大です。日本の1/10以下の人口で資源も日本のように乏しいにも関らず、隣国のオランダやルクセンブルク、そしてベルギーは高所得者が多く豊かな社会を形成しています。ベルギーには、他にも製薬会社があり日本にも工場を持っていますが、その効率的な経営で利益率は圧倒的です。簡単に言えば、例えば日本の製薬会社が200種類くらいの藥を作った利益に対して、ベルギーの製薬会社ではたった3種類の薬だけで、日本の製薬会社の何倍もの(時には数十倍)圧倒的な利益率を誇っています。これも、コロナワクチンと同じく、他社では簡単には作れない高付加価値の薬であるためです。

日本 は ベーシックインカム の 導入 を検討 ( 社会保障制度 )?と まとめ

ベーシックインカム 厚生年金
ベーシックインカム 厚生年金

では、日本も将来そのようになれるのでしょうか?現実的な話では、 ベーシックインカム の導入なども考えられます。これは、利益率の高い事業以外では、誰もが一定の水準の生活を確保するというものです。最近のマスコミや出版広告を見ても、『老後は月7万円で清貧生活で幸せになれる』というような本も登場してきました。7万円というのは、つまりは ベーシック インカム の事です。おそらく最初に説明した年金の月6.5万円の金額を参考にしているのでしょう。

清貧生活と言えば、森鴎外の娘の森茉莉の本で『贅沢貧乏』という本がありましたが、先ほどのような庶民の清貧生活はかなり違うと思います。しかも、一般的な庶民ではそのような思想や生活感を持ち合わせていないので、本を読んだだけで清貧生活ができるとはとても思えません。むしろ、金銭的に強制的に清貧生活になると言った方がいいかもしれません。森茉莉のような、自分の好きな物に囲まれた生活は、財力や知識や想像力が必要です。一般的な人では到底真似でないでしょう。もしも、将来に真似をしたいのなら今から準備しておくといいと思います。

 

参考URL:

財務省『高齢化で増え続ける社会保障費』

IPv6 速度測定 ( Google SppeedTest / IPv6 スピードテスト ) おすすめ 5選

IPv6スピードテスト

2件のコメント

  1. […] ・風の時代は、ベーシックインカムが導入(仕事よりも人生が重要になる。この手の文化や人種の話は日本は世界から遅れていますが、それでも今朝のラジオで、仕事よりも日常が重要になるというテーマで話をしていました。「社会保障制度とベーシックインカムの話」 […]