製造実行システム ( MES : Manufacturing Execution System ) とは?

 

この記事では、製造実行システム( MES :Manufacturing Execution System)について説明します。日本の製造業は、かつて世界のトップレベルにありました。もともと日本は製造業が得意でしたが、近い将来、他国に追い抜かれる可能性があります。理由は製造業のデジタル化・ クラウド 化 の遅れです。ここでは、 クラウド化 ・デジタル化推進に必要な製造実行システム( MES )の説明や 口コミ ・ 評判 を紹介します。

目次

製造実行システム ( MES ) とは?

生産管理システム と 製造実行システム ( MES )の違い

製造実行システム ( MES )の 評判 と 口コミ

製造実行システム ( MES ) とは? まとめ

 

 

製造実行システム ( MES )

とは?

製造実行システム 書籍
製造実行システム 書籍

製造実行システム ( MES ) とは、製造業の製造工程を把握・管理し、労働者に指示を与える情報システムです。広い意味での生産管理のひとつですが、最大の特徴は工場の生産ラインの各製造工程と連携できることです。MES には全部で11の機能がありますが、全部使うことは少なく、必要な機能を使うのが一般的です。つまり、製造工程で不足している部品を補うためのサポートを提供するシステムです。

では、なぜ製造業に 製造実行システム ( MES ) が必要なのでしょうか。これまで、日本の高い技術力は製造業で活用されており、その高品質は日本の製造業の強みのひとつです。しかし近年、高品質・高技術だけでなく、高品質・低コストが重視されています。そのためには、製造工程の可視化と管理、正確な指導「人・物・時間」などの資源を無駄なく活用して生産性を高めることが重要です。

日本の製造業は、デジタル化・ クラウド 化の遅れにより生産性の低下を引き起こしていると言われており、これをクリアすることが日本の製造業を支える鍵となります。これまで、製造業では大量生産が見込生産の最も一般的な方法でした。しかし、現在では、製品在庫を最小限に抑える「需要調整型」の生産が普及しており、同じ製品を1つの工場で大量生産する傾向はなくなっています。大手企業などがデジタル化・ クラウド 化を推進してさまざまな問題の解決に取り組んでいますが、中小企業には厳しく、現在もアナログ技術で生産しています。しかし、変化する製造業でデジタル化・クラウド 化 を回避することにはさらに不利な点があり、デジタル化・ クラウド 化を促進するために必要なのは、製造実行システム ( MES ) に蓄積された共有データです。

生産管理システム と 製造実行システム ( MES ) の違い

ここでは、生産管理システムと製造実行システム ( MES ) の違いを紹介します。多くの人が生産管理システムを調査していますが、製造実行システム ( MES )と混同されているようです。ここでは、そのような製造管理システムと製造管理システムの定義を紹介し、その違いを見ていきましょう。

生産管理システムとは、製品やサービスの品質に対する顧客満足を保証し、さらなる改善と改善を行う作業を指します。これには、コスト数量納期などの管理が含まれ、注文や納品を受け取ることもあります。つまり、消費者やユーザーが求める商品やサービスを経済的に生産するために、生産工程で必要となるさまざまな情報を総合的に管理するシステムです。

一方の製造実行システム ( MES ) は、プロセス制御進捗制御稼働時間・製造ラインで生成される製品の数などのデータを管理および蓄積するためのシステムです。これを分析することで、追加時間と製造品数のバランスを見直し、製造精度の向上に必要な対策を講じるなどの対策が可能です。そのため、生産業務の管理役を担っていると言われています。言い換えれば、生産管理システムは、製造を含む生産全体を制御し、製造実行システム ( MES ) は製造プロセスを制御する生産制御システムの1つです。生産管理システム に 製造実行システム ( MES ) が範囲に含まれている想像すると、理解しやすいかもしれません。このように、製造実行システム ( MES ) は、各工程を担う大切な働きをしています。

製造実行システム ( MES ) の 評判 と 口コミ

ここでは、製造実行システム ( MES : Manufacturing Execution System )の紹介と 評判 ・ 口コミ を紹介します。製造実行システム ( MES ) は、事業活動によって生成された膨大な量のデータや、誰かのコンピュータに静かに保存されている小さいが貴重なデータを分析します。このように、さまざまなデータを分析することで、価値創造の芽を見つけることができます。

製造実行システム ( MES ) は、データ分析を通じて価値創造につながるソリューションを提案できる点が評価されています。MESソリューションを作成することにより、お客様のビジネス活動のあらゆる側面に適したITサービスを提供します。製造実行システム(MES)は、バージョンアップやアフターサービスによる継続的な価値創造に役立ちます。製造実行システム ( MES ) は、情報サービス産業協会から「生産性向上設備投資促進税制」の対象となる機器(ソフトウェア)として事前認定されています。

製造実行システム ( MES ) の 口コミ では、iOSおよびAndroidスマートデバイスと互換性がある点が良いと 評判 です。また、作業指示を簡単に確認し、手元の結果を報告することができる点も 評判 です。オペレーターの負担を考慮し、簡単に操作できる点も良い 口コミ です。表示項目や順序をカスタマイズする必要はなく、設定を変更することができる点も 評判 が良いです。日本の製造メーカーに適しているという 口コミ もあり、これも日本の製造業を研究した成果です。

製造実行システム ( MES ) とは? まとめ

製造実行システム 書籍
製造実行システム 書籍

製造実行システム ( MES ) の特徴や 口コミ ・ 評判 を紹介してきました。日本は、今回のコロナ騒動で行政の処理の遅れや製造業に於いてもテレワークの遅れなどが目立ちました。今後は製造現場でも、このようなMESやIoTAIを活用した生産が行なわれるはずです。

 

参考URL:

横河電機:MESソリューション( 製造実行システム )

Wikipedia: 製造実行システム