うつ病 とは( うつ病を 自分 ( 自力 )・ 通院 ・ 入院 で治す方法を教えます )


この記事では、うつ病の自分(自力)・通院・入院での治し方を紹介します。各症状の詳細などには触れませんでしたが、機会があれば続編を書きたいと思っています。まずは、これを読めばうつ病の疑いや実際にうつ病になった人の役に立つはずです。

 

目次

うつ病とは

うつ病になったら本を読む

うつ病になったら病院に通院する

うつ病になったら病院に入院する

うつ病の治し方で有効なのは何?

うつ病は老年になっても治らない人も多く存在する

うつ病と間違えやすい病

うつ病とは まとめ

 

うつ病とは

うつ病 治し方 自力 通院 入院

うつ病とは、心の風邪と言われているように誰にでもなる脳と心の病気です。しかし、同じストレスにかかっている人であっても一方の人は健康で、もう片方の人はうつ病になる場合もあります。これには諸説ありますが、ひとつは遺伝的・気質的なものが多いと思います。遺伝的といえば、よく薄毛なども遺伝すると聞く機会も多いと思います。それと同じでうつ病も遺伝的な要素があると考えられます。

気質的というと、性格のようなものです。うつ病は、特に真面目で几帳面学歴が高い人に多いように見えます。これらの、遺伝的・気質的なものを持ち合わせた人達が、家族や恋人との離別や過酷な勉強や仕事の場で心身を壊すとうつ病になります。

具体的には、などの症状が現れます。

  • 食欲不振
  • 夜眠れない
  •  昼間ぼうっとしてしまう
  • 公園やベンチなどでずっと休んでいたいと思う
  • 人との接触を避けるようになる
  • 毎日が楽しくない
  • 仕事や学校に行きたくなくなる

 

うつ病になったら本を読む

自分がうつ病だと思ったら、まずは本を読みましょう。ネットよりも、臨床心理士や精神科医が書いた本がいいでしょう。まずは自分が本当にうつ病なのかを確認するためにも、情報収集は大切です。本当にうつ病らしいと分かったら、病院へ行って医師に相談しましょう。その間は、軽い散歩や運動・しっかりとした食事は摂るようにしてください。

 

うつ病になったら病院に通院する

自分がうつ病だと思ったら、病院に通院します。街の心療内科や市立病院の精神科・心療内科、大学病院の精神科などがあります。街のカウンセリングルームなどもありますが、まずは病気のプロである病院に行く事をおすすめします。

 

うつ病になったら病院に入院する

うつ病の治し方では、入院する場合もあります。日常生活が困難な場合や、あえて自分から生活リズムを取り戻したいと入院を希望する人もいます。森田療法という精神医療も、日常生活のリズムを取り戻す役割があり、全国でも数は少ないですが、東京慈恵会医科大病院で森田療法を実施しているので相談してみるのもいいかもしれません。

 

うつ病の治し方で有効なのは何?

 

自分でも治せる「うつ病」

うつ病の治し方は、タイトルの通りです。認知行動療法は病院でも行なえますが、本を読みながら自分で実践することもできます。ただし、かなりの継続力が必要なので合わない人もいると思います。他には、日記創作も心の開放に役立ちます。日記には、辛い事を吐き出すよりも日々の出来事や感じた事を淡々と書くのがよいでしょう。創作は詩や小説、イラストなどもいいと思います。創作をすることによって今まで気づかなかった自分の心に気づくことができるので、解決のヒントが見つけやすくなります。

※参考:ストレスへの対処自助としての執筆プロセス P.98『作家たちの秘密』/ジュリー・ブラウン著 より。

 

 

うつ病を治すには創作活動や運動が必要

を描く人は分かると思いますが、絵が完成したとき、周りの日常の風景がいつもとは全く違って見える事に気がつくと思います。それは、普段よりも物や風景の細部がハッキリと見え、より色鮮やかな世界に見えて一種の感動を味わえます。完成まではかなり大変ですが、これが芸術の力です。絵のうまい下手は関係ありません。しかし、絵に興味の無い人は無理をして描く必要はありません。

小説や詩を書く事も、書き終えたときには何とも言えない充実感があります。辛い気持ちを昇華するように、言葉を紡いでもいいですし、あなたの感じていることを書けばいいと思います。自分の生い立ちを客観的に物語にしてもいいと思います。それによって、自分の生活の特徴が掴めるかもしれません。

創作にあまり興味のない人は、散歩などの軽い運動や家事がおすすめです。できれば、短い時間でも毎日続けるのがいいでしょう。もし、これを継続したら本当に治ると分かったら、誰でも継続すると思います。実際に本当になる事も多いです。仕事が継続出来ている人は、朝トイレ掃除をしたり、会社や学校を休んでいる人は散歩や掃除料理などを取り入れましょう。これは、苦手であっても半ば強制的に継続することが大切です。

 

どうしても自分で治せないときは医者を頼る

どうしても一人では継続が難しい場合は入院などをして、生活そのものを正しいリズムに変えるようにしましょう。入院に関して、他人にどう思われるかは関係ありません。医者の中にもうつ病で苦しんでいる人はたくさんいます。しかし、彼らは基本的な人間力向上心が高く、うつ病を持ちながらでも自己実現している人が多いように見えます。結局、うつ病があってもなくても、人は「自己実現」のために生きていると言えるのではないでしょうか。

つまり、「人生でできることは何でも挑戦してみたい」などという誰もが持つ当たり前の気持ちを素直に実行していることになります。その間は、完璧に治す事を諦め、時には休んだり薬を活用したりと人それぞれです。自分の治療方針は自分でもいいし、信頼できそうな医師を見つけたら、お願いするのもいいでしょう。いわゆる自己マネジメント能力が大切です。これは、うつ病があってもなくても大切です。そのため、うつ病がある人と無い人の人生の比較はできません。うつ病の人でも、一般の人よりも遥かに成功して幸せを掴んでいる人が世の中には沢山いるからです。

 

うつ病は老年になっても治らない人が多く存在する

これは実際に多いです。老年になってから精神科に通院する人もいますし、若い頃から通院や勉強を続けいているけどうつ病が治らない人もいます。しかし、他人から見るとその人がうつ病であるとは全く見えないことがよくあります。逆に、それだけ長い間、勉強や闘病を続けいているので知性的で洗練された印象さえあります。

一般の人達は、うつ病の彼・彼女らを見て羨ましいと思う人もいるのではないでしょうか。これも、他人との比較ではなく、うつ病の彼・彼女らは自分との闘いをしています。これは、病気があっても無くても同じだと思います。

 

うつ病と間違えやすい病

うつ病と間違えやすい病は、不安障害自律神経失調症強迫神経症などがあります。双極性障害統合失調症はかなり悪い部類に入るので治すのは通院や入院が必須になります。統合失調症者の中には、生活保護を受けている人も多いです。その他にも、愛着障害発達障害ADHDHSPなどの問題もあります。どの病も、それぞれが個別の病ということは少なく、症状が合併している場合が多いです。実はうつ病ではなく、不安障害や発達障害・ADHDだったという人もいます。そこは医師に相談して、今後の治療方針を決めていきます。

 

うつ病とは(うつ病を自分(自力)・通院・入院で治す方法を教えます) まとめ

これまで、簡単にですがうつ病について説明してきました。コロナによってさらにうつ病の人が増えていると聞きます。そのため、普段から生活をコントロールする力が求められているような気がします。仕事や勉強も大切ですが、生活の基本である家事も大切ということです。もしも仕事に夢中になっていたにも関わらず、うつ病になってしまったのなら、本当はその仕事が好きではなかったのかもしれません。なぜなら、本当に好きで夢中になっていることなら、うつ病にはなりません。それは、普段自分が接する人であったり、仕事であったり勉強であったり趣味なども同じだと思います。

イライラしても物や人に当たるのはやめましょう。物理的に脳に損傷を負う可能性があります。自転車に乗るときのヘルメットと同じです。そして嫌だと感じたり、面倒だと思った人物とは距離を取ることです。逃げると負けたと思うかもしれませんが、実際には逆だと思います。自分では好きだと思ってたけど、本心は違ったというわけです。それほど、自分の本心を知ることは難しいので、仕事や勉強や娯楽に夢中になっているうちに、うつ病になっていたという人がほとんどだと思います。しかし、もしうつ病になってしまったら、「本当に自分が好きな人・やりたい事は何だろう」と考えるチャンスや時間を与えられたと思えば、その後の人生が豊かになるはずです。うつ病の治し方は、自分でも通院でも入院でも対応することができる病気だと思います。

3件のコメント

  1. […] ここでは、オンラインカジノ ランキング TOP3 を紹介します。また、オンラインカジノや日本に開設予定の本物のカジノについても考察しています。2021年2月現在でも、横浜カジノ建設のGOサインは出ていますせん。それは、地域住民の反対運動やビジネス面での効果が本当にあるのか?などの問題が山積しています。また、ギャンブル依存症(うつ病)などの医学的な問題も絡んでいます。そのため、まずはカジノに興味を持つことでこれらの問題に関心を持つことが大切だと感じて、この記事を書きました。 […]