コロナ医療崩壊日本 の真実 【コラム】

コロナ医療崩壊 日本 の真実 を紹介します。

 

目次

日本の コロナ 医療崩壊 の真実

なぜ病床数が世界トップクラスの日本で 医療崩壊 が起こるのか?

日本に多いのは開業医などのクリニックという現実

国が定めた、 コロナ 患者 に対する刑事罰は本当に正しいのか?

 

コロナ 医療崩壊日本 の真実

コロナ医療崩壊日本
コロナ医療崩壊日本

日本の病床数は世界でも最も多いと言われているのに、どうして医療崩壊が叫ばれるのでしょうか?まず、考えられることは、民間病院が コロナ 患者の受け入れを断ってしまうことが挙げられます。個人病院から、検査や治療のために民間病院に患者を送る場合でも断られることがあるようなので、 コロナ 患者であればそのリスクから敬遠されるのも無理も無い話です。ましてや、ニュースでもやっているように看護士が相次いで退職してしまうようなことが、あれば本当に医療崩壊を招きかねません。そのため、地域の中核病院であってもコロナ患者を受け入れにくい状況が生まれているのではないでしょうか。

アメリカのニュースメディアの統計では、 コロナウイルス がなければより多くの人達が亡くなっていたと計算しています。それは、インフルエンザウイルスであったり、基礎疾患や様々な病によるものです。しかし、 コロナ が影響して、基礎疾患の人が亡くなっている確率が高いのもまた事実です。日本でも、亡くなっている人達は基礎疾患のある高齢者が多いのもそのためです。

また、よく言われるのは、 コロナ 禍で家に留まる事によって生活習慣病になってしまうというものです。例えば、心筋梗塞脳梗塞、そして脳出血などです。これらの病は、60歳を過ぎると急激にリスクの高まる病気でもあるので、コロナ禍でのストレスや家庭環境によるストレスから発症しても不思議ではありません。

では、一番のコロナウイルスは本当に危険なのかと言うと、新しいウイルスが登場する前までは、マスクや感染対策さえしていれば比較的安全でした。しかし、より感染力の強いウイルスが次々と生まれている事から、イギリスのように日本も感染爆発が起こる可能性があると、山中教授も警告しています。つまり、これを書いている今が正念場というわけです。

 

なぜ病床数が世界トップクラスの日本で コロナの医療崩壊が起こるのか?

コロナ医療崩壊日本
コロナ医療崩壊日本

実は、日本は最先端医療に対応できるICUを備えた病院が少ない。また、日本の中小企業のように、小さい病院は多いので病床数は多いが、医療設備も整っていないので1人2人しか受けれ入れることができないという現状があります。つまり、病床の利用効率が悪いということです。

ヨーロッパでは公立病院が多いが、日本やアメリカは8割が民間病院だと言われています。公立病院では、国が直接指示命令ができるので迅速なコロナ患者の治療が可能です。しかし、日本では民間病院がコロナ患者を敬遠する傾向にあるので、自宅待機などになってしまう状況です。また、経営的にも民間病院がコロナ患者を受け入れると経営的にもリスクが高いので、クラスターなどによって病院を閉鎖しなくてはならない危険もあります。

そうなると、病院経営そのものが成り立たなくなるので、民間病院はコロナ患者を引き受けない流れになっています。ここへきて、コロナ患者を受け入れると国からの保証がもらえるようになってきました。しかし、入院を拒否する人に罰則を与える法律の方がメディアに取り上げられることも多く、国民の不安や疑いも大きくなっています。

医療崩壊 とは、つまりコロナ患者を受け入れている病院限定ということです。 一般の病院は全く 医療崩壊 は起きていません。日本では、重症患者を扱う病床が少ないので、救急医療が整わないという現状もあります。それは、経営的にも診療報酬が低いことがあります。そのため、高価な医療設備を投資するのには奥手になります。これは、日本がそのような医療の構造になっていて、このコロナ禍で浮き彫りになった感じです。反対に大学病院などの、研究設備や建物には多額の投資が行なわれています。

これは恐らく、DNAやバイオ分野で経済的にも将来の国のためになるからでしょう。政府の対応がいつも批判されているのは、やはり「人間重視」よりも「経済重視」であるからかもしれません。また、日本の医療構造そのものが、救急医療に対応しづらい仕組みというのが問題になっています。

 

日本に多いのは開業医などのクリニックという現実 ( コロナ 医療崩壊 )

確かに、日本には全国どこにでも小さい病院を見る事ができます。そのため、全国的には病床数が多くても、 コロナ のような緊急医療には小さい病院では対応できません。そのため、地域の中核病院などに患者が殺到して、そこでも受け入れ拒否などが起きているので、 医療崩壊 が叫ばれています。結局、一人一人の コロナ 患者の状況をどう見極めるのかが、積み重なってこのような医療崩壊に向かっているのだと思います。そのため、軽傷者を受け入れる病院などを国が主導して用意すれば、もう少しスムーズになるのではと思います。

 

国が定めた、 コロナ 患者に対する刑事罰は本当に正しいのか?

コロナ医療崩壊日本
コロナ医療崩壊日本

これは、誰が考えてもおかしい話です。これを聞いた人達は、PCR検査を受けなくなってしまうからです。無症状の患者が コロナ を感染させてしまっている現状もあるので、検査を受けない人が増えれば感染爆発に繋がる恐れもあるからです。

専門家も、刑事罰自体は コロナ 感染防止にはあまり有効ではないにも関わらず、ここまで短期間で認証されてしまったことは恐ろしささえ感じさせる、と言っています。何か対策があって、このような法律を認めるのならいいのですが、イギリスやドイツのようにデータに基づいた「戦時中」のような完璧な対策もないのに、何もかも思いつきで決めてしまった感が否めないところです。

ここに書かれたことは、新聞やラジオの専門家の意見を参考にしましたが、山中教授も仰っているように状況は日々変ります。そのため、個人で最新の情報を手に入れて自衛することが大切です。

諸外国との比較:  http://www.medagricare.jp/2021/03/03/日本でなぜ医療崩壊が懸念されているのか!諸外/

コロナウイルス ( COVID-19 )の 後遺症 とは ( コロナ半年後 後遺症 )