コロナウイルス(COVID-19)の後遺症とは(コロナ発症後、半年後の後遺症確率70%)

 

目次

  • 1. コロナウイルスの後遺症とは
  • 2. コロナウイルス後遺症一覧
  •  2.1 希望を持つ意味について
  • 3. コロナウイルス感染者 7割の確率で半年後に後遺症
  • 4. まとめ

「コロナウイルス発症半年後 7割に後遺症」こんな見出しが今朝の新聞の見出しに載っていました。そこで、この記事ではコロナウイルスの後遺症とは何なのか、またどのような種類の後遺症があるのか紹介します。以前、「がん患者はコロナウイルスの予後不良が割合が多い」という中国の研究結果を参考にした記事を書きました。偶然、今回も中国の調査チームによる発表を参考にしています。

 

1. コロナウイルスの後遺症とは

コロナウイルスの後遺症とは、主に倦怠感や睡眠生涯に代表されるように、日常生活に支障をきたすものです。このような後遺症のウイルスというのはあまり聞いた事がないので、今後も注視したいと思っています。日本の専門家も「これほど高頻度に長期的な後遺症が出る例はほとんど聞かない。後遺症の原因には不明な点もあるが、見過ごせない問題だ。」と述べています。

 

2. コロナウイルス後遺症一覧

コロナウイルス 後遺症

ここでは、コロナウイルス後遺症の一覧を紹介します(一例)。

後遺症の種類 症状 問題点
肺の後遺症 呼吸苦関節痛胸痛、などの症状 重い肺炎を引き起こし「線維化
気分障害・認知障害 記憶障害心的外傷後ストレス障害(PTSD)うつ病不安不眠症、などの症状 精神障害の場合は「長期化」する
味覚障害・臭覚障害 若い世代や女性に多く見られる。この症状が長く続く人の話によると、人生の楽しみを奪われたようでつらい、精神的にも落ち込む、などの症状 精神疾患につながる恐れ
けん怠感(だるさ) 脱毛(男性よりも女性の方が多い。中国の研究リポートより)、記憶障害睡眠障害集中力低下などの症状 ウイルスが直接影響した症状ではなく、「感染による肉体的精神的ストレス」によって起きている可能性が指摘

参考URL:NHK「新型コロナ後遺症今後の課題

参考URL:https://www.clinicfor.life/articles/covid-051/

この一覧で気になる点は、気分障害や認知障害やけん怠感です。感染による肉体的精神的ストレスというのは、夜眠れなかったり、恐怖や不安が襲ってくるということなのでしょう。記事にも「直接にウイルスが影響した症状ではなく」と書いてあるので、ワクチンや特効薬をもうじき得られると思う事によって安心することができるかもしれません。

 

2.1 希望を持つ意味について(コロナウイルス 後遺症)

ネズミが溺れる実験でも、すぐに助けてもらえると分かったネズミは一晩中プールの中を泳ぎ続けました。しかし、助けてもらえないと思っているネズミは泳ぐのをすぐに諦めてしまった、という実験が知られています(希望を持つ意味について)。

また、睡眠に関しては、精神療法で有名な森田療法でも「7時間布団に横になれば、眠れても眠れなくても一日活動するだけの体力は回復する」という話をきいたことがあるので、あまり気にし過ぎるのも良くないでしょう。

コロナウイルス感染者の76%が疲労間や睡眠障害などの後遺症という読売新聞の記事が載っていました。また中国の研究リポートにも後遺症について発表されていました。

コロナウイルスの後遺症は、半年後であっても76%の人が困っているということです。今後は、感染と共に後遺症の話題が増えていくと思います。

 

3. コロナウイルス感染者 7割の確率で半年後に後遺症

コロナウイルス 後遺症

コロナウイルス感染者の76%が疲労間や睡眠障害などの後遺症という読売新聞の記事が載っていました。また中国の研究リポートにも後遺症について発表されていました。

コロナウイルスの後遺症は、半年後であっても76%の人が困っているということです。今後は、感染と共に後遺症の話題が増えていくと思います。

コロナウイルス 後遺症

【読売新聞オンライン】コロナ後遺症、発症半年後も疲労感や睡眠障害など76%…中国・武漢市

 

4. コロナウイルス(COVID-19)の後遺症とは まとめ

コロナウイルス 後遺症

コロナウイルスの後遺症については、厚生労働省も実態調査に乗り出していると書かれていました。無症状でも、肉体的・精神的ストレスを抱える事でけん怠感が長期化し、精神疾患などになる可能性があることが分かりました。

実際に医学的な問題がある場合は医師に任せるしかありませんが、無症状で精神的ストレスによるけん怠感の場合、自身で学習したり専門家のアドバイスを受けることによって元気になることも可能だと思います。

また、鬱病などの精神疾患の場合、医師ですら鬱病やその他の精神疾患に悩んでいる人は沢山いるので、腰痛や近眼のように「病気と友達になる」という考えも大切だと思います。どの病でも、完全に病気を無くしたいと考えると、かえって負担になってしまう場合もあるからです。

 

1件のコメント

  1. […] そのため、コロナ後(コロナウイルス発症後の後遺症とは?)はより現実とテクノロジーが親密な関係になり、日常生活とテクノロジーが切り離せない時代になってきます。 今まで、やりがいがあると思っていた社会への貢献という「正義の仕事」の価値は変わらずに残ると思いますが、その一方で優れた技術者や労働者は、より少ない労力で仕事を進めようとするでしょう。これが、仮に「正義の仕事ではない」とすると、そこにはやりがいがないかと言うとそうではないでしょう。今後は、報酬の多い少ないに関わらず、「自分がやりたい・価値がある」と思った仕事をしていくことになるのだと思います。 […]