店舗アプリ作成サービスの来店スタンプ機能をおすすめします


 

 

ここでは、店舗アプリ作成サービスを選ぶときに知っておきたい来店スタンプ機能について説明します。このアプリを使うと従来の店舗では集まらなかった集客を見込めるため、テレワークと共に広がりを見せています。店舗アプリには来店スタンプ機能というものがあり、直接来店してくれたお客様のスマートフォン上に物理スタンプを押すとポイントを付与できるサービスです。

 

そもそも店舗アプリって何?選び方は?

まず、そもそも店舗アプリは何なのかを説明します。店舗アプリとはEC(Eコマース)のことで、飲食店や小売店をネット上で展開するサービスです。特徴は、販売のウェブページと違い、スマートフォンに最適化されより使いやすいUI(ユーザーインターフェース)を備えているため、性別年齢を問わず扱える点にあります。そのため、ユーザーが長い時間をスマートフォンのSNSを閲覧するように、店舗アプリもユーザーに長い時間閲覧されやすいという特徴があります。

 

店舗アプリ作成は、一番目につくメニュー画面やデータベースなど様々な要素から構築されています。実は、店舗アプリというのは自分でも簡単に作成できるのですが、安定して運営していくには会社に任せた方が良い場合もあります。特に、細かい仕様変更やレイアウト変更などのリクエストにも答えてくれるメーカー製アプリは、経営を安定させるためにも必須とも言えます。あと店舗では、どんな製品やサービスを売りたいのかを決める事が最も大切です。

 

店舗アプリで来店スタンプ機能を作成するには?

 

店舗アプリには来店スタンプ機能というものがあります。これは、店舗アプリの他に実店舗やイベント会場での販売時にスマートフォン上にポイントスタンプを押す事ができるツールです。今はあまり見ないですが、パン屋さんで買い物をするとポイントスタンプを押してくれたあれです。これは、人の静電気を利用して、電子的にスマート上のスタンプカードにポンとスタンプを押すことができます。

これによって、お客さんが実際のポイントカードにスタンプを押してもらう体験ができます。特別なイベントを開催すれば、そこでしか手に入らない来店スタンプなので希少性が高まり、よりたくさんのお客さんを呼び込むことにも繋がります。使い方は店主のアイデア次第で、物理スタンプを使用するので改ざんなどの面でも安心ですし、なにより楽しげなところが良いと思います。この機能はアプリ作成のオプションで使用することができます。作成の時に実装をお願いすれば簡単に機能を組み込んでくれます。

 

店舗アプリとスタンプ機能の活用例

 

ここでは、店舗アプリとスタンプ機能の活用例を紹介します。いきなり大きな話になりますが、現在はインターネットのオンラインから、現実世界のイベントや体験がより重要になってきています。具体的には、某大手自動車業界と通信業界が進めいている「スマートシティ」や、徒歩から飛行機までの手配を一括で行うMaaS(Mobility as a service)などがあります。

どちらも、高度なIT技術が使用されていますが、中心は人であり、人が楽しめたり便利にすることを目的にしています。これが、オンラインからオフラインにトレンドが移っているという意味です。店舗アプリのスタンプ機能を使用すると、店舗の販売目的だけでなく、宿泊予約や各種イベントや販売ポイントの付与などが行えます。これらのサービスはユーザー体験型のイベントとも言え、ユーザーになんどもそのサービスを利用してもらうためにも重要な役割を果たします。そのため、スタンプ機能はぜひ検討したい機能の一つです。

 

まとめ

 

さて、ここまでスタンプ機能について紹介してきました。物理スタンプを使用する方法は、ありそうでなかった発想で今後ますます増えてくると思います。ユーザーにいかに便利さや楽しさを提供できるかが、今後の5G・クラウド・店舗アプリなどの最終的な目標とも言えます。ぜひ、各社のホームページなどを参考にアプリ導入を考えてみて下さい。

 

参考:GMOおみせアプリ