ホームページの保守を業者に頼むときに必要なこと


この記事では、ホームページの保守を頼みたいときに、どうすればいいのかを説明していきます。ホームページは、ワードプレス(WordPress)などを使って自分で管理することもできますが、ウェブショップなどでは、業者に管理してもらうことで、安心してお店を運営する事ができます。

 

■ホームページの保守にはどんな作業内容があるの?

 

ここでは、ホームページの保守作業の内容について説明します。

 

  • ドメインの保守と管理

ドメインの保守とは、主に一年契約を更新する作業を行います。基本的には、契約を更新する作業をするだけなので、個人で運営していても簡単にできます。しかし、業者に任せるときは、ドメインの他にもまとめて作業をお願いするので、これも大切な作業と言えます。ドメインの更新を行なわないと、ホームページが表示されなくなるので、業務に影響を及ぼしてしまいます。

 

  • サーバーのメンテナンス

サーバーのメンテナンスとは、サーバーのOSをバージョンアップしたり、データベースの維持のことを指します。しかし、現在では遠隔地の仮想サーバー(VPS)を使用している業者が多いので、ホームページ保守会社自体はサーバーのメンテナンスに関わらない場合もあります。

 

SSLサーバー証明書の保守

SSLに対応しているホームページのアドレスには、「https」が付与されています。SSL(Secure Sockets Layer)は、インターネット上のWebブラウザとWebサーバー間のデータ通信を暗号化して送受信するメカニズムのことです。

SSLは、インターネット上で頻繁に送受信される、氏名・住所・メールアドレスなどの個人情報、買い物代金に必要なクレジットカード情報・ログインに必要なIDやパスワードなどの情報を第三者から守り改ざんを防ぎます。

新しいバージョンのブラウザに対応させる

ホームページを常に当たらしブラウザに対応させることも大切な作業です。Google ChromeやMicrosoft Edge、仮想通貨に対応したブラウザのBraveなどのブラウザを常に最新の端末で表示できるように調整します。

メールアドレスのアドレス変更・削除・追加作業

ホームページには、メールアドレスやサブドメインを付与する事ができるので、社員やメンバーの入れ替えに伴ってメールアドレスの変更などが必要です。そのための作業が、アドレスの変更や削除・追加になります。

ホームページ制作を業者に依頼すると保守もセットの場合が多い

業者にホームページ制作を依頼すると、1年単位などの保守契約を同時に結ぶ場合が多いです。依頼者によっては、ホームページ作成のみを依頼する場合もありますが、例えばネットショップの場合は、データベースや商品検索機能を保守する必要があるので、業者とメンテナンス契約を結ぶ事になります。

例えば、ホームページ記事のSEOでも頻繁にキーワードノトレンドが変化していくため、対応する費用があります。それと同じように、ウェブショップでもお客様の商品に対するニーズに合わせて、自社の最適な商品を検索できるようにチューニングしてあげる必要があります。

これによって、お客様が常に最新のトレンドの商品や希望の商品を瞬時に検索できるようになります。これを行なうことによって、売上げもアップします。オーナー自身が行なうもできますが、コンピューターやプログラミングに不慣れ人は、業者に任せると安心です。

ホームページの保守を頼みたいとき、どすればいい?まとめ

これまで、ホームページの保守を頼みたいときにどうするのかを説明してきました。現在、多くの会社や個人事業主はワードプレス(WordPress)を使用してブログやホームページを構築しています。そのため、ワードプレス関連のエンジニアは豊富に揃っているので、様々な保守業者を選びやすくなっています。

基本的には、細かな保守に対応しているのは比較的大きな会社という事が言えます。しかし、個人や少人数で経営しているネットショップでも、オプションを追加することによって様々な保守メニューを追加することができます。

このようなサブスクリプション方式によって、それぞれが必要な保守メニューを選ぶ事ができコストの削減にもなります。後は、そのホームページの売上げや使用頻度によってカスタマイズしていけば良いと思います。重要なことは、業者選びはできるだけ知名度のある業者を選ぶ事が大切です。