モービルマッピングシステムとは ( MMS / Mobile Mapping System )

MMS モービルマッピングシステム mms 三菱 mms 活用事例 mmsとは 測量mms mmsとは 測量 モービルマッピングシステムとは mms 活用事例 モービルマッピングシステムとは mmsとは 測量

 

 

 

ここでは、モービルマッピングシステム ( MMS )を紹介します。

 

Contents

1. モービルマッピングシス テム MMS とは?

2. モービルマッピングシステム MMS 活用事例 を紹介 ( MMS 三菱 )

 

 

1. モービルマッピングシステム MMS とは? ( モービルマッピングシステムとは )

MMS とは
MMS とは

https://www.mitsubishielectric.co.jp/mms/

ここでは、モービルマッピングシステム ( MMS )を紹介します。モービルマッピングシステム MMS( Mobile Mapping System )とは、3次元レーザー計測機とデジタルカメラによって、道路や周辺の3次元データと連続映像を取得する車両搭載型計測装置です。

最近では、街中で自動車の屋根に計測装置を搭載した車両が走っているのを見た人もいると思います。モービルマッピングシステム ( MMS )の用途は主に、「地形計測」「地図作製」で使用されます。現在では地図データもデジタルデータとして扱い、ビッグデータの解析による自動運転への使用や、スマートフォンなどのナビゲーションシステムなどで使用されます。

計測装置の構成は、3次元レーザー計測器デジタルカメラを複数搭載しています。計測方法は、三次元レーザー計測器で測定した位置データとカメラで測定した動画データを重ね合わせることにより、正確な画像を投影します。

使用する自動車はミニバンワゴンタイプの車両を使用し、助手席や後部座席に確認用のタッチパネルディスプレイや計測確認用機器を配置します。現在では、専門的な解析の知識がなくてもデータ分析ができるような設計になっているのが一般的です。

地形計測では、撮影したカメラ画像を変形して平面データを作成することができます。また、3D映像から3D画像データの作成も可能です。車両はオーダーメードにも対応し、計測の種類によってモービルマッピングシステム ( MMS )をカスタマイズすることもできます。

 

 

2. モービルマッピングシステム MMS 活用事例 を紹介 ( MMS 三菱 )

mms 活用事例
mms 活用事例

https://www.mitsubishielectric.co.jp/mms/case.html

ここでは、モービルマッピングシステム ( MMS ) の活用事例を紹介します。モービルマッピングシステム ( MMS )は、公共測量の分野でも使用されており、「道路台帳付図」「下水道情報管理システム」の更新作業が可能です。

道路台帳は、日々の道路工事で変化する地形データを車両により計測しデジタルデータとして扱うことができます。同様に、下水道管理システムも、従来の紙ベースの地図を参考にGPS計測した座標データを使用します。

従来であれば、現場調査をして道路長やマンホールの位置を人が計測していました。しかし、モービルマッピングシステム ( MMS )では車両による三次元データの取得地図データの作成が可能です。特に、交通量の多い県道や国道でも正確なマンホール位置・属性を測定できるので安全にも役に立ちます。

これらの地図は、オペレーターがCADソフトによって更新しデータの共有が可能です。そのため、データ取得のためのデータマッピングシステム ( MMS )が最も重要な作業とも言えます。

その他には、トンネルの健全性評価にもモービルマッピングシステム ( MMS )が使用されています。近年、台風や大雨による土砂崩れや洪水にる被害が多発しています。そのような災害によるトンネル事故を未然に防ぐために、従来のベテラン作業員による検査に加えて、高精度のGPS計測ビデオカメラレーザー認識を活用。モービルマッピングシステム ( MMS )は、トンネルの安全な運用を維持するためにも重要な役割を果たしています。

 

 

 

 

参考URL:

https://www.mitsubishielectric.co.jp/mms/case.html

https://www.mitsubishielectric.co.jp/mms/

 

1件のコメント