イギリスのマクラーレンとはどんな会社?


イギリスのマクラーレンはレース屋からスーパーカー屋へ

このイギリスの会社の本体は、マクラーレン・グループと言われていて、レーシング部門と市販スポーツカー部門に分かれています。マクラーレン・レーシング部門は、1963年に設立され、アメリカのインディーカー・シリーズやF1世界選手権に長年参戦し、現在でもその伝統と人気は不動のものがあります。もう一つのマクラーレン・オートモーティブは2009年に設立されました。マクラーレン・オートモーティブが始めて車を制作したのは、1994の「マクラーレンF1」という前席3人乗りのスーパーカーでした。設計したのは、イギリスの鬼才と言われるゴードン・マレーです。このマクラーレンF1は翌1995年のルマン・24時間レースに出場して、総合優勝してしまいます。かなり予想外の出来事だったので、この市販車は一夜にして伝説的な存在になりました。市販車の「F1」の当時の発売価格は約1億円といわれ、現在ではその数倍の価値があります。

国産・外車の全ての純正パーツが揃うサイトはここ!

マクラーレン・オートモーティブは市販車の販売に注力

マクラーレン・オートモーティブは、2009年に本格的にスーパーカーの販売を始めました。ライバルは、伝統のあるフェラーリやランボルギーニやポルシェなどの世界の高級スポーツカーメーカーです。そこでこのマクラーレンは、MP4-12Cを世に出しました。エンジンは3.8リッターのV8エンジンで、最高出力は600馬力近く出ていました。国内では、日産GT-Rが3.8リッターV6エンジンで480馬力ほどだったので、かなり高出力な車でした。そして、マクラーレンのレース屋としての技術が惜しみなく搭載されたこの車は、登場してすぐに世界中で認められることになります。常識では、半世紀以上も不動の人気のあるフェラーリやポルシェのようなブランドと、設立して間もないイギリスのマクラーレンが並ぶ事は不可能ですが、マクラーレンはレースの世界では伝説的な存在でした。そのため、世界中の自動車愛好家に認められる車となったのです。

国産・外車の全ての純正パーツが揃うサイトはここ!

世間のマクラーレンの車に対するイメージとは?

マクラーレンに対する世間のイメージは、「完璧主義者の集団」というものです。またこの会社は、日本人以上に几帳面で、世界トップクラスの技術者集団の集まりでもあります。鬼才ゴードン・マレーが設計した初の市販スポーツカー「マクラーレンF1」では、ネジ一つの重さも正確に計算して、もっとも軽量になるように設計されています。そして、エンジンや車体、エアロダイナミズムなどあらゆるところが完璧に設計されています。そのため、マクラーレンはフェラーリやランボルギーニのように情熱的でないと言われる事もあります。確かに、その車のサウンドを聞いても、イタリアのフェラーリやランボルギーニは情熱的なサウンドを発します。一方、イギリスのマクラーレンの車は、低く唸るようなサウンドで途轍もない加速で車を走らせます。

マクラーレンは、完璧主義者ではありますが、むやみに限界を超えるような無理はせず、常に科学的に成立する「すべてのものに理由がある」という理念によって動いています。これは、元日産R35GT-Rを開発した水野和敏氏と同じ考え方です。彼は日本人離れした考えを持っていたからこそ、世界に認められる車を開発することができました。そしてマクラーレンも常にこの原則に従って、新しいイノベーションに取り組んでいます。

国産・外車の全ての純正パーツが揃うサイトはここ!

マクラーレンは世界三大レースの全てを制した唯一の自動車メーカー

マクラーレンがここまで伝説的なメーカーになったのは、世界三大レースであるF1・インディ500・ルマン24時間レースの全てを制覇した、世界で唯一のメーカーでもあるからです。2020年現在も、世界のレースで活躍し、市販車であるスーパーカーも次々と新型車を発表しています。イギリスの鬼才ゴードン・マレーも、2020年に世界を驚かす車を発表しています。これからも、この稀代のメーカーであるマクラーレンの車は、モータースポーツ活動やスポーツカー開発の分野で先頭を走るはずです。

5G ABB AI AI-OCR App CASE ConoHa DX ERP Fanuc Fintech IBM フィンテック IBM IoT Kubernetes kuka MaaS Mercedes MOOVSTER Nissan NTT paypal RPA SAP uq uqmobile VW Watson Yaskawa zoom ウェビナー オンラインカジノ クルマ グループウェア コラム コロナ トヨタ ビットコイン ブログ レンタルサーバー レンタルサーバーおすすめ ロボット 人物 働き方改革 文書管理 経済産業省