トヨタ ヤリスクロスの見積もり紹介

 

トヨタ ヤリスクロスとは?

トヨタ ヤリスクロス(Yaris Cross)とは、トヨタヤリスにも搭載された最新のプラットフォーム(車体)と新しい1.5ℓエンジン、そしてハイブリッドシステムが搭載されたンパクトSUVです。ここでは、トヨタ ヤリスクロスの見積もりとライバル車の紹介をしたいと思います。


日本車・輸入車の純正パーツならこのサイト

トヨタ ヤリスクロスのグレード紹介

トヨタ ヤリスクロスはヤリスの1.5リッター・ガソリンエンジン+ハイブリッドシステムを搭載したコンパクトSUVです。このクラスは運転のし易さとラゲッジスペースの広さから、かつての1.8、2.0リッターのセダンやワゴンからの買い替え候補となっている一台です。

ヤリスクロス 1.5ガソリンエンジン+CVT

ヤリスクロス・ハイブリッド 1.5ガソリンエンジン+CVT+ハイブリッド

トヨタ ヤリスクロス ガソリンとハイブリッド 車両本体価格一覧

ここでは、トヨタ ヤリスクロスの価格を紹介します。ガソリンモデルが250万円くらいで、ハイブリッドモデルが300くらいでしょうか。この価格なら、欧州車のコンパクトSUVもライバルになってきます。

トヨタ ヤリスクロス車両本体価格

ヤリスクロス ガソリン    179万円〜220万円

ヤリスクロス・ハイブリッド  228万円〜258万円

トヨタ ヤリスクロス見積もり

ここでは、トヨタヤリスクロスの見積もりとライバル車の見積もりを紹介したいと思います。

トヨタ ヤリス クロスHYBRID Z

   総額   ¥2,584,000

    金利   ¥302,328(3.9%/年)

    諸費用  ¥50,000(参考)

    合計   ¥2,891,328(36回ローン)

トヨタ ヤリスクロスの見積もりは、ハイブリッドだと300万円以内に収まりました。軽自動車が200万円だとしても、この価格はかなり高価だと感じます。もう100万円プラスすれば、ボルボXC40(カーオブザイヤー受賞)という素晴らしいクルマが購入できます。

現在は、良い物を長く使用する時代でもあるので、この価格帯のクルマを購入するときは、欧州車と比較した方が良いと思います。トヨタもハイブリッドで電動化や電池搭載車としてのイメージで販売していますが、欧州勢は48Vマイルドハイブリッドなので、どちらかと言うとプラグインハイブリッド寄りのクルマです。こちらの方が、先進的で長く活躍することは言うまでもありません。トヨタは、その安心感と手頃さで購入するクルマです。

最近は、日本で発売する欧州車も国産の価格に寄せてきたので、コストパフォーマンスも欧州車の方が優れています。トヨタ ヤリスクロスの見積もりは、オプション無しなので、オプションを付けると軽く300万円を越えてしまいます。ボルボやフォルクスワーゲンは、先進の安全機能が標準装備なので、オプション扱いのヤリスクロスと比べてもコスパがいいです。

フォルクスワーゲン T-Cross TSI 1st Plus

総額   ¥3,053,636

消費税  ¥305,363

金利   ¥250,917(2.49%/年)

諸費用   ¥50,000(参考)

合計   ¥3,320,831(36回ローン)

CITROËN C3 AIRCROSS SUV FEEL

総額   ¥2,670,000

  消費税    ¥242,727

                         金利   ¥191,439(2.39%/年)

合計   ¥3,104,166(36回ローン)

新型日産ノート

総額 ¥3,000,000?新型日産ノートは全車 e-Power搭載のハイブリッドカー 価格は200万円スタートなのでライバルよりも安い。先進安全機能と未来的な内装は、ヤリスクロスより上。新型ノートで一足先に未来に行きますか?


国産・外車の全ての純正パーツが揃うサイトはココ!

トヨタ・ヤリスクロス見積もりまとめ

トヨタ ヤリスクロスの見積もりを紹介しました。トヨタ ヤリスクロスは、全高が1,560mmのためマンションやビルの立体駐車場駐車できません。トヨタ CH-Rなら、立体駐車場に停車可能なので、トヨタ ヤリスクロスを諦めた人でも候補の一台になります。

トヨタ ヤリスクロスのデザインは、ファンカーゴの未来形で、ダイハツタントの進化形のようなデザインをしています。つまり、タントをかっこいいと思う層を狙ってデザインされているのでしょう。ただし、欧州ではヤリスは人気がありますが、ヤリスクロスはライバルが多いので人気にはならないでしょう。VWは実物の内外装を見たら、カッコいいので驚くでしょう。特にイメージカラーのグリーンがおすすめです。

ヤリスクロスは、田舎者しか興味がないことがGoogle Trendsからも明らかに

欧州、特に金融とカルチャーの発信地であるロンドンは、韓国のクルマやスマートフォンを支持しています。人気もありますし、彼らは韓国を尊敬しています。韓国のアイドルグループもビルボードチャートで初のナンバーワンになり、グラミー賞にもノミネートされています。そこに日本はありません。韓国は長年努力して欧州諸国と関係を結んできたからです。欧州では日本車はほとんど売れていません。良いクルマかもしれませんが、人々の心には響かないのです。テスラは過信してもトヨタは過信するな、です。今のうちに欧州車にスイッチしておくことをおすすめします。この記事では、ヤリスクロスはおすすめしていません。

欧州のライバルは、エンジン形式の違いとデザインの違いを楽しめる車で、これらも購入を検討する価値のあるクルマです。特にVW T-CROSSは、内装と外装のデザインが素晴らしく、長く愛着を持って乗れそうな一台です。欧州車のライバルは、他にもフィアットルノーなどたくさんのクルマから選べるので、調べて見るの面白いかもしれません。また、機会があったらもう少し詳細な違いを書いてみたいと思います。



 

5G ABB AI AI-OCR Apple Dell DX ERP Fanuc Fintech IBM フィンテック IBM IoT IOWN IPv6 JFE Kubernetes kuka MacBook Nissan NTT RPA SAP softbank VISION-S VW WiMAX Yaskawa インターネット オンラインカジノ クルマ グループウェア コロナ スピードテスト ソニー タブレット トヨタ パソコン ビットコイン レンタルサーバー ロボット 人物 働き方改革 光回線 光通信 文書管理