IPv6スピードテスト(IPv6速度測定・確認)おすすめ5選


目次

IPv6 スピードテスト(IPv6速度測定)とは?

IPv6 スピードテスト(IPv6速度測定)で確認・測定する

IPv6スピードテスト(IPv6速度測定)おすすめ5選

IPv6にすると回線速度は速くなる?

IPv6スピードテスト(IPv6速度測定・確認)おすすめ5選 まとめ

 

 

IPv6 スピードテスト(IPv6速度測定)とは?

この記事では、各サイトを参照してIPv6設定確認と、 IPv6 スピードテスト の速度計測ができます。

インターネット回線の利用が多くなると、自分の使っているインターネット回線はどのくらいのスピードなのか?と気にしている人は多いはずです。

インターネットに接続するなら、従来のIPv4プロトコル(約束)ではなく、IPv6プロトコルでのネット接続がおすすめです。その際に使用するのが、サイトやアプリで良く見る IPv6スピードテスト ( IPv6速度測定 )とIPv6確認です。

NTTコミュニケーションズ「IPv6とは?」 の記事はこちら

この記事では、スピードテスト ( IPv6 Speedtest )の説明や、ちゃんとIPV6に接続できているのかの確認方法についても説明します。現在でも、IPv4でインターネットを使っている人は多いので、ここは早めにIPv6プロトコルに切り替えておくことをおすすめします。

また、このページでは、IPv6プロトコルについての説明や、スピードテスト のサイトを探している人におすすめしたいスピードテスト5選を紹介します。

 

IPv6 スピードテスト(IPv6速度測定)で確認・測定する

ipv6 スピードテスト

スピードテスト IPv6 ( IPv6 速度測定 )での回線速度測定時の注意点は、IPv6に設定されているかどうかになりますが、自動的にIPv4/IPv6の判別をしてくれるサイトが多いのであまり心配はいりません。

 

IPv6の回線の確認

IPv6 スピードテスト
スピードテスト

 

IPv6はNTT系、au系、ソフトバンク系全て対応しています。各プロバイダーも全て対応しています。自分の回線がIPv6接続かどうかは、サイトで確認することができます。

https://help.gmobb.jp/app/answers/detail/a_id/018786

 

IPv6スピードテストで早いのはG-PON(GE-PON IPv6とG-PONの仕組み)

スピードテストIPv6 (IPv6速度測定)とIPv4スピードテストは、実はあまり速度差がありません。理由は、IPv4回線で世界中のインターネットアドレスが足りなくなったので、IPv6が誕生したからです。例えば、郵便番号が5桁から7桁になったのと同じです。

郵便番号が7桁になっても郵便の届く時間は変わりません。反面、多くの番号が使えるようになったことで、より多くの個人や会社の郵便を扱えるようになります。IPv6回線も同じような意味です。。

ソニーのNUROがIPv6専用回線で速い理由は、NTTとは違う独自の回線とG-PONという独自のONU(回線終端装置)を使用するためです。そのため、NTTの回線とGE-PONという違う規格を使用したNTT回線でのIPv6回線では、従来のIPv4とほぼ同じスピードテストの結果になることが多いのです。

最大速度の違いでは、マンションは一軒家の1/4くらいの速度(20Mbps〜30Mbps)になることもしばしばです。これは、マンションの集合装置で1本の光ファイバーの情報を1ずつのメタル線に送信して部屋まで届けているためです。NURO光であれば、1本の光ファイバーを直接部屋まで引き込むので、より高速な通信が可能です。

 

  G-PON GE-PON
最大通信速度

2.5Gbps

例:NUROはフレッツの約2倍の通信速度

1.25Gbps

日本では最も一般的な方式。海外では、G-PON方式が一般的

フレーム GTC イーサネット
主な採用回線 Sony・NURO光

NTT・フレッツ光

導入コスト 高い

安い

 

 

IPv6スピードテスト(IPv6速度測定)おすすめ5選

IPv6 スピードテスト
スピードテスト

IPv6回線の確認&スピードテスト ( IPv6 Speedtest :速度測定)には、IPv4回線とIPv6回線を自動的に判別してくれるものが殆どです。詳しく地域を入力するものは、地域ごと、プロバイダごとの回線速度が分かるので便利です。

インターネットの回線速度が遅いと感じた場合は、設定を変えてみたり、物理的な部分である、ルーターハブLANケーブルに異常がある場合があります。それでも遅い場合は、より上部(電柱側から局)のNTTなどの通信キャリア、プロバイダ側になりますので、連絡することをおすすめします。

また、LANケーブルのカテゴリを正しく選択する、無線ルーターを最新式にする、レンタル式の無線ルーター+ONUを最新の機器に交換してもらうなどの対策をすることで速度が速くなる可能性があります。

レンタル式は、各キャリアに「ルーター最新式に交換してほしい」と113(NTTの場合)などに連絡するとすぐに来て交換してくれます。多くの場合は、最初に設置してもらったレンタル品なので、多少は速度が速くなるかもしれません。 セキュリティ対策の為にも、ルーターのファームウェアを最新にすることは、ルーターの古い新しい関係なく必要です。

 1. みんなのネット回線速度

IPv6 スピードテスト

みんなのネット回線はIPv4とIPv6回線を同時に測定してくれます。また、地域ごとのプロバイダ速度や平均速度、使用回線のランキングなど詳細なテスト結果の表示が可能です。光回線でIPv6接続が可能な回線は、IPv4・v6 スピードテスト の同時測定を行ってくれます。また、フレッツ光系の回線はPPPoEIPoEの自動判確認を行います。自分の回線速度がどのくらいなのかを調べるには、とても便利なサイトです。

https://minsoku.net/speeds/contents/new

 

 

ipv6 スピードテスト

CnoHaレンタルサーバーについての詳細は、ここ☆

 

 2. SPEED TEST

SPEED TESTは、スピードテストでも有名なサイトです。登録なしで、すぐにインターネットの速度測定をすることができます。IPv4とIPv6回線は自動的に判別して、速度結果を表示してくれます。あらかじめ、IPv6に接続してあることを確認してから測定すると安心です。基本的に、自動的に最適なサーバーが選択されます。もし、測定結果が想定した速度より遅い場合は「Change Server」からサーバーを変更してみて下さい。

https://www.speedtest.net/

 

ipv6 スピードテスト

X(エックス)サーバーについての詳細は、ここ☆

 

 3. Network Speed Testing – So-net

ソネット(so-net)のスピードテストです。ソネット会員やフレッツ、NURO光など各キャリアのIPv6の回線測定ができます。測定前に、地域や回線タイプ、プロバイダーなどの選択をすることでより、正確な スピードステト が可能です。

ソネットのプロバイダーは、インターネット初期から使われているため、知名度や技術のノウハウもあります。ソニー系列なので、NURO光と合わせて使用すると相性がいい可能性があります。

NURO光であれば、会社員から個人事業主SOHOで使用する固定回線プランを選択することができます。固定回線プランは他の光回線に依存しないため、通信の遅延が少なく24h/365日サポートにも対応しています。

http://speedcheck-v6.so-net.ne.jp/netspeed/start.html

 4. Fast.com

次は、Fast.comというスピードテストです。こちらは、あの「Netflix」が提供するサービスです。 Fast.comは、世界中で使用されているサービスとしても有名です。

回線速度の測定は、サイトにアクセスするだけで自動的に開始されるため、非常に使いやすくできています。 実際に使っても、問題なくIPv6回線を測定することができます。 ただし、測定によってばらつきがある場合がありますので、何度か測定を試みると正確な値に近づきます。

https://www.archlinux.site/2018/11/ipv6.html

 

 5. Inonius

スピードテストの「Inonius」はIPv4とIPv6を自動的に判別して、両方の速度を計測してくれます。「あなたは IPv6 を優先的に使用しています」というメッセージも表示してくれるので、どちらに接続しているか一目瞭然な所もおすすめです。ルーターはIPv6に対応した製品を選ぶことが大切です。

https://inonius.net/speedtest/

 

IPv6にすると回線速度は速くなる?

IPv4接続とは、PPPoE接続のことでNTTのフレッツなどでイーサネットを使ってPPPというプロトコルを伝送する通信方式です。

対して、IPv6接続とは、IPoE接続のことで、イーサネットを使ってIPパケットを伝送するインターネットの通信方式です。

両者に速度の違いはあまりありません。IPv6にすることによって、インターネットで使用できるIPアドレスの数が増えるので、今後誕生するサイトに対してアドレスを割り振ることができます。

一般的には、マンションタイプなら20Mbpsから30Mbps、家庭用の光回線ならIPv4,IPv6とも100Mbpsから300Mbpsと言ったところです。

ソニーのNUROは、IPoE接続限定でIPv6専用回線の為に一般の光回線よりも高速です。しかし、デメリットとしてはIPv4にしか対応していないサイトは閲覧できません。NTTのフレッツなどであれば、IPv4とIPv6を自動的に割り振ってくれるので、どちらのサイトも閲覧することができます。

自分のスピードテストを客観的に判断するなら、「1.みんなのネット回線速度」に各種の比較が一覧で出るのでそちらを参考にするのが一番だと思います。

 

IPv6スピードテスト(IPv6速度測定・確認)おすすめ5選 まとめ

IPv6 スピードテスト
スピードテスト

スピードテスト ( IPv6 Speedtest :速度測定)について紹介してきました。今は、様々なネットサービスが登場して、どのサービスを選んだら一番得か?という情報で溢れています。IPv4からIPv6というサービスは、IPv4のアドレスが枯渇すれば、自動的にIPv6に割り当てられるので、特別気にすることがないというのが本当の所です。先ほど測定したら、IPv4の方が僅かに高速でした。

しかし、最新の5Gスマートフォンのように、本来は高速なスピードは一番の特徴ではないのですが、(数万以上の各種デバイスやIoTセンサの同時多接続が特徴)、ユーザーに高価な5Gスマートフォン(ドコモ等)を購入してもらう為に、メーカーはあえて高速大容量を強調しています。

IPv6も同様で、ほとんどの人がIPv6で接続しているのですが、「このサービスを使うと高速ですよ」とアピールしている訳です。本当に高速な回線を使いたいならば、物理的にNTTとは別な回線と宅内機器を使用しているソニーのNUROを使用するしかありません。

しかし、実際に自分の回線を測定することで、地域や他者との違いが分かるので試してみる事をおすすめします。現実的な話では、一般的に30Mbps前後の速度があれば、ほとんどのサービスは通常に使用できます(大容量のゲームを高速にダウンロードする場合をのぞく)。

ipv6 スピードテスト
スピードテスト

2件のコメント

  1. […] ちなみに、このブログはWordPress.com ビジネスプランにより構築されています。サーバーもサポートも全て英語ですが、全て翻訳してくれるので日本語だけで簡単です。国内レンタルサーバーのように、レンタルの手続きもワードプレスのインストールも全て不要ですぐに記事を書いてアップすることができます。サーバーの信頼性や回線速度(応答時間:レスポンスタイム)も本家だけあり、国内と同レベルかそれ以上の安定度です。個人的にはおすすめです。 […]