レンタルサーバー初心者がワードプレスでブログやるならConoHaVPSがおすすめ!

 

「レンタルサーバーやワードプレスって何? ConoHaのレンタルサーバーはどこがいいの?」
「ConoHaレンタルサーバーの費用はどれくらい?」

この記事を読んであなたも、最もコスパの高い自分にピッタリのレンタルサーバーを選びをしましょう!

ConoHaのレンタルサーバーは、簡単な設定ですぐに使えるレンタルサーバーです。ブログをはじめるなら、ワードプレスも簡単にインストールして使えるので便利です。ConoHaレンタルサーバーの詳細もチェックしましょう!


ConoHaレンタルサーバーなら、簡単な設定やプリペイドカードでの支払いなど、初心者でもかんたんにワードプレスを使ったブログをはじめることができます。

ブログを書いているとワードプレス (WordPress)という言葉を聞くと思います。普通のはてなブログと何が違うかと言うと、自分でレンタルサーバー(例えば、ConoHa)を借りてその中にOSをインストールしてワードプレス(WordPress)のようなアプリをインストールして使います。新しい、パソコンやスマホを購入するイメージですね。ただ、サーバーは高価なので複数の人でシェアするためにレンタルになっています。

ブログ(レンタルサーバー(ConoHa)・ワードプレス)って何の役に立つの?

ブログはその人の知的財産とも言えるので、その人がどんな情報を持っていて、他人にどんな情報を提供できるかを証明することができるので役に立つと言えます。もちろん、価値の高い情報を持っている人もいれば、そうでない人もいます。

しかし、個人の日記でもどんなコンテンツでのその人のデータとして残すことができます。よく、個人の日記は誰も読まないし、価値がないという話をききますが、それはアクセス数や広告クリックなどのビジネス上の話です。客観的にテキストデータとして見たら、ある人にとっては価値のある情報である場合もありますし、本人にとっても大切な情報です。

前だったら、そんな日記や役に立たない情報をウェブ上にアップしていてもしょうがないと思われていたのですが、最近は人工知能(AI)によって、情報がより価値を持つようになりました。例えば、個人の日記を人工知能(AI)に分析させると、その人の趣味趣向、どんな人物かが分かります。そして、その人に最も合った広告やサービスを自動でオススメします。

今後は、その人がどんな情報を持っているかで、スコアが決定するかもしれません。そのスコアは、その人のあらゆる活動のトータルのスコアを表していて、仕事やローンを組むときなどに活用されます。いわゆる信用スコアというやつです。そのため、個人のどんな情報であっても、ブログに残しておく事は価値があります。

いままでブログやSNSやYouTubeをやってなかった芸能人・著名人が急に始めたワケとは?

まず、最初にこの理由はお金を稼ぐためではありません。ですから、ブログもお金を稼ぐために始めるものかというとそうでもありません。芸能人や著名人が、書籍化を前提としてブログを書く場合はビジネスとして書きますが、そのような人達も最初は個人的な「何か書いてみたい」という欲求によってブログを書き始めたことがほとんどのような気がします。そのブログを数年続けていて、好評だったから出版社から書籍化の話を持ちかけられたというわけです。

つまりブログやSNSやYouTubeは、リアルでの人との繋がりが減った今、ネット上で人と繋がりたいという人間の欲求がそうさせているのだと思います。有名な作家さんも「好きな演劇やライブは全部見たいし、もっと良い生活がしたい」とSNSなどで話していました。これは、事実でもあるけれど、恐らくノーベル賞を将来狙えるような孤高の作家と皆が思っていた作家であっても、インターネット上で人と繋がりたいという欲求があるのだと思います。

以前だったら、私たちも漫画家がどんな生活をしているのかを知る事はありませんでしたし、特に知りたいとも思っていなかったはずです。ただ、本屋さんでマンガが買えればよかったのですから。けれど、今はみんながインターネット上に集まっているから、今まで以上に多くの人達と出合えるようになりました。

ブログ ( ワードプレス/WordPrees ) を始めるには、レンタルサーバー(ConoHa)を借りないといけないの?

今話したように、ブログはみんなと繋がったり情報交換をしたりする場所なので、はてなブログのような無料のブログでも構いません。では、なぜ多くの人がわざわざレンタルサーバー(ConoHa)という訳の分からない物を借りてブログをやっているのでしょう?維持するためには、永遠にレンタル料を払わなければいけません。これも恐らく、みんながやっているからでしょう。あとは、ビジネスとして儲かるとかその類いの話だと思います。

みんなと繋がるなら、はてなブログの方がはるかに便利です。自分でレンタルサーバー(ConoHa)を借りてブログを始めても、誰にも自分のブログのアドレスを教えなければ、一人もアクセスしてくれないことが殆どです。はてなブログのような無料ブログなら、最初から同じ趣味や同じ職種の人達と簡単に繋がることができます。

しかし、レンタルサーバーを借りて始めたワードプレス(WordPress)ブログは、孤島に一人で生活しているようなもので、自分から進んで自分を見つけてもらうように努力しなくてはなりません。書く事でさえ大変なのに、余計な手間をかけたいとは思わないはずです。

ConoHa by MGOは、高速、高性能でありながら、簡単・リーズナブルに使えるレンタルサーバー・サービスです。ConoHaは個人からビジネスまで幅広く利用されています。

採用事例としては、鈴与グループ(Suzuyo)の名刺管理サービスとテレビ会議サービスのクラウドインフラストラクチャとしてConoHaが採用されました。サーバー事業も展開する鈴与グループの採用は、ConoHa by MGOの信頼性の高さを証明しています。また、すべてのサービスで使えるKonoHaプリペイドカードも用意しています。

レンタルサーバー(ConoHa)を使ってブログ(ワードプレス/WordPress)を始めるのはなぜ?

レンタルサーバー(ConoHa)を借りるのは、クルマでもレンタカーよりも自分のクルマを所有したいのと同じで人間の所有欲からだと思います。ただサーバーは数百万円から数千万円はするので、みんなでレンタルしているという話です。

クルマもローンで購入すれば支払いが終わるまでレンタルしているのと同じ事です。だけど、ブログでもクルマでも自分のものになるとより自由に使う事ができます。ブログなら、自分でデザインを変えたり(最初から豊富なデザインテーマが用意されているので絵心がない人でも安心です。

最近では、クルマもレンタルサーバー(ConoHa)もサブスクリプション方式が使えます。つまり、NetFlixやAppleMusicやSpotifyのように月々の料金を払えば使い放題です。そのため、以前よりも簡単にレンタルサーバー(ConoHa)を借りてブログを始める人が増えています。無料のはてなブログで書いていた記事をレンタルサーバー(ワードプレス/WordPress)に引っ越すこともできます。

ConoHaのレンタルサーバーなら、最小構成のサーバーが500円くらいから使えるのでお試しで始めてみることもできます。ブログが軌道に乗ってきたら構成を変更すればいいので簡単です。構成の変更もネットから簡単に行なうことができるので、難しいことは何もありません。ConoHaのプリペイドカードがあれば現金やカードがなくてもConoHaを使う事ができます。

ConoHa for Windows Serverは、主にWindows環境で開発した人向けのレンタルサーバーです。24時間サポートがあるので、急なトラブルでも安心です。他には、マイクロソフトofficeを社外で使いたい場合や、リモートアクセスでWindowsを使いたい場合などにも活用できます。

しかし、今ではクラウドのoffice365があったり、Macや先ほどのCentOS、Linux、AndroidなどがあるのでリモートでWindowsを使う場面も限られてしまいそうです。しかし、Windowsサーバーとしての需要はたくさんあり、このサービスは企業向けと考えていいと思います。

レンタルサーバー ConoHa VPSの料金プラン

ConoHa VPSはいわゆる仮想サーバー(VM)です。ConoHa推奨のCentOSなども簡単にインストールできるので、WordPressやデータベースソフト、メールソフトなどのアプリケーションをインストールして、すぐにサーバーを運用できるようになります。

オープンソースソフトウェアのCentOSなら動作も速く、Windowsシステムの構築を必要としないのであれば、こちらのOSの方がおすすめです。こちらも、レンタルサーバーと同じで、初めての人でも簡単にサーバーを立てられるのがポイントです。より高度なシステムでは、企業のデータベースサーバーやメールサーバーなどを運用できるほどの性能と実績もあります。

ブログを始める人も、快適にWordPressを使いたいなら、こちらのサービスがおすすめです。サーバーのメンテナンスはもちろん必用ありません。

ここでは、ConoHa VPSレンタルサーバーの価格とプランを紹介します。もっとも安いプランでは、月500円からブログを始めることができます。

512MB 1GB 2GB 4GB 64GB
初めてのVPSや
最小構成のサイト向け
482円/月
620円 22%OFF
スモールスタートできる
開発環境として
657円/月
880円 25%OFF
Webサイトの立ち上げに
安心のスペック

1,296円/月
1,680円 22%OFF
高い処理速度が必要な
App向け
2,637円/月
3,280円19%OFF
大量のトラフィックも
軽快にさばきます
39,600円/月
49,000円19%OFF
メモリ
512MB
メモリ
1GB
メモリ
2GB
メモリ
4GB
メモリ
64GB
CPU
1コア
CPU
2コア
CPU
3コア
CPU
4コア
CPU
24コア
SSD
30GB
SSD
100GB
SSD
100GB
SSD
100GB
SSD
100GB
初期費用
無料
初期費用
無料
初期費用
無料
初期費用
無料
初期費用
無料
         
         
ConoHa VPS 料金表

ワードプレス(WordPress)でブログ作成するにはレンタルサーバー(ConoHa)を使おう!まとめ

レンタルサーバー(ConoHa)を借りてブログを始める話を書きました。ブログを構築するなら、ワードプレス(WordPress)というアプリを使用します。このアプリは、ブログやウェブサイトを作れるアプリです。音楽アプリで有名なSpotifyやコンピューター企業のIBMのホームページもワードプレスで構築されています。その他にも、大手メディアなどもたくさんワードプレスを使っています。そのため、ワードプレスの使い方を覚えることは、資格を取得するようなもので、将来のスキルにもなります。

一番大切なのは、コンテンツなのは間違いありませんが、使い方を覚えるのは大切です。ワードプレスやレンタルサーバーの使い方はGoogleやYouTubeで検索すればいくらでも知る事ができます。そのため、レンタルサーバーを借りて、ワードプレス(WordPress)でブログを始めるのは思ったよりも簡単にできます。

レンタルサーバーのConoHaの公式ホームページには、レンタルサーバーの使い方やワードプレスの導入方法が簡単に分かるように書かれています。この機会に、レンタルサーバー(ConoHa)でブログを始めてみることをおすすめします。

ちなみに、このブログはWordPress.com ビジネスプランにより構築されています(別にConoHaも契約しています)。サーバーもサポートも全て英語ですが、全て翻訳してくれるので日本語だけで簡単です。国内レンタルサーバーのように、レンタルの手続きもワードプレスのインストールも全て不要ですぐに記事を書いてアップすることができます。サーバーの信頼性や回線速度(応答時間:レスポンスタイム)も本家だけあり、国内と同レベルかそれ以上の安定度です。個人的にはおすすめです。国内サーバーは価格が安く高性能です。国内レンタルサーバーならConoHaがおすすめです!

さて、ここまでConoHaサーバーを紹介してきました。ConoHaカードのプリペイド機能が使えるのは、急な契約変更や試しに他のサービスを使いたい場合には便利です。ConoHa VPSもCentOSを最初から用意してあるのは、他社よりも親切で、だれでも仮想サーバーを構築して運用できる点はGMOならではの強みでおすすめのサービスです。

GMOのクラウドサービスも魅力的ですが、使いやすさ・価格の安さから、まだまだレンタルサーバーの需要もありそうです。GMOのレンタルサーバーや仮想サーバーなら安心して使える設備とサポートがそろっていて、大手ならではの安心感が魅力でおすすめです。ぜひ、この機会にConoHaレンタルサーバー(ワードプレス Kusanagi)でブログやホームページを始めてみてはどうでしょうか。最後まで読んでくれて、どうもありがとう。





1件のコメント