【法律業界のAI活用事例を紹介】

 

法律業界とAIについて

現在の少子高齢化や人材不足によって、ベテラン社員に掛かる負担が増えています。そのため、人工知能(AI)などのテクノロジーによって、人をサポートすることも積極的に取り入れていくことが重要になります。法務業界において、契約書のレビューなどの情報を可視化・共有することができる人工知能(AI)によって、法律担当のサポートが可能です。また法律業界では、過去の蓄積データをもとにAIを活用したモデルの作成から、システムへの組み込みを行い業務の効率化を図っています。

マイクロソフトも法務のテクノロジープロジェクト ※によって、法律業界の効率化に取り組んでいます。しかし、マイクロソフトやGoogleが行っているのは、法律業務の効率化ソフトウェアを販売する企業とは違い、それらの組織が大きくなるほどAI活用により「未来予測」や「行動予測」も可能にする取り組みです。マイクロソフトやGoogleは、今後の社会に対して一番インパクトのある、データサイエンスそのものを研究しています。

http://murataumiharu.hatenablog.com/entry/2018/03/11/112713

グラフ1

※マイクロソフトが考える法務業務のAIテクノロジープロジェクト

https://www.businesslawyers.jp/articles/581

 

法律業界の課題

現在の法律業界が抱えている課題は大きく下記の2つが挙げられます。

 

1.契約書リスクの見落とし

2.契約審査時に、担当者個人のスキルと経験に依存してしまう

 

法律業界の契約書リスクの見落とし

法律業界の契約書のレビューは、とても神経を使うため、時には見落としてしまうこともあります。一日の半分の時間を契約書レビューに使用していては、集中するのも困難です。そのため、契約書のリスクを見落としてしまう場合もあります。法律業務におけるリスクコントロールは、最も大切なものとも言えるので、失敗すると損害を被ることになります。そのため、比較的簡単な契約書レビューを短時間で終わらせて、複雑な契約書に時間をかけるなどの対策が必要です。海外では、人工知能(AI)に契約書を判断させることが普及しているため、日本でもより効率的に契約書レビューを行う必要があります。

※参考:東急不動産の法務業務の割合(AI導入前)

https://ai-con-pro.com/case/tokyufudosan

 

 契約審査時に、担当者個人のスキルと経験に依存してしまう

契約審査時には、担当者のスキルと経験に依存してしまうことがあります。そのため、レビュー結果に違いが生じていて、作業時間の予測や結果の内容に違いがあります。法律業務において契約審査業務が属人化することは、専門性の高い社員を抱えることになるので悪い事ではないのですが、担当者によって審査内容に差が出てしまうことは問題です。ここでは、AIなどを活用した、定型的な契約書審査に対し効率の良い審査方法が求められます。

法律業界 × AI活用事例

『AIを活用した法律業務の契約書レビュー支援サービス)』

従来は、事業部門が他社と契約を取り交わす際、契約書の内容チェックを法律業務の人間がすべて目で行い、長い契約書の項目をチェックする作業を繰り返すこともありました。そのため、レビュー業務の負担が大きく、チェック漏れが起こるリスクも少なくありませんでした。

また、レビュー業務に時間がかかるため、他に大切な業務である「新規事業への対応(企業が成長するように法律的な側面からアドバイスすること)」などに時間が使えませんでした。

そのため『AIを活用した契約書レビュー支援サービス』では、法律業界の効率化と更なるコスト削減を目的とした、効率的な契約書レビュー支援を実施しています。

この法律業務の事例では、契約書レビューを人ではなく人工知能(AI)に任せることで、人員の負担軽減と業務の効率化を可能にしています。

法律業界のAIを利用した解決策

ここでの解決策は、法律業界の契約書レビューを人工知能(AI)に分析させることで、法律業務の負担軽減と良質な情報が得られることを目指します。膨大な法務データの処理は、人員では個人により結果の質が異なるため、AIに分析させることで一定レベルの質の情報をアウトプットさせるようにします。

・   これまでに蓄積してきた過去の自社の契約書ひな形・オプション条項・解説書・契約書データベースをAIに学習させる(インプット業務等)。

・  これまで法律業務で確認していた契約書レビュー業務をAIが行い、各書類からのデータ抽出や比較を自動化し、契約書レビュー時間の短縮を目指す。

法律業界でのAIの自動化の効果

ここでの効果は、契約書レビューの分析にAIを活用することで、法律業界の負担軽減と精度の高いアウトプットが得られました。そのため、人員はより必要な業務に取り組むことができ、コストの削減と契約書レビューの効率化に繋がりました。また、人員の疲労も軽減することができ、より魅力ある業務への取り組みが可能なため社員のやる気アップにも繋がります。

・    インプットした過去の契約書や必要書類から必要なデータを自動抽出でき、効率的な契約書のレビューが可能になる。

・ 「新規事業を法律的な側面から積極的に支援する」法律業務への時間ができる。

・  より多くの法律相談業務に時間を使う事ができる。

 

『法務支援クラウドサービス(RICOH Contract Workflow Service)』

従来は、法律相談の問い合わせや登録契約数等が増え、システムの応答時間に問題があり、サーバーに負荷がかかっている状態でした。また、様々な場所に散らばった書類を効率良く集める事ができていませんでした。

また、法律相談と契約書管理のサーバーが独立していたため、データの連携もうまく行かず、契約情報の更新作業も徹底されていなかったため、正確な情報を知る事ができていません。

『法律支援クラウドサービス(RICOH Contract Workflow Service)』は、クラウドにより異なる法律業務の統合と法律業務の効率化を可能にしています。

法律業務でAIを利用した自動化の解決策

法律支援クラウドサービス導入により、異なる法務業務の統合と各データの更新結果の反映により、誰もが最新の更新結果が分かるようにします。また、人工知能(AI)の活用により、審査業務の自動化と、各部署が法務部への問い合わせが必要か否かの判断を自動化し、法律業界の効率化を目指します。

・     契約書の審査業務に必要な情報をAIで整理する(セットアップ)

・     システム(サイト)の快適性・検索精度の向上

・     法律業務(法務部)への相談が必要か否かを人工知能(AI)に判断させる

法律業界でAIを使用した自動化の効果

法律業界における法務部への相談の可否をAIにより最適化することで、必要な時に必要な人物に相談できるようになった。クラウド化により異なる法律業務を連携させたことにより、正確なデータの更新や操作の快適性、利便性が向上しました。また、時間の掛かっていた法律相談の効率化により、人員の疲労を軽減することができ、コストの削減と法務の効率化(新規業務対応など)にも繋がりました。

・  この法律業務の事例では、法務部への相談の可否を人工知能(AI)に判断させることで、効率的な判断ができるようになった。

・  相談部門と契約書管理のサイト連携により利便性が向上した。

・  クラウドで複数のサイトを管理することにより、データ容量の確保と検索時の必要なデータの正確性も向上した。

 

法律業界のAI活用事例まとめ

ここでは、法律業界へのAI活用事例について取り上げてきました。契約書レビューや法律相談の仕事を効率化することにより、「新規顧客の法律的な側面から成長を促す業務」により多くの時間を使う事ができるようになっています。

特に法律業務では、どの人物に相談して良いか、そもそも法務部に相談すべきものなのかの判断に迷う事が課題になっていました。しかし、これらの人工知能(AI)により、必要なレビュー結果や情報を表示してくれるので、定型的な部分については法務部へ相談しなくても法律業務が進められるようになりました。

もう少し大きな側面から見ると、先ほど紹介したマイクロソフトやGoogleのような例では、「未来予測」や「行動予測」までをも人工知能(AI)で行うことを目標にしています。これは、まさにここでいう「新規顧客が成長するための法律的な側面からの支援」という法律の専門家が導き出す答えを、AIが教えてくれるということです。そして、この法律業界のAI活用事例を見ても、今後、データサイエンス(映像・音声・テキストなどのビッグデータ)がどれだけ社会生活にとって大切なのかが分かりました。

ここで紹介した事例は、その前段階である契約書レビューや法律業界の効率化についてですが、いつか人工知能(AI)が専門家の代わりをする自動化の時代が来るのではと想像しています。今後は、日本でも海外のようにAIを利用した、法律業務支援が増えると予想されています。

 

参考URL:

 【国内リーガルテック企業】

https://ai-con-pro.com/case/tokyufudosan

【国内エレクトロニクス企業】

https://www.ricoh.co.jp/service/cws

【海外リーガルテック企業】

https://www.rossintelligence.com

AI(人工知能)×アクセンチュア

【メディア記事】

https://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1810/26/news036.html

https://www.corporate-legal.jp/news/3244

2件のコメント

  1. […] これまでの、四半世紀(25年間)のインターネット時代は2020年に終わりました。そして、2021年からは、DXやIoT、AI・ブロックチェーンなどの新しいコンピューター時代が始まるので、誰もがコンピューター初学者と言っても過言ではありません。 […]

  2. […] 先生:経済産業省の言うように、意識改革は重要だと思います。以前セミナーの数百人規模の開場で、今後AIを導入したいかと聞いたら、導入したいという企業は10社くらいでした。そこには、やる気はあまり感じられませんでした。DXもこのAIのような同じ匂いを感じています。一方で、AIに関して言えば、エネルギー業界・水産業界・法務業界などでの活用が始まっています。時代はデジタルトランスフォーメーション(DX)だけど、レガシーシステムがあるから、システムの置き換えで終わってしまうかもしれないと考えています。そして、このシステムの置き換えだけで、DX銘柄の認定してしまう可能性があります。 […]