Tokyo Web Writer

東京と地方の地域で法人向けインターネット回線の違いはあるのか

広告


ここでは、東京と地方の地域で法人向けインターネット回線の違いを説明していきます。法人向けインターネット回線は、一般回線よりも安定性に優れ24時間365日サポートに対応可能です。学校・企業・または一般の家庭などほぼ全国で提供されています。東京と地方の地域を繋ぐ技術的な仕組みについても簡単に解説します。基本的には、東京でも地方でも性能に違いはなく、速度や安定性も変わりません。しかし、東京ほど法人向けインターネットの利点があるという話も解説します。



東京の法人向けインターネット回線の特徴


東京の法人向けインターネット回線の特徴は、とにかく規模が大きいことです。それは西日本よりも遥かに大きいネットワークが形成されています。個人事業主や学校、中小企業タイプの法人向けインターネット回線については、それほどプランや性能についての違いはありません。しかし、大規模タイプの回線の場合はかなり違います。

地方(西日本地域)では、東日本と繋ぐ事が前提となるため、広域イーサネットなどの技術を使ってシームレスに東日本やその他都道府県と繋ぐ必要あります。都会(東京)なら、西日本に支店を持たない会社もたくさんあるはずだからです(都市の規模から見ると)。

東京でも地方都市の場合でも、大都市は携帯電話の電波やインターネットが繋がりやすく高速です。それは、携帯基地局や回線数も多いので通信量も余裕をもって作られているからです。都心に住む人なら分かると思いますが、まずスマートフォンで電波が途切れたり、インターネットが機器故障以外で止まる事はあまりありません。

それだけ東京は、バックアップ回線やバックボーンのサーバーが充実しているからです。また都会では、ライバル会社の競争が激しいので、価格競争も盛んで、ユーザーは自分の好みに応じたプランを選ぶ事ができるのが特徴です。他には、都会の方がサポート体勢も充実しています。電話サポートなどは繋がりにくいこともありますが、最近は自動Botが対応してくれるので無人でのやり取りもできます。このように、法人向けインターネットは、東京の地域でメリットがあります。



地方の地域の法人向けインターネット回線の特徴


地方の地域での

法人向けインターネット回線では、日本全国でのシームレスな通信が可能なビジネスイーサネットワイドというサービスがあります。これは、西日本から東日本へのアクセスも、専用のイーサーネット回線を用いて通信することができるというものです。

これによって、例えば西日本地域と東日本との相互接続ができ、日本全国の拠点でシームレスな通信が可能になります。イーサネットワイドとは、広域イーサネットともいわれます。通常のイーサネットは、会社で言えば営業部と総務部を繋いだりする役割ですが、広域イーサネットは各店舗ごとをイーサネットで接続することからこの名前がついています。

本社を法人向けインターネット回線で繋ぐことで、その配下にある各支店もオフィスの他部署のようにネットワークで繋ぐことができます。この広域イーサネットワークは、大規模ネットワーク向きの技術です。個人事業主や学校、中小企業については、西日本の通信キャリアサービスから東日本と同じサービスが提供されているので、東京と地方での違いは特にないと言えます。

先ほどの大規模向けインターネット回線で言えば、東京がやはり日本の中心になるので、そこへのアクセスを通じて全国へ通信する設備が整っています。そのため、料金的には少し違う可能性(地方の方が高い)がありますのでご注意下さい。詳しくは、NTT西日本エリアの公式ホームページなどをご覧ください。

そこで役に立つのが、クラウド技術や先ほども説明した広域イーサネットなどの技術です。これらの技術によって、東京でも地方でも同じ環境で仕事ができるので、カフェであろうと会社で借りた山小屋でも仕事をすることができます。つまり都心の会社を丸ごと地方に移転することも可能なわけです。




テレワークで地方の地域の法人向けインターネット回線の利用が増える理由


最近では、地方での地域のテレワークをする機会も増えたので、東京の会社に就職してUターンで地方の地元でテレワークをする機会も増えています。また、東京の大手企業が福島県の会津若松市に機能の一部を移転したり(または全部)、まるで筑波の研究施設や学園都市のように変わりつつあるニュースも目にします。よって、法人向けインターネットの理由も増えています。

このように、東京から全国の地域に人や企業が移動することにより、地方でのテレワーク利用が増えました。本社オンラインにアクセスするには、指紋認証や静脈認証、顔認証などの装置を用います。また、テレワークシステムでは専用のカメラやマイクを使用してZoom会議などをおこないます。これらのシステムを使用するには、安定して高速なインターネット回線は不可欠で、法人向けインターネット回線は必須です。

地方の会社でも、今後は東京との連絡や通信の機会が増えるので、法人向けインターネットの導入や乗り換えも検討する必要があります。一般向けよりも価格は高額ですが(固定IPの場合は更に割高になります)、投資としてネットワークに投資するのは間違いでないはずです。企業や学校やSOHOは、固定IPを使用することが多くなっています。

現在は、個人でも家にいる時間が長く、それは知識や技術を蓄える時期とも言われています。会社も同じで、今までできなかったインフラを整備したりと体制を整える時期でもあります。また、データの整理や分析もその一つです。そこで、この時期に各種IT機器やインターネット回線やスマートフォンなどの無線通信を充実させる動きが活発になっています。



まとめ

https://www.softbank.jp/biz/nw

さて、この記事では都心と地方の法人向けインターネット回線の違いについて説明しました。結論は、大規模タイプ以外は基本的に同じで、細かなオプションやサービスは各キャリアによって異なります。

大規模タイプでは、ソフトバンクが安定かつ高品質なサービスを展開しています。自社で基地局やケーブルを持たないソフトバンクですが、AIやクラウドの技術を活かして、NTTに対抗しているのが分かりました。携帯通信の分野もソフトバンクは勢力を伸ばしているので、この先も注目です東京や地方の地域、学校でも法人向けインターネットはおすすめです。



ワードプレス(WORDPRESS)でブログをはじめよう!

ツールバーへスキップ