ガスクロマトグラフィー とは ? / What is Gas Chromatography?

ガスクロマトグラフィー ガスクロマトグラフィーとは ガスクロマトグラフィー ガス クロマト グラフィー ガス クロマト グラフィー

 

 

 

 

Contents

1. ガスクロマトグラフィー とは ?

2. CEM-システム(ベーパー制御による液体供給システム)

3. 使用例  / まとめ

 

 

1. ガスクロマトグラフィー とは ?その特徴を解説

ガスクロマトグラフィー
ガスクロマトグラフィー

クロマトグラフィーとは、ロシアの植物学者が発見した、物質を分離・精製する技法です。クロマトグラフィーは、固定相と呼ばれる物質の表面あるいは内部を、移動相と呼ばれる物質が通過する過程の差の大きさを利用して、気体または液体を計測する機器です。

 

固定相 移動相
物質 液体・個体 気体・液体
クロマトグラフィー
LC (liquid chromatography) 
SC (solid chromatography) 
GC (Gas chromatography) ※2
LC (liquid chromatography) ※1
固定相による分類 液相(気-液クロマトグラフィー)
吸着剤(気-個クロマトグラフィー)

 

 

2. CEM-システム(ベーパー制御による液体供給システム ガスクロマトグラフィー とは )

先ほど紹介した、ガスクロマトグラフィーと液体クロマトグラフィー、そして気化器を加えたものが、CEM(Controlled Evaporation and Mixing)です。これは簡単に説明すると、液体と気体を混ぜ合わせて、気化器で蒸発させ蒸気を生成します。

化学蒸着 ※3(CVD :Chemical Vapour Deposition)とは一種のケミカルプロセスで、高純度・高パフォーマンスの固体マテリアルを製造する技術です。

例:半導体工業

・LEDの薄膜生産
・トランジスターDRAMの生産

にも利用されています。

 

 

3. 使用例 / まとめ ( ガスクロマトグラフィー とは )

ガス クロマト グラフィー
ガス クロマト グラフィー

 

これまで、 ガスクロマトグラフィー と液体クロマトグラフィーについて、そしてそれらと気化器を組み合わせた、CEM(液体供給システム)について簡単に説明してきました。CEMシステムの活用例は以下のようなものです。

  • CVD等
  • 各種分析計のテスト/キャリブレーション用リファレンスガス発生用
  • 毒ガス防護服の効果検査等
  • 分析計(湿度計)用H2Oベーパー濃度リファレンス発生用
  • 燃料電池の加湿
  • 麻酔システム

また、これらの機器を製造しているメーカーはマスフローメータマスフローコントローラといった空気流入量を計測する機器なども製造しています。これらは、宇宙開発、自動車開発、半導体開発など様々な所で使用され、GC、LCなどと一緒に活用されます。

 ガスクロマトグラフィー を使用する分野と測定できる成分は以下のようなものがあります。

主に、ガソリンなどの石油製品のガスクロマトグラフ計測が有名です。

製薬・医薬・メタボロミクス

低分子医薬品、原薬、アミノ酸、薬物代謝物、オリゴ糖、脂質、脂肪酸、等。

食品・飲料

糖類、ビタミン、抗生物質、かび臭、香料、香気成分、異臭、動物用医薬品、残留農薬、食品添加物(着色料、染料、人工甘味料、保存料など)、香辛料、脂肪酸、食品包装、等。

環境

ゴルフ場農薬、医薬品およびパーソナルケア製品(PPCP)、植物代謝物、天然物、ダイオキシン、有機リン系農薬、有機塩素系農薬、等。

化学、工業、石油化学

 

レギュラーガソリン、ハイオクガソリン、ジェット燃料、石油、灯油、等。

 

参考: URL

※1

※2

※3 蒸着とは

1

2

3

1件のコメント