AIとは ( Artificial Intelligence / IBM Watson を紹介)

ここでは、 AI や IBM Watson について紹介します。

 

✅ AIとは 何かがわかる

✅ AI IBM Watson とは何かがわかる

Contents

AI とは

IBM Watson とは?

AI とは まとめ

 

AIとは

aiとは
aiとは

AI の 定義 とは 、

①人間の知能そのものをもつ機械を作ろうとする立場

②人間が知能を使ってすることを機械にさせようとする立場

EVの自動運転工場や倉庫の自動化 、流通の自動化などは②の立場に立っています。

この 人工知能 (AI )を使って何ができること。

① 推論 :「知識をもとに,新しい結論を得ること」

AI のチェスや様々なロボット

② 学習 :「 情報 から 将来使えそうな 知識 を見つけること」

ネットショッピングで AI がオススメの商品を表示する。お客さんの買い物情報から特徴を見つけて、売れるような表示や陳列にする。

https://www.ai-gakkai.or.jp/whatsai/AIwhats.html

 

AI IBM Watson とは

ibm watson ai
ibm watson ai

IBM Watson とはビジネスで活用するための AI です。Watson には以下のような種類があります。

照会応答系:アプリケーションに自然言語インターフェースを追加して、エンドユーザーとのやり取りを自動化

知識探索系:大量の自然言語データから、回答やトレンドを導き出す

画像系:画像コンテンツに含まれる意味を抽出

音声系:音声をテキストに、テキストを音声に変換

言語系:自然言語テキストの分類や他言語への翻訳

心理系:自然言語テキストから筆者の正確を推定、または感情、社交性、文体などを解析

データ分析系/ AI ライフサイクル管理系:機械学習や深層学習向けのデータ準備、モデル作成、学習、実行のための環境

 

AI とは まとめ

ibm watson ai
ibm watson ai

今回は、人工知能( AI )について紹介してきました。https://www.ibm.com/think/jp-ja/business/ というIBMのサイトには、 AI の様々な取り組みが紹介されているので、 AI の今を知りたい人にはオススメです。

このサイトを読むと、 AI を学ぶには、教養や宗教などの思想的な部分も関わってくると分かります。それは、これからの生活のトレンドが物質的なものから、「人々が幸せになるサービス」へと変わっていくためです。 AI は人間を支配するものではなく、人間が使いこなすものなので、やはり人間がどう利用するかが大切になってくるということになります。

この、記事は AI の初心者向けの記事ですが、より AI について知りたい人は、ここで紹介した IBM の記事を参考に勉強してみるのもいいと思います。

 

参考:URL

https://www.ibm.com/watson/stories/bradesco

https://www.ibm.com/watson/products-services

https://www.ibm.com/blogs/internet-of-things/what-is-the-iot/

10件のコメント

  1. […] この新世代 EV 日産 アリアは、CES2020 で登場したソニー のコンセプト EV「ソニー VISION-S」を思い起こさせるクルマです。ソニー VISION-Sは、AIや5Gを活用した、将来の自動運転を見据えた安全や快適、エンターテイメント・アダプタビリティの進化が集約された移動空間と謳っていました。これに近いコンセプトを持つ日産アリアは、より現実的なEVとして私たちの前に登場します。 […]

  2. […] 5Gにより、よりリアルなVR・AR体験や、従来のクルマやEVとクラウドを接続して自動運転を可能にし、工場内の機器や倉庫の自動化などが可能になります。5G技術は、インターネットと家電などのモノを繋ぐIoTにも不可欠な存在で、ブロックチェーンやクラウド、AIなどともネットワークで繋がっていきます。 […]

  3. […] 従来の単体サーバーと違い、クラウドやコンテナを使用すると、開発のスピードアップや、障害時の自動復旧など多くのメリットがあります。このように、クラウドプラットフォームとオープン性のあるコンテナ、AIを活用することにより、さらにDXを加速することができます。 […]

  4. […] 漁獲規制をすることによって水産資源を保護し、将来的な漁獲量の確保を目的にしています。また、近年の漁業・水産業界では、人材不足や業務の効率化のために設備の新設やAIを使った画像解析等により、効率よく漁業が行える取り組みが行われています。 […]

  5. […] 機械学習とは、コンピューターに読み込ませた大量のデータからパターン化されたものを学習させることで、分析結果を抽出するアルゴリズム(データ解析のルール)です。機械学習の位置づけとしては、人工知能(AI)の一部として考えられています。現在この技術は、自動車やロボットなどの自動運転や金融(フィンテック)、医療分野などに活用されています。 […]

  6. […] 2020年12月3日に開催されたウェビナー「デジタルトランスフォーメーション(DX)の定義 経産省担当者、東大准教授に聞く!そもそもDXとは?」において、経産省のデジタルトランスフォーメーション推進施策担当者の石田紗子様と人工知能(AI)技術の社会応用等を専門とする東大准教授、鳥海不二夫先生が「DXとは?あるいはその推進の意義は?政府の政策は?」をテーマに講演しました。 […]

  7. […] 現在の少子高齢化や人材不足によって、ベテラン社員に掛かる負担が増えています。そのため、人工知能(AI)などのテクノロジーによって、人をサポートすることも積極的に取り入れていくことが重要になります。法務業界において、契約書のレビューなどの情報を可視化・共有することができる人工知能(AI)によって、法律担当のサポートが可能です。また法律業界では、過去の蓄積データをもとにAIを活用したモデルの作成から、システムへの組み込みを行い業務の効率化を図っています。 […]