センサーソリューション RFIDタグとは

Susanne PlankによるPixabayからの画像

目次

RFIDタグとは

RFIDタグ導入事例(凸版印刷株式会社)

まとめ

RFIDタグとは

RFID(Radio Frequency IDentification)とは、RFIDタグを使った無線通信による自動識別を行うシステムのことを言います。RFIDタグには人や製品の情報が記憶され、無線通信によって、それらのデータは削除・更新・登録・読み出しが可能です。

日本では電車に乗ったり、コンビニなどで買い物ができるSuicaPasmoがあります。現在では、さらに発展してRFIDタグや各種センサーから収取したデータをセンサープラットフォーム(クラウド)で管理して、業務や業務サービスに活用する取り組みが広がっています。

UHF帯域を使ったRFIDタグなら、長距離読み取り(2~3m)が可能なため、従来のように一つ一つのバーコードを読み取る必要がなく、複数のRFIDタグを一括で読み取ることができます。これにより、作業員の負担を減らすことができます。

RFIDタグ導入事例

ここでは、企業のRFID導入事例について説明していきます。

倉庫内金属パレット管理システム・・・RFIDタグを用いて、金属パレットを一括管理します。

物流向け運搬容器管理システム・・・防水仕様のRFIDタグを使用して、運搬容器を管理します。

原材料管理システム・・・原材料の使用量を把握したり、製品の不具合時トレーサビリティを実現します。

保管文書管理システム・・・近年の法規制により、企業の長期間の文書保管が必要になりました。これをRFIDタグを使って運送会社の倉庫に保管・管理します。

まとめ

RFIDタグは防水耐圧耐熱などの様々な用途に対応できる汎用性を備えています。以前のバーコードシールのような特殊なRFIDタグの開発も可能になっていて、企業の用途に合わせて利用することができます。

RFIDタグの読み取り装置もハンディタイプ、店舗などの据え置き型、工場内を移動するスタンドタイプなど様々な形態が用意されています。それらの読み取り装置でデータを集めて、クラウドで管理することができます。

特徴としては、RFIDタグは従来のように商品情報だけでなく人の情報も記憶できるため、より細かなデータ分析が可能になります。そこが従来のバーコードとICタグの違いになります。具体例ではパソコンの持ち出し管理などにも利用できます。

導入事例で紹介した凸版印刷は、その印刷技術を活かしたRFIDタグ(ICタグ)を開発しています。そして、RFIDソリューションを提供している富士通の場合は、クラウドによるRFIDデータベースから業務アプリ、RFID制御ソフトウェアまでを開発しています。このRFIDプラットフォームは医療から製造、運送など様々な業種に取り入れられています。

病院では、待合室にある待ち時間管理を表示するディスプレイなどがよく知られています。病院や工場などでこのようなRFIDソリューションを導入するのは、その効率化による作業時間の短縮と導入コストの削減が目的です。

また、クラウドのRFIDデータベースを取引先と共有することにより、同一のデータにアクセスすることができます。そのため、誰もが商品が今どのような状態にあるのかを瞬時に把握することができます。これにより、将来予測やトラブル時に商品をトレースすることが容易になり、トラブル防止にも役立ちます。

同じような例では、ブロックチェーンを使ったサプライチェーンもこのような商品の追跡を可能にしています。こちらは、スーパーマーケットでの商品の流れを把握する取り組みなどが知られています。

UHF帯域を使ったRFIDタグなら、読み取りが従来の180秒から10秒で完了します。RFIDソリューションを導入するときは、そのような負荷の削減と導入コストの削減などの効果を知ることが大切になります。そのため、試験的に運用してから本格導入することになります。

参考URL:

https://www.fujitsu.com/jp/group/frontech/solutions/business-technology/intelligent-society/rfid/index.html

https://www.toppan.co.jp/solution/service/rfid/case01.html

1件のコメント

  1. […] IoT(Internet of Things-モノのインターネット)という用語は、RFID(Radio Frequency Identification)の開発に取り組んでいる、イギリスのテクノロジー技術者のケビン・アシュトン氏による造語です。 […]

コメントを残す