ツールバーへスキップ

暗号通貨BATとは?



Table of Contents(目次)

What is BAT?(Basic attention token) (仮想通貨BATとは?)

Brave Browser + BAT = New Trading Style (Braveブラウザ + BAT=新しい取引の形)

Here are some recommended cryptocurrency stores (ビットフライヤーでBATが買えるようになりました)

Summary (まとめ)

What is BAT(Basic Attention Token)

(仮想通貨BATとは?)

ベーシックアテンショントークンBATとは、出版社、広告主、ユーザーが取引で利用できる新しい種類のトークンです。BATを使うとページのデジタル広告を効率的に扱うことができます。BATの取引はすべてEthereum(イーサリアム)ブロックチェーン上で行われます。

BATはこれらの人々にメリットがあります。

✔出版社

✔広告主

✔ユーザー

Brave Browser + BAT = New Trading Style(Braveブラウザ + BAT = 新しい取引の形)

Braveは高速なオープンソースを活用した新しいブラウザーです。より、プライバシーに配慮した設計で、Brave Shields機能(図1)を使う事でウェブ上の広告を一切なくすことも可能です。

試しに私のブログで試してみたら、広告は一切表示されませんでした(図2)。画像にある6アイテムのブロックとは広告と私のブログの画像ではないかと思います。

図1
図2

Braveブラウザを使用すると、特定のサイト、出版社などを応援することができます。例えば、Braveブラウザを使用しているクリエイターのホームページを参照すると自動的にBATが溜まっていく仕組みです。

また、だれでもそのサイトにBATを寄付することができます。これによって、パブリッシャーやユーザーの収益が上がることによってBATを戻すことも考えられます。詳しい仕組みはオフィシャルサイトをご覧ください。



Here are some Recommended Cryptocurrency Stores(ビットフライヤーでBATが買えるようになりました)

2020年4/9からビットフライヤーで暗号通貨BATの発売が開始されました。発売開始時は17円台でしたが、その後も上がり続け21円に迫る勢いでした(約+15%)。現在は19円前後を推移しています。

今の時期は上げ下げが激しいので、投資対象としてはおすすめできませんが、価格的にもRipple(XRP)と似たものになっています。しかし、暗号通貨としてはかなり性質は異なると思いました。もし、日本の暗号通貨販売所でBATの取引をするなら、ビットフライヤーには注目ですね。

Summary(まとめ)

さて、ここまでBATの説明とその販売所について説明してきました。出版社や広告主、ユーザーをターゲットにした暗号通貨という試みは面白いと思いました。イーサリアムをベースとしているのも安心感を与えてくれます。現段階ではまだその使い道が定まっていないため、思うようにユーザーがBATを得られるのか疑問なところもあります。それでも、一度ブラウザを使ってみると分かりますが、ウェブページに一切広告が表示されないというのは新鮮な体験です。ぜひ一度Braveブラウザーを使ってみることをおすすめします。パフォーマンスはGoogle chromeには及びませんが、出版関係や広告主、ライター、ユーザーなどにどのように受け入れられるのか注目していきたいと思います。暗号資産の価値としては大幅に上昇する類の通貨とは思えません。その性質はブリッジ通貨であるリップル(Ripple)に似いていると感じました。最後まで読んでくれて、どうもありがとう。

参考URL:



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。