Tue. May 24th, 2022

Month: April 2020

無給油ブッシュ 寿命 / 無給油ブッシュ 樹脂 イグリデュール( iglidur® )とは( 特徴 と 寿命 )

無給油ブッシュ 使用例         イグリデュール ( iglidur® ) ブッシュ の 特徴 は、完全な 無給油 、無潤滑で使用でき、 メンテナンス の手間を減らすと共に、機械の 寿命 を伸ばす事でコスト削減に貢献します。 無給油 ブッシュは、従来の ベアリング に代わり、様々な機械製品に使用されます。この記事では、株式会社 イグス ( igus )の 高性能樹脂 イグリデュール ( iglidur® )を紹介します。  …

ソフトバンクエアー 遅い / SoftBank Airの速度が遅い理由を解説します!

softbank air ipアドレス       この記事では、 ソフトバンクAir 速度の遅さについて説明します!     Contents 1. ソフトバンクAir って何? 2. ソフトバンクAir の速度が遅くなる理由 3. うまく使えばとても便利な ソフトバンクAir 4. まとめ     1. SoftBank Air 遅い ソフトバンクAir って何? ソフトバンクAir…

トヨタ ハリアー 2020 年の 自動車 トレンド ( 新型ハリアー の話題も)

トヨタ ハリアー     1. 2020年の自動車トレンド(そして新しい ハリアー) 2. モーターとマイルドハイブリッド 3. まとめ       1. 2020年の自動車トレンド(そして新しい ハリアー) 現在のクルマの流行はSUVです。セダンやコンパクトカーでさえも背が高いクルマを製造しています。 雑誌『Autocar』はフォードフィエスタSTをドライブして『乗り心地は地面と切り離されていて、現代風だ』と書いていました。おおむねこんな書き方をしていました。このような現代風の乗り心地は、昔からのクルマ好きは落ち着かない。クルマを運転してる感覚に乏しいのです。 しかし、現代のクルマの動力性能とハンドリングは大幅に進化しています。そこは現代のクルマの良い点です。具体的には、どんなコーナリングでも一度ステアリングを切り込むと、そこで終始安定してほぼステアの切り増しが必要ありません。そのため、アクセルとブレーキの加減速に神経を集中することができるので、速く走ろうと思えばいくらでも速く走れます。しかも、最新のDCT(ツインクラッチ)なら自動的により速い変速を行ってくれるので、普通のクルマでは敵いません。そして、コーナーをうまく曲がるのも、滑りそうになった時に最適なトラクションを自動的に配分するのもすべてコンピューターが行ってくれます。 そのため、確かにクルマは楽しいのですが、ジャーナリストもユーザーも楽しみを見つけるのに苦労しているように見えます。そんな時代なので、快適で便利なSUVが流行するのもうなずけます。最近のSUVはもちろん現代のクルマなので、背が少し高いだけでエンジンとハンドリングは他のクルマと同じでレベルが高いです。これでは、クルマの差別化はスタイルと内装くらいしかなくなってしまいます。しかし、それが現状だと思います。だから、本当のクルマ好きはみんな、昔のクルマを運転しています。   2. モーター と マイルドハイブリッド ( トヨタ ハリアー ) 技術面でのトレンドは日本ではハイブリッド技術で、欧州ではマイルドハイブリッドです。ハイブリッドはモーターが主役にもなる役割を果たしますが、マイルドハイブリッドはエンジンが主役の働きをします。 例を挙げれば、レクサスとアウディなどがあります。レクサスはハイブリッドと高効率のガソリンエンジンを搭載して燃費と走りを高めています。アウディは高効率のガソリンエンジン/ディーゼルエンジンを補助的なモーターで補っています。トータルのスペックではレクサスに軍配が上がりますが、パワーや走りはアウディ(クワトロ)の方がいいです。これは単純な話で、ガソリンエンジンとクワトロのダイレクトな走り、そしてパワーがレクサスよりも優れているからです。…

Writing Sentences(ものを書くということ)

最近はライターの仕事で収入を得ているので、毎日書いている時間が多い。前に自分でライター初心者のブログを書いて、「書くことなど努力も気合もいらない」みたいなことを書いていたんだけど、最近はどうもそのようになっていなかった。今、すぐに書けない理由は「うまく書いてやろう」とか「もっとすごい文章を書いてやろう」とか「楽しんで書けるだろうか?」なんてことを考えているからだ。よく考えてみればこれは「仕事」ではなくて「趣味」だ。仕事であれば朝予定を決めて、淡々と書けばいいはずなのだから。どこかで、仕事の「やりがい」とか「楽しさ」を求めてしまっている自分がいたようだ。 私の場合の「やりがい」なんていうものは、ビールを飲んでテンションが上がりすぎるのと似たようなものだから、よく考えたらそんな「やりがい」なんてないほうがいいはずなのだ。反対にそのような趣味のような「うまくやりたい」「もっとすごい文章を書きたい」「もっと楽しみたい」と思っているほど、気合や努力のようなものが必要になっていつまでも書き始めることができない。確かにすらすらと書けるときはそんなに気合などいれていないはずだった。そのことに最近になって気づいた。 小説を書いていた時は、自分で公園や美術館や植物園に散歩に行って、そこで感じたことを家で思い出して、頭のなかで映像を順番に思い出して、書いていけばいいだけだった。あとは、適当な登場人物を作り出して、会話のシーンを間に入れたりする。ただ、私はどちらかというと会話のシーンよりも、風景のシーンや登場人物の独白や三人称でその登場人物の内面を書くのが好きだった。現実でも会話はあまり得意ではないし、それほど積極的に会話をしようと思わないので、小説でもそのパターンになる。 私が今やっている仕事は、コンピューターやスマートフォンの文章を書くことなので会話のシーンは不要だ。だけど、私の原稿を受け取ったクライアントはその内容を元に、二人の登場人物が会話をするシーンを作って原稿を完成させている。私はとことんマニアックな技術情報と自分の考察は書けるけれど、そういう二人の登場人物の気軽な会話を書くことができない。それを知って、クライアントが「あなたの書きたいように書いていいですよ」と言ってくれていたが、実は彼にかなりの迷惑をかけていたのだと知った。彼からの完了の報告がいつも遅い理由もそこで分かった。私の方がはるかに難しい内容の文章を書いているんだという自負があったのだけれど、実際に大変なのはそれを編集する彼だったのかもしれない。完全に一人で作業するフリーランス・ライターであっても本当に一人で仕事をしているわけではないと気付いた。今はまだフリーランスを初めて8カ月目だ。 それを少しでも解消するためには、今書いているように、何も考えずに気軽にスラスラと、そして淡々と文章を書き進めることだと思った。その方が自然だし、カッコつけた文章にもならないのだから。このような思い込みは日常の至ることろにある。自分では正しいと思っていても、他人から見るととんだ的外れな言動だったりすわけだ。 思うように書けないという不安も今はどうやら消えたようだ。今月は仕事がもらえるかまだ分からないけれど、とりあえず文章ならいくらでも書けそうな気がしてきた。やはり文章を書くために「努力」も「気合」もどちらも必要のないものだった。

フランスの文化とは? What is French Culture? ( ルーブル美術館)

フランス 文化 フランス パリ フランス ルーブル美術館     この記事を通して、フランスの文化について考えてみます。   目次 1. フランスの文化とは ? 2. 伝染病との戦いが続いたヨーロッパとパリ 3. まとめ ( 重要な文化圏としての フランス パリ )       1. フランスの文化とは ? ( フランス…

コロナウィルス騒動による日本人と外国人の思想の違い(Difference of Thought Between Japanese and Freigners.)

コロナウイルス 日本 緊急事態宣言 コロナウイルス 海外     目次 1. コロナウィルス 騒動による日本人と外国人の思想の違い 2. コロナウイルスの各国の対応 3. 日本の緊急事態宣言の遅さについて ( コロナウイルス 日本 緊急事態宣言 )       1. コロナウィルス 騒動による日本人と外国人の思想の違い 人は長く生きることが大切なのではなく、生きているうちに自分の思い通りにするために生きているのだと思う。日本ではみんな老後は国が面倒を見てくれると思っている。日本の年金制度は破綻寸前だけれど、人々はもしかして将来は年金で生活ができるかもしれないと思っている人も大勢いるだろう。むしろ、日本の人々はそれが当たり前だと思っている。だからこそ、それが将来実現しそうもないニュースが流れるとみんなは批判する。現実的には、年金は受け取れないと考えていた方が現実的だし、対策も立てやすいだろう。     2.…

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com