広告
ツールバーへスキップ

What is Coronavirus? (Possibility of Further Spread of Infection Through Cancer Patients)

coronavirus-4833754_1280Table of Contents

1.What is Coronavirus?

2.High infection risk

3.Current situation in Japan

4.Summary

1.What is Coronavirus?

コロナウイルスは、ほ乳類や鳥類に病気を引き起こすウイルスのうちの一つで、人では風邪や肺炎などを引き起こします。稀なタイプのコロナウイルスである、SARSコロナウイルス、MERSコロナウイルス、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)のようなウイルスは死をもたらす。

2.High infection risk



がん患者は、化学療法や手術によって免疫抑制状態にあるので、新型コロナウイルスの発症リスクが高く予後不良な可能性があると言われている。中国の※1 研究結果によると、1,590例中、18%(1%)にがんの既往があり、中国におけるがん発症率(0.29%)よりも高かったという。非がん患者と比べて年齢が高く(63.1% vs 48.7%)、喫煙率が高い(22% vs 7%)可能性があり、CT所見が悪い例が多かったという。重要な点として、非がん患者と比べて死亡などのリスクが高く(39%vs8%)、医師の評価も同様の結果であった(50% vs 16%)。

※1 https://oncology.jp/posts/16964

3.Current situation in Japan

日本では最近、クルーズ船下船者でウイルス検査を行っていない事実が発覚し対応を急いでいる。国立がんセンター病院は、できるだけ患者との面会を避けるように注意喚起をし、面会する場合は厳しいチェックを行うと発表している。また、患者もしばらくの間は、外出することができないようだ。なんとか、早くこのウイルスが去ってくれることを祈るしかない。銀座の街は人が減ってしまったとの報道も見た。実際に外出を控える人が多いのだろう。企業もテレワークを推奨し、実際にその方向に動いている。東京は、2020年夏の東京オリンピックのために都市部の混雑を回避するつもりで、過去のロンドンオリンピックのようにテレワークを進めるつもりでいた。しかし、この新型コロナウイルスの騒ぎでそれが早まっているように見える。この流れは今後さらに加速しそうだ。感染を防ぐには、帰宅時には必ず、うがいと手洗いをすることである。感染リスクの高い場所で消毒液をたくさん使うよりも、はるかに効果の高い予防法にも個人的には思える。

4.Summary

ここまで、新型コロナウイルスについて書いてきた。実際に今も新型コロナウイルスの猛威は現在進行形で進んでいる状態で、私から何か言うことも特にない。今回の記事は、がん患者の高い感染リスクについて紹介した。詳しくはリンク先の記事を読んで欲しい。そこに、詳しく説明されている。この記事が、何か少しでも人の役に立ってくれればと思っている。最後まで、読んでくれてありがとう。



参考URL:

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A%E3%82%A6%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%B9

https://oncology.jp/posts/16964

広告

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。