広告
ツールバーへスキップ

おすすめのレンタルサーバーならConoHa by GMO(Introducing ConoHa by GMO)

この記事の概要は?

  • レンタルサーバーとは何か分かる。
  • GMOという会社のことがかんたんに分かる。
  • ConoHaを使うとワードプレスでブログができると分かる
  • ConoHaレンタルサーバーは三種類ある。
  • ブログサイトをWordPressで作るならConoHaがいちばん。

目次

GMOとは?

ConoHaレンタルサーバーとは?

WordPressでブログをやるならConoHa WINGレンタルサーバーがおすすめ!

世界最速級WordPress ConoHaでブログをやるならConoHa VPSレンタルサーバーがおすすめ!

Windows環境で開発したい人はConoHa for Windows Serverレンタルサーバーがおすすめ!

まとめ

GMOとは?

Andrian ValeanuによるPixabayからの画像

GMO Internet Groupは、「すべての人にインターネット」を合い言葉に、インターネットインフラ事業、インターネット広告・メディア事業、インターネット金融事業、仮想通貨事業、その他・オンラインゲーム、モバイルゲーム事業などを行う総合インターネット関連事業を行う東証一部上場企業です。

GMOは、ドメイン名登録事業、レンタルサーバー事業においては国内大手です。GMOの前身はダイヤルQ2回線を使った通信事業で、その後インターネット事業へと転身しました。GMOは、サーバー事業のIaaSでの受賞歴があり、ゲーム開発会社に採用されています。また、Z.comという世界でも数個しかない1文字ドメインを所有し、海外サーバー事業ブランドとして「Z.com」を展開。ブランドアンバサダーにはサッカーの香川真司選手を起用しています。

ConoHaレンタルサーバーとは?

Elias Sch.によるPixabayからの画像

ConoHa by MGOは、高速、高性能でありながら、簡単・リーズナブルに使えるレンタルサーバー・サービスです。ConoHaは個人からビジネスまで幅広く利用されています。

採用事例としては、鈴与グループ(Suzuyo)の名刺管理サービスとテレビ会議サービスのクラウドインフラストラクチャとしてConoHaが採用されました。サーバー事業も展開する鈴与グループの採用は、ConoHa by MGOの信頼性の高さを証明しています。また、すべてのサービスで使えるKonoHaプリペイドカードも用意しています。

WordPressでブログをやるならConoHa WINGレンタルサーバーがおすすめ!

ConoHa WINGはもっとも一般的なレンタルサーバーと言えます。一つのサーバーを共同で使います。OSやCPU、メモリなども共用のため、アクセス速度は他のサービスより劣ります。しかし、ConoHa WINGは大手の設備だけあり、信頼性も高いです。速度も他社よりも速いため、SEOやユーザーのページ離脱率にも効果があり、おすすめです。KonoHa WINGのレンタルサーバーなら、安心してブログやホームページの運営ができます。



世界最速級WordPressでブログをやるなら Conoha VPSレンタルサーバーがおすすめ!

ConoHa VPSはいわゆる仮想サーバー(VM)です。ConoHa推奨のCentOSなども簡単にインストールできるので、WordPressやデータベースソフト、メールソフトなどのアプリケーションをインストールして、すぐにサーバーを運用できるようになります。

オープンソースソフトウェアのCentOSなら動作も速く、Windowsシステムの構築を必要としないのであれば、こちらのOSの方がおすすめです。こちらも、レンタルサーバーと同じで、初めての人でも簡単にサーバーを立てられるのがポイントです。より高度なシステムでは、企業のデータベースサーバーやメールサーバーなどを運用できるほどの性能と実績もあります。

ブログを始める人も、快適にWordPressを使いたいなら、こちらのサービスがおすすめです。サーバーのメンテナンスはもちろん必用ありません。



Windows環境で開発したい人はConoHa for Windows Serverのレンタルサーバーがおすすめ!

ConoHa for Windows Serverは、主にWindows環境で開発した人向けのレンタルサーバーです。24時間サポートがあるので、急なトラブルでも安心です。他には、マイクロソフトofficeを社外で使いたい場合や、リモートアクセスでWindowsを使いたい場合などにも活用できます。

しかし、今ではクラウドのoffice365があったり、Macや先ほどのCentOS、Linux、AndroidなどがあるのでリモートでWindowsを使う場面も限られてしまいそうです。しかし、Windowsサーバーとしての需要はたくさんあり、このサービスは企業向けと考えていいと思います。



まとめ

https://conoha.mikumo.com/wp-content/themes/conohamikumo/images/wallpaper/2015_summer/1280_800.jpg

さて、ここまでConoHaサーバーを紹介してきました。ConoHaカードのプリペイド機能が使えるのは、急な契約変更や試しに他のサービスを使いたい場合には便利です。ConoHa VPSもCentOSを最初から用意してあるのは、他社よりも親切で、だれでも仮想サーバーを構築して運用できる点はGMOならではの強みでおすすめのサービスです。

GMOのクラウドサービスも魅力的ですが、使いやすさ・価格の安さから、まだまだレンタルサーバーの需要もありそうです。GMOのレンタルサーバーや仮想サーバーなら安心して使える設備とサポートがそろっていて、大手ならではの安心感が魅力です。ぜひ、この機会にConoHaレンタルサーバーでブログやホームページを始めてみてはどうでしょうか。最後まで読んでくれて、どうもありがとう。







参考URL

https://www.conoha.jp/?btn_id=header_top

広告

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。