WordPress で ブログ やるなら レンタルサーバー は Xサーバー !!

ここでは、 「 WordPress ( ワードプレス )で ブログ を始めるなら レンタルサーバー の X サーバー が おすすめ ! 」 について紹介します。

 

目次

レンタル サーバー とは ?

レンタルサーバー と クラウドサーバー の違いとは?

ドメイン とは?

レンタルサーバー の ドメインサーバー とは?

Xサーバー ブログ で使用する Wordpress(ワードプレス)とは?

ビジネスでブログ( WordPress )や ホームページ を始めるなら レンタルサーバー【シックスコア】

WordPress 専用レンタル クラウドサーバー【 wpX Speed 】でブログを始めよう!

まとめ

 

レンタルサーバー とは?

wordpress xserver
wordpress xserver

レンタルサーバー とは、複数のユーザーが使用するサーバーのことで、ブログやWebサイト、Webアプリケーションなどをインターネット上に公開するために使われます。レンタルサーバーにも共用サーバーやVPS、専用サーバーなどの種類がありますが、レンタルサーバー=共用サーバーとして使われることが多いです。基本的にレンタルサーバーは1つのサーバーを共同で使うので、アクセス速度などに影響を及ぼすこともあります。

ここで紹介する X SERVER(エックスサーバー株式会社)は、 レンタルサーバー 、法人 レンタルサーバー 、Sixcore(シックスコア)の3つの レンタルサーバー ・サービスを展開しています。サーバーの運営・管理は主に、プロバイダや通信事業者、SOHO(Small Office Home Office)の個人が行っています。そのため、ブログやホームページを開設するユーザー自身がサーバーを管理することなく、コンテンツの更新が可能です。

これらのサーバー機が設置してある場所は、インターネット・データセンターIDCと呼ばれています。IDCは厳重なセキュリティで管理されており、建物の耐震構造や停電時の発電装置などの設備で守られています。

 

レンタルサーバー と クラウドサーバー の違いとは?

レンタルサーバー xserver
レンタルサーバー xserver
Mudassar IqbalによるPixabayからの画像

レンタルサーバー とクラウドサーバーは別物で、有名なアメブロやLINEブログなどのサービスはクラウドサーバーで運用されています。これは、より信頼性が高くカスタマイズや拡張性に優れている為です。みなさんがよく使うAmazon PrimeやNETFLIX、Spotifyと言ったストリーミングサービスは全てクラウドサーバーで運用されています。

先ほど、レンタルサーバーは1つのサーバーを共同で使うと言いましたが、クラウドサーバーは1つのサーバーの中に、仮想化したサーバーを個別に持つことができます。これは、いわゆる仮想サーバー(VM)です。 仮想サーバーはOSも個別に選択・運用できるプランもあり、カスタマイズ性に優れています。 レンタルサーバー をシェアハウスに例えるなら、クラウドサーバーはマンションと言ったところです。 このような大手のクラウドサーバーは、世界中の遠隔地に設置してあるため、災害やハッキングなどのセキュリティに優れています。

また、 レンタルサーバー は、一つのサーバーの中にOSやソフトウェア、ストレージなどが全て一つに一体化しているので、災害などのトラブルには弱いです。反対に、クラウドサーバーを簡単に言うと、OSやソフトウェア、ストレージなどが仮想化した各サーバーに分割しているために、災害などのトラブルに強くなっています。価格的にもクラウドサーバーのレンタルの方が圧倒的に高く、個人でレンタルできるのは、みなさんもよく使うGoogleドライブやiCloud、DropBoxなどのクラウドストレージ・サーバーなどが多いです。エックスサーバーも法人向けのクラウドストレージ、エックスドライブ( X DRIVE)というサービスを開始しています。

 

ドメインとは?

レンタルサーバー xserver
レンタルサーバー xserver

ドメインとはインターネット上で個々のコンピューターを識別する名称の一部で、世界中で絶対に重複しないようになっています。通常IPアドレスとセットでネットワーク上に登録されています。これらは、いわば個別のインターネット上の住所のようなものです。

そのため、 レンタルサーバー を借りるときは必ずドメインを取得しなければなりません。ドメインは、例えばワードプレスの登録サイトアドレスのhttps://ja. wordpress .comというアドレスは、ja, wordpress ,comという3つの階層に分けられています。.comなどのトップレベルドメインは複数個を所有できるようになっています。

例:

ja. wordpress .com (ホスト名)
 wordpress .com (ドメイン名.他にもcomや.org)

 

レンタルサーバー の ドメインサーバーとは?

レンタルサーバー xserver
レンタルサーバー xserver
OpenClipart-VectorsによるPixabayからの画像

ドメインサーバーとは、Dmain Name System(DNS)を搭載したDNSサーバーです。DNSサーバーはインターネット上のホスト名や電子メールなどに使われるドメイン名とIPアドレスの対応付けを管理します。  X サーバー で取得したドメインは、下のネームサーバーのどれかに登録されます。ドメインを登録すると、あなたのブログやウェブページがインターネット上に公開できるようになります。

ネームサーバー1 ns1.xserver.jp( 219.94.200.246 )
ネームサーバー2 ns2.xserver.jp( 210.188.201.246 )
ネームサーバー3 ns3.xserver.jp( 219.94.200.247 )
ネームサーバー4 ns4.xserver.jp( 219.94.203.247 )
ネームサーバー5 ns5.xserver.jp( 210.188.201.247 )

 

レンタルサーバー の Xサーバー ブログ で使用する WordPress(ワードプレス)とは?

レンタルサーバー xserver
レンタルサーバー xserver


WordPress(ワードプレス)とは、2005年に開発された、Webサイト、ブログ、またはアプリを作成するために使用できるオープンソースソフトウェアです。 オープンソースソフトウェアでは、ソースコードを商用、非商用を問わずに利用・修正・配布することができ、それを利用する個人や団体などの努力や利益を遮ることのないソフトウェア開発が可能です。

現在、インターネット上の35%のサイトはWordPressで構築されています。有名なオープンソースソフトウェアではスマートフォンで有名なAndroid(アンドロイド)です。他にもOSのRedHat LinuxやブラウザのFirefoxなどがあります。これからの時代はオープンソースソフトウェアの時代になり、オープンソースソフトウェアという言葉は、エコシステムによる旧来のビジネスを変革するキーワードです。

現在では、ソフトウェアに限らず、ストレージなどのハードウェアにもオープンソースの考えが用いられています。これからブログを始める人はかんたんに優れたテーマやプラグインが使えるWordPressがとにかくおすすめです。

 

ビジネスでブログ(WordPress)やホームページを始めるなら、レンタルサーバー【シックスコア】

レンタルサーバー xserver
レンタルサーバー xserver
Roshan DeshapriyaによるPixabayからの画像

X サーバー が運用するビジネス向けのレンタルサーバーがシックスコア(Sixcore)です。シックスコアは、独自SSL認証などが使用できるのでビジネスでのセキュリティに強く、実際には、Let’s Encrypt認証局のSSL認証を使用しています。 これは、米Cisco Systemsなど世界的企業が認めた認証局です。

シックスコアは、ドメインや容量については、通常のレンタルサーバーよりも限りがありますが、その分、ビジネスの運用面での信頼性は高いです。こちらも、共用サーバーと専用サーバーから選択できます。シックスコアは、他社からのサーバーやドメインの乗り換えもかんたんです。サーバー移転中は、前のレンタルサーバー会社と2重で契約することによって、ブログやホームページサービスの中断を防ぐことができます。



WordPress 専用 レンタルサーバー ・ クラウドサーバー【wpX Speed】

レンタルサーバー xserver
レンタルサーバー xserver
Mudassar IqbalによるPixabayからの画像

X サーバー が近々リニューアルしてサービスを開始するのが、ワードプレス(WordPress)専用レンタルクラウドサーバーのwpX Speedです。クラウドサーバーとレンタルサーバーの違いは先ほど述べましたが、WordPress専用のクラウドサーバーということで利用する方も多いはずです。

クラウドサーバーは、アカウントごとにOSやソフトウェア、ストレージなどを仮想化したマシンとして運用するために、他のアカウントの利用状況によってCPUやメモリに負荷が掛かることがありません。 またwpX Speedは、 Xサーバー の レンタルサーバー のように、ワードプレスを簡単にインストールや移行ができるので安心して使うことができます。

クラウドサーバーについては複雑なので簡単には説明できませんが、ホームージを見ても分かるように、CPUやメモリのスペックなどはあまり謳っていません。 それはiPhoneのスペックを誰も気にしないのと少し似ています。クラウドもオープンソースの世界の一つとも言えるので、常に成長や進化をしていきます。それくらいに、クラウドには以前のレンタルサーバーは違います。

詳しくは、私のブログのクラウドとは?などを参考にして頂ければと思います。このサービスは大人気で今は予約は締め切られたようです。それでも、またすぐに予約できると思いますので、おすすめします。VPSのクラウドサーバーは個人のブログから企業の各種システムまで使用されていて、信頼性も高いです。

WordPress( ワードプレス )で ブログ やるなら X サーバー が おすすめ まとめ

さて、ここまで Xサーバー 株式会社の レンタルサーバー やクラウドサーバー、ビジネスサーバーについて説明してきました。とりあえず、ブログを始めたい!という人はワードプレス ( WordPress ) をインストールして始めてみるのがおすすめです。国内の レンタルサーバー を借りなくても、WordPress( ワードプレス )公式ホームページから自分で WordPress をインストールして、すぐにブログ作成をすることもできます。それほど難しい作業ではないので、挑戦してみるのもいいと思います(ただし、プラグインなどを使うならビジネスプラン以上が必要です)。

もっと簡単にブログやホームページを始めたいというなら、今回紹介した XSERVER ( エックスサーバー )がおすすめです。料金も安いですし、国内の会社ということでサポートもしっかりしています( WordPress 社のサポートは基本英語です)。ワードプレス ( WordPress )の良いところはやはりカスタマイズ性の高さです。

Xサーバー の レンタルサーバー なら最初から豊富なプラグインやテーマが使えるので、簡単な操作でさまざまなデザインのブログやホームページを作成することができます。もちろん、ショップ運営やビジネスにも使えます。これを機にブログを始めてみたい!という人は、ぜひ、 Xサーバー の レンタルサーバー を使って見て下さい。最後まで、読んでくれてどうもありがとう。



参考URL

https://www.sixcore.ne.jp/shared/man/transfer_server_domain.php

https://www.sixcore.ne.jp/shared/man/transfer_server_domain.php#4

https://www.xserver.ne.jp/


2件のコメント