What is IBM Garage?

 

https://www.ibm.com/think/jp-ja/business/garage-jal/

この記事では、IBM Garageについて紹介します。

 

目次

What is IBM Garage?(IBM Garage とは)

Case Study VW(フォルクスワーゲン社の事例紹介)

Case Study McLane(マクレーン社の事例紹介)

What is IBM Garage? まとめ

 

What is IBM Garage?(IBM Garage とは)

Michael TreuによるPixabayからの画像

 

IBM Garageとは、「多彩な人材」「IBMの知見」「自由な実験場」などを同時に提供するサービスの総称です。アイデアの創出から、実証実験までをアジャイルに繰り返し、大企業に対しスタートアップ企業のようなイノベーション創出を支援します。

 

プロジェクトテーマ例

⦁ AIを活用した新規サービスの創出
⦁ コネクテッドカーにおける、e-コマース体験のデザインから※1 PoCの実施
⦁ ※2 デジタルトランスフォーメーション(DX)のアイデア創出と文化の醸成

※1 PoCとは、Proof of Conceptの略で「概念実証」という意味です。新しい概念や理論、原理、アイディアの実証を目的とした、試作開発の前段階における検証やデモンストレーションを指します。

※2「デジタルトランスフォーメーション」とは、「進化し続けるテクノロジーが人々の生活を豊かにしていく」というものです。既存の価値観や枠組みから離れた革新的なイノベーションをもたらすものを言います。

 

強みとする領域例

AI
RPA
⦁ ロボティクス
⦁ オープンイノベーション
⦁ イノベーション人材開発など

 

Case Study VW(フォルクスワーゲン社の事例紹介)

PexelsによるPixabayからの画像

 

IBMがVWの将来を予測する

IBM Garageは世界有数のこの自動車メーカーが将来を予測して順応することで、これまでに培ってきた技術を将来も維持できるように支援します。自動車メーカーをモビリティメーカーに変身させることで、グローバル経済の変革に対応します。日本の世界有数の自動車メーカー、トヨタ自動車も同様の考えを示しています。この新しいアイデアによって、現在のオフラインの収入は推定58%ですが、新しいモビリティサービスを活用して新しい収入源を獲得します。

 

We Experience

We ExperienceはVolkswagen AGが提供するサービスです。We ExperienceはWe Connect Goアプリ内で使用できるサービスです。このアプリは、スマートフォンのダウンロードサイトでいつでもダウンロードすることができます。We Experienceは、現在ドイツとスペインで使用可能です。このアプリは、位置データなどを集めてドライバーと乗客のニーズを予測し、駐車場を見つけ、お店のお得なクーポンを発行してくれます。We Experienceは、これから増々サービスが広がる予定です。

 

Case Study McLane(マクレーン社の事例紹介)

SchwoazeによるPixabayからの画像

IBMとMcLane社はトラック運送会社を広告会社に変身させる

McLaneは、フードサービスや食料品配送事業で1世紀以上にわたって売り上げを500億ドルに拡大したあと、薄い利益率を高めることを求められて、どこを変えて良いか分かりませんでした。IBM Garageは、全く新しいサービスを提供するために、その収入源の先を先導しました。その答えは、トラックの側面にマーケティング広告を貼ることです。純粋な物流会社を広告会社に変えたのです。メリットは洞察に基づく行動を得られたこと、そしてこの新しいビジネスモデルは既存のインフラストラクチャに収益機会をもたらし、会社の利益率をさらに拡大しました。

 

What is IBM Garage? まとめ

skeezeによるPixabayからの画像

IBM Garageは、既存のビジネスにIBMが協力し、新しいビジネスを創造します。活用するのはIBMのクラウドやAIIoTなどの技術です。VWの事例は一見すると過去にあったサービスのようにも見えますが、AIやクラウドが発展した現在ではその意味もまた違います。将来の自動運転に備えた、データ集積により、より最適化した情報をドライバーやパッセンジャーにもたらします。McLaneの新しいビジネスの広告収入についても、過去からあったビジネスですが、IBM GarageはAIで気候などを分析し、より地域にあった広告を出すことで効率化を高めて、収益に繋げることが可能です。どちらも、既存のサービスの追求では生まれなかったサービスであり、このような新しいサービスを提供するのがIBMの役割です。私も人間なので、完璧ではありません。どうか建設的にこの記事を受け取って下さい。最後まで、読んでくれてどうもありがとう。

 

参考URL

https://www.ibm.com/jp-ja/garage

https://www.ibm.com/garage?gc_2019

https://www.ibm.com/services/client-stories/vw

https://www.ibm.com/services/client-stories/mclane

https://response.jp/article/2019/05/24/322732.html

https://www.volkswagen-we.com/en/experience/experience-faqs.html#/AboutWeExperience

 

2件のコメント

  1. […] Fintechサービスを提供する日本 IBM は、ブロックチェーン技術と同じく、インフラ同士を繋ぐ役割をします。ブロックチェーンでは、IBM_Blockchain_Platformを イーサリアム やHyperledger_Fabricというサービスと接続する役割を果たします。 IBM は、フィンテッックの分野でも金融機関と企業を結びつける共通APIを提供しています。ここでは、金融機関、取引先企業、そして日本 IBM のそれぞれにメリットがあり、新たな付加価値の創造を可能にします( IBM Garage )。 […]