クラウドとは(What is Cloud Platform?)

jeferrbによるPixabayからの画像

この記事では、クラウドとは?について説明していきます。

目次

⦁ クラウドとは?
⦁ クラウド・ストレージとは?
⦁ Amazonのクラウドサービス AWSとは?
⦁ まとめ

クラウド(クラウドコンピューディング)とは?

Wynn PointauxによるPixabayからの画像

クラウド(クラウドコンピューティング cloud computing)とは、インターネットなどのコンピュータネットワークを経由して、Webサービス・Appなどのサービスを提供します。略してクラウドと呼ばれることも多く、cloud とは英語で雲の意味で、ウェブを介して様々な端末からクラウドにアクセスできるという意味から名付けられました。

代表的なクラウドのタイプ

代表的なクラウドには主に3つのタイプがあります。以下にそれらを説明していきます。

IaaS(Infrastructure as a Service)

インフラストラクチャとは、クラウドITの基本要素からなるもので、ネットワーキング(サーバー)、コンピューター(専用端末など)、ストレージ、OSなどの基盤的なソフトウェアからなるものです。インフラストラクチャは、基盤や土台という意味を持っています。IaaSは、既存の※1 オンプレミスに最も類似したITリソースを提供できるサービスです。IaaSは、開発者や作業者がこれらのインフラストラクチャにアクセスできるため、最高の柔軟性と管理統制がもたらされます。これらは、自社施設内のサーバールームがクラウド上に移動した状態をイメージすることができます。多くの人気ソーシャルゲーム開発会社が利用しているのも、このIaaSになります。

※1 オンプレミス 機器(ハードウェアやソフトウェア、ネットワーク)を自社で調達・所有・管理し、自社施設内に設置して運用する形態のこと。

PaaS (Platform as a Service)

プラットフォームとは、ITの分野では基盤となる機器やソフトウェアの総称です。プラットフォーオムは相対的な関係性を表す言葉で、アプリケーションにとってはOSやミドルウェア、ライブラリのことになり、OSにとってはコンピューターがプラットフォームになる。PasS(Platform as a Service)は、施設内でプラットフォーム(通常はハードウェアやOS)を管理する必要がなくなり、アプリケーションの管理に集中できるようになります。そのため、ソフトウェアのメンテナンスやパッチの適用、アプリケーションの実行などのわずらわしい作業から解放されるため、業務をより効率的に進められます。

SaaS (Software as a Service)

SaaS(Software as a Service)は主に、エンドユーザーアプリケーションをさす言葉です。サービスプロバイダが管理・実行している、完成したソフトウェアを使用することができます。SaaSアプリケーションの一般的な例では、ウェブベースのEメールなどがあります。具体例:Gmail, Office 365,各種ブログサービスなど。SaaSは、サーバーやOSを管理・メンテナンスすることなく、アプリケーションを利用することができます。

クラウド・ストレージとは?

Mudassar IqbalによるPixabayからの画像

クラウド・ストレージとは、データを※1オンサイトで保管するのとは違い、遠隔地のクラウド・ストレージなどに重要なデータを保存して、可用性と保護を前提とする、データを※2オフサイトで保管する仕組みです。

※1 オンサイト(オンサイト・バックアップ)
オンサイトバックアップは稼働しているシステムと同じ場所に設置されているバックアップです。サーバーに保有するデータは、自然災害、盗難、ウィルス、ヒューマンエラーなどの予期せぬ要因による損失をするとともに、関連するバックアップも被害を受けるリスクが高いです。主にHDDやSSD、磁気テープなどにバックアップデータを保存します。

※2 オフサイト(オフサイト・バックアップ)
重要なデータを遠隔地のクラウド・ストレージなどに保管して保護をさらに強化します。主にHDD(ハードディスク)やSSD(ソリッド・ステート・ドライブ)にバックアップデータを保存します。

4つのストレージタイプ

パーソナル・ストレージ
個人がデータを保管することができ、スマートフォンやタブレット、PC間でデータをやり取りできるサービスです。

パブリック・ストレージ
クラウド・ストレージ・プロバイダーが、企業のデータをオフサイトで完全に管理します。

プライベート・ストレージ
クラウド・ストレージ・プロバイダーが企業のデータ・センターでオンプレミスで管理します。

ハイブリッド・ストレージ
パブリック・ストレージとプライベート・ストレージのストレージが混在しています。

アマゾンのクラウドサービス AWSとは?

アマゾンのクラウドサービスAWSとは、世界で最も広く利用されている、クラウドプラットフォームです。スタートアップ企業、大企業、政府機関など、世界中の何百万もの人々がコスト削減やイノベーションを加速させるために利用しています。企業では、必要な量のリソースを利用でき、必要に応じてスケールアップやスケールダウンが可能です。そのメリットから、日本でもメジャーなスマートフォン・ゲーム・アプリケーション企業などもAWSを多く利用しています。

フォーミュラ1への導入事例

Ádám UrvölgyiによるPixabayからの画像

フォーミュラ1への導入事例では、インフラストラクチャの大部分をオンプレミスのデータ・センターからAWSに移行し、機械学習とAI、データ分析に活用しています。F1マシンに搭載された120個のセンサーからデータを集め、レース戦略に役立てています。またAWSは、ドライバーやマシンのパフォーマンスを測定し、マシン開発、データ追跡、デジタル放送を強化します。

クラウドとは?(まとめ)

Bethany DrouinによるPixabayからの画像

これまで、クラウドやクラウド・ストレージ、そして最も代表的なクラウド・プラットフォームのAWSなどを紹介してきました。他のライバルには、マイクロソフトAzureやIBM COS、Dell EMC ECSなど様々なサービスがあります。

アジアでは、日本の日立グループや中国のファーウェイ、アリババグループなどもクラウド・プラットフォームサービスを展開しています。既存のオンプレミスをクラウドに移行することにり、今までのコストを削減し、あたらしい価値を創造できる所が一番のメリットです。

現在、世界で行われているライブや音楽配信、その他、数えきれない程のサービスがクラウドに置き換えられています。その結果、音楽業界の分野では80%の売り上げが音楽ストリーミングサービスにより占められるようになりました。それらのサービスでもっとも重要な技術の一つが、今回紹介したクラウドやクラウド・ストレージです。

参考URL

https://aws.amazon.com/jp/cloud/

https://pages.awscloud.com/Gartner-Magic-Quadrant-for-Infrastructure-as-a-Service-Worldwide.html

https://www.ubackup.com/jp/windows-server/windows-server-offsite-backup.html

https://aws.amazon.com/jp/solutions/case-studies/formula-one/

16件のコメント

  1. […] IBM Garageは、既存のビジネスにIBMが協力し、新しいビジネスを創造します。活用するのはIBMのクラウドやAI、IoTなどの技術です。VWの事例は一見すると過去にあったサービスのようにも見えますが、AIやクラウドが発展した現在ではその意味もまた違います。将来の自動運転に備えた、データ集積により、より最適化した情報をドライバーやパッセンジャーにもたらします。McLaneの新しいビジネスの広告収入についても、過去からあったビジネスですが、IBM GarageはAIで気候などを分析し、より地域にあった広告を出すことで効率化を高めて、収益に繋げることが可能です。どちらも、既存のサービスの追求では生まれなかったサービスであり、このような新しいサービスを提供するのがIBMの役割です。私も人間なので、完璧ではありません。どうか建設的にこの記事を受け取って下さい。最後まで、読んでくれてどうもありがとう。 […]

  2. […] 日本IBMとクラウド会計ソフトを提供するfreee株式会社は、freeeの会計ソフトを通じて、新しい顧客を獲得する試みに挑戦しています。企業が活用するfreeeのクラウド会計ソフトの会計情報を金融機関と結びつけることで、銀行側は企業の会計情報を把握し、様々なサービスの提供やアドバイスを可能にします。一つのクラウド会計ソフトを銀行と企業が共有し、それらを繋げる役割をするのが日本IBMの共通APIです。IBMとしても、双方のデータを分析して、新しい価値の創造ができるようになります。 […]

  3. […] ケースCASEとは、(Connected/接続性、Autonomous/自動運転、Shared/共有、Electric/電動化)の頭文字を合わせた言葉で、2016年にメルセデス・ベンツが提唱しました。それから自動車業界全体でも広くCASEという言葉が使われるようになりました。MaaSは交通インフラ全体を現す概念として使われていますが、CASEは自動車業界がクラウド技術を活用した自動車の自動化や電動化の総称として用いられています。 […]

  4. […] Digital Transformation(DX)とは、ITが人々の生活をあらゆる方面で良い方向に変化させるという概念のことをいいます。また、デジタルシフトとも呼ばれます。IBMでは、企業がクラウド技術を活用してDXを成功させる道のりのことを「クラウドジャーニー」と呼ぶ。2020年現在は、クラウド・ビッグデータの時代に突入しています。ビジネスでは、DXはテクノロジーを駆使して、例えば、製造業であった企業がデジタル企業になるように、業務を根底から変えることを言います。IT専門調査会社 IDC Japanも、クラウドとビッグデータに投資することがここ数年の最優先事項と予想しています。 […]

  5. […] レンタルサーバーとクラウドサーバーは別物で、有名なアメブロやLINEブログなどのサービスはクラウドサーバーで運用されています。これは、より信頼性が高くカスタマイズや拡張性に優れている為です。みなさんがよく使うAmazon PrimeやNETFLIX、Spotifyと言ったストリーミングサービスは全てクラウドサーバーで運用されています。先ほど、レンタルサーバーは1つのサーバーを共同で使うと言いましたが、クラウドサーバーは1つのサーバーの中に、仮想化したサーバーを個別に持つことができます。これは、いわゆる仮想サーバー(VM)です。仮想サーバーはOSも個別に選択・運用できるプランもあり、カスタマイズ性に優れています。レンタルサーバーをシェアハウスに例えるなら、クラウドサーバーはマンションと言ったところです。このような大手のクラウドサーバーは、世界中の遠隔地に設置してあるため、災害やハッキングなどのセキュリティに優れています。また、レンタルサーバーは、一つのサーバーの中にOSやソフトウェア、ストレージなどが全て一つに一体化しているので、災害などのトラブルには弱いです。反対に、クラウドサーバーを簡単に言うと、OSやソフトウェア、ストレージなどが仮想化した各サーバーに分割しているために、災害などのトラブルに強くなっています。価格的にもクラウドサーバーのレンタルの方が圧倒的に高く、個人でレンタルできるのは、みなさんもよく使うGoogleドライブやiCloud、DropBoxなどのクラウドストレージ・サーバーなどが多いです。エックスサーバーも法人向けのクラウドストレージ、エックスドライブ(XDRIVE)というサービスを開始しています。 […]

  6. […] VMware on IBM Cloudは、オンプレミスに構築したVMware環境とほぼ同じものをクラウド上で実行できるようにするIBMの仮想サーバーサービスです。これにより、オンプレミスからの移行が容易で必要なアプリケーションをクラウドに移行することができます。その際、オンプレミスで実行しているプライベートクラウドが存在している場合は、VMware on IBM Cloudと組み合わせてハイブリッドクラウドとして運用することができます。これにより、既存のリソースを無駄にすることなく、クラウドに移行することができます。オンプレミのプライベートクラウドには、IBM Cloud Privateを使用することにより、2点間のデータを共通に運用でき、データをシームレスに管理することができます。 […]

  7. […] 少子高齢化でますます人材が不足する日本では必須とも言える技術になってくるのが5G/ローカル5Gとも言えます。他には、インターネットの光回線に変わる回線として5G回線が注目されており、日本を含む世界で開発競争が繰り広げられています。その5Gやクラウドで世界を結ぶ役割を担うのが海底光ケーブルでこれも、5Gと同じく今後注目の技術分野です。 […]

  8. […] 5Gにより、よりリアルなVR・AR体験や、従来のクルマやEVとクラウドを接続して自動運転を可能にし、工場内の機器や倉庫の自動化などが可能になります。5G技術は、インターネットと家電などのモノを繋ぐIoTにも不可欠な存在で、ブロックチェーンやクラウド、AIなどともネットワークで繋がっていきます。 […]

  9. […] IoT(Internet of Things-モノのインターネット)とは、従来はインターネットに繋がっていなかった様々なモノ(センサー、アクチュエーター、駆動装置、家電、電子機器、クルマ(EV)、住宅、建物)がネットワークを通じて、サーバーやクラウドに接続され、相互に情報を交換する仕組みのことを言います。 […]

  10. […] このフォーブス誌の記事では、日本で中古車の販売や査定を行うガリバーが、従来のクルマ査定からアプリを活用したクルマ査定やクルマ関わる「新しい体験」を提供する取り組みが紹介されています。そして、この記事では多くの企業はクラウドやインフラストラクチャーを最新のものにアップデートすればDXは完了すると勘違いしている、と指摘しています。 […]

  11. […] ここでの解決策は、クロマグロの幼魚(ヨコワ)を水中ステレオカメラで撮影し、AI,IoTを活用したクラウドに映像をアップロードします。アップロードされた映像は、AIによって分析され測定結果レポートを返します。クロマグロの映像データをAIに分析させることで、選別者の人員削減と測定精度の高い情報が得られることを目指します。この膨大なデータの処理は、手作業では個人により結果の質が異なるため、AIに分析させることで一定レベルの質の測定情報をアウトプットさせるようにします。 […]

  12. […] 次に、アダプタビリティです。あらゆるデータと製品が繋がり合う時代、このVISION-Sもネットワークの一端となり、ソフトウェアはネットワークを通じて進化していきます。主要な機能は、「ヴィジョン Sリンク」「パーソナライズド・キャビン」「アップデータブル・システム」の3つです。ヴィジョン Sリンクはスマートフォンなどのスマートデバイスで、今いる位置にクルマをタッチひとつで呼び出したり、見ていた地図を車内のパノラミック・スクリーンに表示したり、聴いていた音楽を車内に響かせることができす。パーソナライズド・キャビンは、ドライバーやパッセンジャーの好みの室温や音楽、好みのルートなどを学び、気の利くクルマへと成長していきます。アップデータブル・システムは、5Gやクラウド、AIを通じて、クルマのソフトウェアが常にアップデートされ、乗り続けるほどにクルマが進化していきます。 […]

  13. […] ITインフラで代表的なものが、クラウドサーバーです。一般的には、音楽や動画・ゲームのストリーミング配信の利用をイメージすると分かりやすいと思います。クラウドでは、以前のようにパッケージを販売するのではなく、スマートフォンやタブレット・PCなどからアクセスしてダウンロードすることでサービスを利用します。 […]