広告
ツールバーへスキップ

スマートコントラクトとは(What is Smart Contract?)

目次

  • スマートコントラクト(Smart Contract)とは
  • 2019年現在のスマートコントラクト
  • まとめ

スマートコントラクト(Smart Contract)とは

スマートコントラクト(Smart Contract)とは、契約のスムーズな検証や実行を意図したコンピュータープロトコルです。スマートコントラクトにより、第三者なしで信頼できる※1トランザクションを実行できます。これらのトランザクションは追跡可能で、元に戻すことはできません。スマートコントラクトの目的は、従来の契約法よりも優れたセキュリティを提供し、契約に関する取引コストを削減することです。現在、多くの暗号通貨がスマートコントラクトを実装しています。

プラットフォームとしてのスマートコントラクトとは別に、ブロックチェーンのスタートアップ企業でSmartContract社があり、ブロックチェーン技術を使用したシステム開発を行っています。具体的に、SmartContract社はチェーンリンク(Chain Link)というスマートコントラクトや各種決済サービスなどを繋ぐ役割を持つミドルウェアの開発と暗号通貨リンク(Link)を発行しています。

※1トランザクション:分ける事のできない、一連の情報処理の一単位。(例:業務システムの日次処理や月次処理などのバッチ処理など)

スマートコントラクトは、関係者の条件が満たされた場合に自動的に契約を実行するデジタルプロトコルです。

2019年現在のスマートコントラクト

ライバルのQANプラットフォームの言い分

「2019年現在、スマートコントラクトの95%以上がイーサリアムブロックチェーン上で稼働しています。そこで 、新しいブロックチェーン・プラットフォームが必要です。世界的な主流は、まだ決まってません」つまり、スマートコントラクトをメインで動かすプラットフォームはまだ現在は決まっていないということです。‌それに、そのイーサリアムで使われている暗号資産イーサがメジャーになったとしても、価値が高騰するという理由はどこにもありません。つまり、ブロックチェーンが登場したこの10年くらいでは、まだ今後のスタンダードは決まっていません。

まとめ

スマートコントラクトは、いろいろな方面で説明がなされています。スマートコントラクトと言っても自動で契約を処理するプロトコルという以外にも、知っておくべき事はたくさんあります。ここでは、関連技術のチェーンリンクなどを紹介します。

チェーンリンク(Chain Link)とは?

チェーンリンクとは、2017年11月にSmartContract社が開発した※2ミドルウェアの役割を果たすプラットフォームです。チェーンリンクは、暗号資産のリンク(LINK)を発行し、さまざまな取引所で他の暗号資産のように購入することができます。

※2 ミドルウェア:ミドルウェアとはコンピューターの基本的な制御を行うオペレーティングシステム(OS)と業務アプリケーションなどの中間に入るソフトウェアのことを言います。

チェーンリンク(Chain Link)の役割

チェーンリンクは、イーサリアムベースで開発されています。チェーンリンクは、イーサリアムのスマートコントラクト機能を他のブロックチェーン(この図ではビットコイン)と結びつけることを可能にします。この図ではもう一つ、ハイパーレジャーに結びつけています。ハイパーレジャーについては、前にIBM Food Trustの記事で書きました。そのため、イーサリアム上で開発したアプリケーションやソリューションを、ブロックチェーン上のデータとして格納することができます。現在のところ、イーサリアムがスマートコントラクトの主流になっていますが、未来の事はわかりません。

今後、イーサリアムよりも有力なプラットフォームを開発した企業がスマートコントラクトの主流になる可能性もあります。まだ、ブロックチェーン技術は10年程しか経っていないのですから。それでも、インターネットにしても、初期に開発されたブラウザやハイパーリンクの考えはずっと変わっていません。このスマートコントラクトという技術についても、技術自体はもっとずっと前から存在していましたが、このようにブロックチェーンやイーサリアム、チェーンリンクと関係することにより、より強固なセキュリティをもったデータを扱えるようになるのは間違いのないところです。スマートコントラクトの技術自体は間違いなく、今後のスタンダードになるはずです。

参考URL:

https://www.smartcontract.com/

https://en.wikipedia.org/wiki/Smart_contract

https://www.ibm.com/jp-ja/blockchain

広告

3件のコメント

  1. […] リップルは、イーサリアムのようなスマートコントラクトを実行するプラットフォームと違い、ビットコインのような通貨的な価値があります。しかし、ビットコインとはそのテクノロジーが異なり、数秒で処理が完了し、遅れがありません。まさに、国際送金に適したテクノロジーです。スペインやイギリスで始まったSantanderのような巨大銀行でのサービスが日本で始まる日が近いかもしれません。その時、日本や世界中で人気のPayPalがユーザーにどう比較されるか興味深いです。大手クレジットカード会社もリップルと協力して開発しているのを見ると、クレジットカードからリップルの購入やサービスの交換も行えることになります。そのような使い方をするには、やはりXRPという資産の価値が安定しなくてはなりません。コンセンサスな取引も重要です。今後もリップルやXRPを注視していきたいと思います。これは習作なので完璧ではありません。どうか、この記事を建設的に受け取ってください。読んでくれて、ありがとうございました。 […]

  2. […] 一方のイーサリアムも、ビットコイン同様に暗号通貨として使用できますが、スマートコントラクトのプラットフォームとして使用されます。スマートコントラクトは、solidityというEthereumブロックチェーンの特殊なプログラミング言語で作成されています。もともとイーサリアムというのは、暗号通貨の名称ではありません。イーサリアムは、スマートコントラクトというプラットフォームを運用するためのものです。スマートコントラクトは、イーサリアム仮想マシンによって実行されるプログラムコードによって制御されています。 […]

  3. […] 今後は、ブロックチェーンのスマートコントラクトのように、共通APIに既存の銀行の処理を行わせることも考えられます。すると、日本IBMとしても、ブロックチェーンの技術などともリンクするようにそれらの技術を活用することができるのです。このような技術の融合が新しいサービスを生んで行きます。そして、フィンテックの分野やブロックチェーンの分野のエンジニアは今後ますます必要とされてきます。そこで、昨今話題の小学校のプログラミング教育などの話にも繋がってくるのです。まさに、どの年代にも関わってくるのがこのフィンテック技術であり、次の時代のサービスや新しい価値観なのです。それを私たちは今後目撃することになります。そして、これらの企業の役割はますまず重要度を増し、私たちの生活に入り込んできます。その時に、情報について知っておくのは何もこれらの企業だけでなく、個人である私たちにも課された課題でもあります。これらの技術の集積は何も、コンピューターの分野だけに留まりません。例えば、ブロックチェーン技術は人間の心理をも研究されています。それが何を意味するかというと、新しいテクノロジーを人々が受け入れて活用してくれるか、ということに尽きるのです。私たちも、今後何が起こるかに備えて、これらのサービスをうまく活用できるような知識を蓄えておく必要があると思い、今回は日本IBMを紹介しました。最後まで読んでくれて、ありがとうございました。 […]

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。