IBM Food Trust / What is Blockchain? ( And IBM Food Trust )

ibm food trust

This article describes blockchain. It is also briefly describes IBM’s Blockchain initiative, IBM Food Trust and the IBM Blockchain architecture.

 

Contents

1. Initiatives Blockchain Technology of IBM.

2. Secure the sustainable food ecosystem

 2.1 Traditional Holiday Dishes protected by Blockchain

3. What is IBM  Food Trust?

 3.1 IBM Food Trust Success Stories

4. Summary

 4.1 Hyperledger Fabric ( Modular architecture ) & IBM Blockchain Platform

 

 

1. Initiatives Blockchain Technology of IBM

ibm food trust
ibm food trust

Here, I introduce IBM Food Trust, which is one of the utilizations of IBM’s Blockchain technology. And built on Blockchain, Food Trust leverages vast amounts of stack data to enable you to track from farm to warehouse to kitchen. It also enables producers and consumers to share more secure and verifiable information.

Track mashed potatoes from the Nestlé factory to Carrefour.

https://www.coindeskjapan.com/8462/ #coindeskjapan

 

2. Secure the sustainable food ecosystem

ibm food trust
ibm food trust

Has your holiday dining table food been verified by Blockchain? This system streamlines the supply chain, improves food safety and freshness, and helps consumers source food that they are impressed with.

 

2.1 Traditional Holiday Dishes protected by Blockchain 

 

Egg

ibm food trust
ibm food trust

Was the chicken that laid the egg free range? Has chicken been given antibiotics? Were chicken raised on organic feed? With a system that uses IBM Foot Trust (Blockchain), you can answer such questions instantly. This gives customers who visit restaurants and supermarket customers a trustworthy and safe egg.

 

Chicken

ibm foodtrust
ibm foodtrust

Have you tried Chicken of Blockchain? This allows consumers to buy chicken with confidence by checking the date of birth, feed status and packaging date of the livestock. French retail giant Carrefour is selling Chicken of Blockchain.

 

Coffe

ibm foodtrust
ibm foodtrust

Where did the good coffee come from? IBM tracks coffee growers to mugs with Blockchain. IBM will also work with start-ups to develop coffee-drinking apps. Other classic holiday foods such as seafood, raw vegetable salads, mashed potatoes, pasta, and apple pies are also protected by Blockchain. In this way, food can also be protected by a sustainable system.

 

3. What is IBM Food Trust?

food trust
food trust

IBM Food Trust is a sustainable food production system that uses Blockchain technology. This technology maintains a collaborative network of crop producers, wholesalers, retailers, carriers and more. Currently, more than 200 companies are members of the FoodTrust.

 

3.1 IBM Food Trust Success Stories

( Carrefour )

French retail giant Carrefour leverages FoodTrust Blockchain technology, and IBM works with many retailers, logistics companies and producers to track and protect the global supply chain. If you read the QR code attached to the meat and vegetables sold in Carrefour, you can find various information such as growers and livestock companies, date of birth, fertilizers and antibiotics used, storage warehouse, delivery information, etc. In fact, Kafrul is seeing more sales of products that leverage these FoodTrust Blockchains than non-Blockchain foods.

 

4. Summary

ibm blockchain platform
ibm blockchain platform

Hyperledger is a trademark of The Linux Foundation.

 

IBM FoodTrust enables tracking with Blockchain. FoodTrust can reduce the risk of waste, food contamination and food poisoning. If there is a problem with the ingredients registered in this blockchain, it can be tracked in seconds and the distribution of the food can be stopped after that. 

This FoodTrust can only see information for authorized participants. It also allows participants to set access control to the encrypted Blockchain as they enter data. This allows the trading partner to access only the authorized information. This is a key technology of IBM FoodTrust.

 

4.1 Hyperledger Fabric( Modular architecture ) and IBM Blockchain Platform

ibm blockchain platform
ibm blockchain platform

Hyperledger Fabric is a technology that is becoming important in this blockchain network. Hyperledger Fabric is so-called distributed ledger (principal) software, a platform for developing applications or solutions in a modular architecture. This platform includes IBM’s blockchain platform. 

 

 

Reference URL:

https://newsroom.ibm.com/2019-12-23-The-Food-on-Your-Holiday-Table-May-Have-Been-Verified-by-Blockchain?lnk=ushpv18f1

 

IPv6 スピードテスト ( Google SppeedTest / IPv6 速度測定 ) おすすめ 5選

IPv6 SpeedTest is Here!

 

rfidタグとは ( センサーソリューション )

18件のコメント

  1. […] ビットコインに加えて、イーサリアムは世界中で最も使用されている暗号通貨です。ビットコインには、金(Gold)のように絶対的な価値が存在し、所有することによって、価値が高まるのを待つことができます。また、ビットコインはもっとも歴史が古く、もっとも確立された暗号通貨です。 […]

  2. […] 新たな分野のブロックチェーン技術が注目を集めていますが、2020年現在でもっともセキュリティなどの面で信頼されているのは、AWSに代表される大手企業のクラウド・プラットフォームです。よりオープンな技術である、ブロックチェーンがそれに代わる存在になるには、まだまだ時間がかかりそうです。もちろん、アマゾンやIBMもブロックチェーンの研究は行っており、先の未来は予想できません。しかし、クラウド・プラットフォームとブロックチェーン・プラットフォームの融合は現在も行われており、クラウド・プラットフォームが重要な位置づけであることは今後も変わることがありません。そのため、私たちはクラウドについて知っておく必要があるのです。最後まで読んでくれて、ありがとうございました。 […]

  3. […] ユーザーは、Zaimと金融期間に情報を提供し、スマホのZaimを通じて銀行口座を常にチェックすることが可能です。銀行側は、このことによって、ユーザがどんなお金の使い方をしているのかなどの動向を知る事ができます。また、共通APIを提供しているIBMは銀行の情報を参照するというメリットが得られます。それによりIBMは、新しい価値を作り出すアイデアを生み出す事ができます。銀行側にとっても、新たな企業との結びつきによってビジネスチャンスが生まれます。IBMのFintechの分野はまだまだ始まったばかりで、同じIBMが手がけるブロックチェーン技術のように今後の発展が大いに期待される分野です。 […]

  4. […] マイニングとは、ビットコインなどの仮想通貨を採掘者(miner)が採掘することを言います。採掘者(miner)は、ビットコインを売買した人達の情報を受け取り、それを専用のコンピューターを使ってブロックという単位にまとめ、ブロックチェーンの末尾に追加します。ただし、それには複雑な計算を解く必要があります。最初にブロックを追加することができたマイナーだけが一定額の報酬を受け取ることができます。そのため、多くのマイナーが競って、設備を整えて世界的な規模で採掘が行われています。これから、初心者への注意点などを紹介していきます。 […]

  5. […] 5Gにより、よりリアルなVR・AR体験や、従来のクルマやEVとクラウドを接続して自動運転を可能にし、工場内の機器や倉庫の自動化などが可能になります。5G技術は、インターネットと家電などのモノを繋ぐIoTにも不可欠な存在で、ブロックチェーンやクラウド、AIなどともネットワークで繋がっていきます。 […]

  6. […] McLaneは、フードサービスや食料品配送事業で1世紀以上にわたって売り上げを500億ドルに拡大したあと、薄い利益率を高めることを求められて、どこを変えて良いか分かりませんでした。IBM Garageは、全く新しいサービスを提供するために、その収入源の先を先導しました。その答えは、トラックの側面にマーケティング広告を貼ることです。純粋な物流会社を広告会社に変えたのです。メリットは洞察に基づく行動を得られたこと、そしてこの新しいビジネスモデルは既存のインフラストラクチャに収益機会をもたらし、会社の利益率をさらに拡大しました。 […]

  7. […] 今後、日本のデジタル庁は、省庁の中心的な役割を果たすとニュースでもあったように、今後は若者・老人関わらずITに関する勉強をしなくてはなりません。ですので、全くの初心者でも恥ずかしいことはなく、長年の専門家であっても「ブロックチェーンの分野は全くの素人で、誰もがスタートラインに立っている」と話していました。 […]

  8. […] 現在、本人の銀行口座をマイナンバーと紐付けるかの議論が行われていますが、そもそもビットコインなどの仮想通貨には口座すら存在しません(あるのは暗号コードのみです)。 デジタル通貨の仕組みは良く分かりませんが、おそらくビットコインのような仕組みに近いのではないでしょうか?2021年からは、PayPalによって2600万店舗でビットコインやイーサリアムなどの暗号資産での買い物が可能になります。 […]

  9. […] ただし、金庫の中にビットコインアドレスの書かれたメモを保管したり、USBメモリの中にビットコインアドレスを保存していると、ビットコインなどをすぐに取引できないので、各販売所のウォレット(アプリ)に保存している人が多いです。同じ理由で、ペイパル内に仮想通貨を保管するように、最近話題のオンラインカジノもカジノが用意したウォレットに仮想通貨を預けたまま利用している人が多いです。過去の事例のように、仮想通貨販売所の仮想通貨がハッキングされない限り、他人から盗まれることがない点がブロックチェーンの特徴でもあります。 […]

  10. […] ・今後、10年から20年後までに、現在の仕事の半分はAI・ロボットが代わりにやるようになると言われています(新聞に書いてありました)。そのため、SF映画・アニメのように家で仕事をする人が増えはずです。 […]

  11. […] 今まで手に入れた知識だけで書くので多少は間違っていることもあるかもしれませんがご了承下さい。ビットコインは始めて登場したビットコインで謎の人物「サトシナカモト」によって開発されました。銀行のように中央集権的な管理下にないビットコインは、ブロックチェーン上に保管することによって誰にも触る事ができないと謳われています。しかし、実際には各国の仮想通貨販売所を通してか仮想通貨を購入することになるので、彼らに管理された通貨とも言えると思います。それ以上詳しいことは分かりません。コインチェックのXEM(ネム)流出事件があったように、ブロックチェーンといえども完全に盗難に遭わないとも限りません。株式や銀行口座預金よりも、リスクがあるように思います。 […]

  12. […] ウォレットには、ハードウェアウォレットとペーパーウォレットがあります。名前の通り、ハードウェアウォレットはUSBメモリのようなICチップデバイスに自分のビットコインアドレスを記録します。ビットコインアドレスというのは、自分が購入したビットコインがブロックチェーン上のどこに記載されているかを現したアドレスのことです。よく、仮想通貨の間にはどの機関も関われずに存在しないというのは、このビットコインアドレスは誰にも改ざん等ができないということです。 […]

  13. […] ブロックチェーンでは、IBM_Blockchain_Platformを イーサリアム やHyperledger_Fabricというサービスと接続する役割を果たします。 IBM は、フィンテッックの分野でも金融機関と企業を結びつける共通APIを提供しています。ここでは、金融機関、取引先企業、そして日本 IBM のそれぞれにメリットがあり、新たな付加価値の創造を可能にします( IBM Garage )。 […]

  14. […] スーパーコンピューターのプロセッサが富士通やIBMや世界の有名な半導体メーカーの最高傑作のCPUだとしたら、量子コンピューターはそれを軽く超えてしまう性能を持っていると言えそうです。IBMをはじめ、Googleなども量子コンピューターに強みを持っています。 コロナワクチンと同じく、おそらく世界で初めて量子コンピューターを具体的に活用するのもアメリカやイギリスやカナダなどの諸外国になるでしょう。そうなると、また日本は一歩遅れることになり、地味な基礎研究活動は得意だけど、日本という国としてはまた世界から遅れてしまうだろうということが想像できます。 現在はビッグデーターを駆使して、AIを動かしてあらゆるITサービスに活用していますが、量子コンピューターが実用化されればブロックチェーンなどとの連携も考えられ、爆発的な進化を果たすことにもなりそうです。つまり、どの分野もまだまだ人間には未知なことがたくさんあり、私たちは驚きや発見に尽きることはありません。 一つわかることは、今回のコロナワクチンでAIによるビッグデータ解析が10年はかかると言われるワクチンをたったの1年で市販したというスピード感が、今後あらゆる分野に起こりそうだということです。それには、量子コンピューターも活用されてくるのは間違いのないことでしょう。 […]