広告
ツールバーへスキップ

ブロックチェーンとは(IBM Food Trust)

IBMのブロックチェーン技術の取り組み

ここでは、IBMのブロックチェーン技術の活用の一つである、IBM Food Trustを紹介します。ブロックチェーン上に構築されたIBM Food Trustは、膨大なスタックデータを活用し、 農場から倉庫、キッチンまでを追跡できるようにします。また、生産者から消費者が、より安全で検証可能な情報を共有できるようになります。

目次

  • より持続可能な食品エコシステムを確保するために
  • IBM  Food Trustとは
  • まとめ(Hyperledger FabricとIBM Blockchain Platform)

より持続可能な食品エコシステムを確保するために

あなたの休日の食卓の食べ物は、ブロックチェーンによって検証されましたか?このシステムは、サプライチェーンの効率化と、食品の安全と鮮度を改善し消費者が感心のある食品の出所を支援します。

現在、ブロックチェーンで守られている、古典的な休日の食べ物

その卵を産んだニワトリは放し飼いでしたか?抗生物質は与えられていましたか?有機飼料で育てられていましたか?IBM Foot Trustを使ったシステムなら、そんな疑問に瞬時に答えることができます。これは、レストランを訪れるお客やスーパーの顧客に信頼と安全な卵を与えます。

チキン

ブロックチェーンの鶏肉を試したことがありますか?これは、家畜の生年月日や飼料状態や包装日を確認し、消費者は安心してチキンを購入することができます。フランス小売大手のカルフールでは、非ブロックチェーンのチキンよりも、売り上げが伸びています。

コーヒー

そのおいしいコーヒーはどこから来たのでしょうか?IBMは、コーヒーの栽培農家からマグカップまでをブロックチェーンで追跡しています。また、IBMは新興企業と協力して、コーヒーを飲むアプリを開発します。その他にも、魚介類、生野菜のサラダ、マッシュポテト、パスタ、アップルパイなどの古典的な休日の食べ物もブロックチェーンによって守られています。

IBM Food Trustとは?

IBMのFood Trustとは、グロックチェーン技術を使った、持続可能な食物の生産システムです。この技術は、農作物の生産者、卸売業者、小売業者、配送業者などの協業ネットワークを維持します。現在、200社以上の企業がFood Trustのメンバーです。

成功事例 

(Carrefour社)

フランスの小売り大手カルフールは、IBM Food Trustのブロックチェーン技術を活用しており、IBMは多くの小売業者、物流業者、生産者と協力してグローバルサプライチェーンの追跡・保護をしています。

カルフールで販売されている肉や野菜に付いているQRコードを読み取ると、栽培農家や家畜業者、生年月日、使用した肥料や抗生物質を使用したか、保管倉庫、配送情報など様々な情報を読み取る事ができます。これにより、消費者は安心して食材を選ぶことができます。また、企業もブロックチェーンによりブランド力を高めることができます。実際に、カフルールは、非ブロックチェーン食品よりも、これらのFood Trustを活用した商品の売り上げが伸びています。

まとめ

IBM Food Trustは、ブロックチェーンにより追跡を可能にしています。Food Trustは、廃棄物や食品汚染、食中毒のリスクを減らすことができます。このブロックチェーンに登録してある食材に問題が出た場合には秒単位での追跡が可能で、その後の食品の流通をストップすることができます。

このIBM Food Trustは、閲覧許可された参加者のみ情報を参照することができます。またFood Trustは、参加者がデータ入力時に暗号化されたブロックチェーンデータへのアクセス制御を設定することができるようになっています。これによって、取引相手のパートナーは許可された情報のみにアクセスできるようになっています。これは、Food Trustの要の技術とも言えます。

(Hyperledger FabricとIBM Blockchain Platform)

このブロックチェーン・ネットワークで重要になってくる技術が、ハイパーレジャー・ファブリック(Hyperledger Fabric)です。Hyperledger Fabricは、いわゆる分散型台帳(元本)ソフトウェアで、モジュール式アーキテクチャを備えたアプリケーションまたはソリューションを開発するプラットフォームです。このプラットフォームに、IBMのブロックチェーン・プラットフォームを搭載しています。Hyperledger Fabricで作られたアプリケーションやソリューションは、下図のようなブロックチェーン上のデータとなります。

Hyperledgerは、The Linux Foundationの商標です。

参考URL:

https://newsroom.ibm.com/2019-12-23-The-Food-on-Your-Holiday-Table-May-Have-Been-Verified-by-Blockchain?lnk=ushpv18f1

広告

6件のコメント

  1. […] リップル社は、クロスボーダー決済と暗号資産XRPの使用を通じて、ブロックチェーン業界全体の成長を促進していると主張します。現在、One Pay […]

  2. […] ビットコインに加えて、イーサリアムは世界中で最も使用されている暗号通貨です。ビットコインには、金(Gold)のように絶対的な価値が存在し、所有することによって、価値が高まるのを待つことができます。また、ビットコインはもっとも歴史が古く、もっとも確立された暗号通貨です。 […]

  3. […] 新たな分野のブロックチェーン技術が注目を集めていますが、2020年現在でもっともセキュリティなどの面で信頼されているのは、AWSに代表される大手企業のクラウド・プラットフォームです。よりオープンな技術である、ブロックチェーンがそれに代わる存在になるには、まだまだ時間がかかりそうです。もちろん、アマゾンやIBMもブロックチェーンの研究は行っており、先の未来は予想できません。しかし、クラウド・プラットフォームとブロックチェーン・プラットフォームの融合は現在も行われており、クラウド・プラットフォームが重要な位置づけであることは今後も変わることがありません。そのため、私たちはクラウドについて知っておく必要があるのです。最後まで読んでくれて、ありがとうございました。 […]

  4. […] ユーザーは、Zaimと金融期間に情報を提供し、スマホのZaimを通じて銀行口座を常にチェックすることが可能です。銀行側は、このことによって、ユーザがどんなお金の使い方をしているのかなどの動向を知る事ができます。また、共通APIを提供しているIBMは銀行の情報を参照するというメリットが得られます。それによりIBMは、新しい価値を作り出すアイデアを生み出す事ができます。銀行側にとっても、新たな企業との結びつきによってビジネスチャンスが生まれます。IBMのFintechの分野はまだまだ始まったばかりで、同じIBMが手がけるブロックチェーン技術のように今後の発展が大いに期待される分野です。 […]

  5. […] WatsonのビッグデータとIBM BlockChain Platformを含むすべてのIBM […]

  6. […] マイニングとは、ビットコインなどの仮想通貨を採掘者(miner)が採掘することを言います。採掘者(miner)は、ビットコインを売買した人達の情報を受け取り、それを専用のコンピューターを使ってブロックという単位にまとめ、ブロックチェーンの末尾に追加します。ただし、それには複雑な計算を解く必要があります。最初にブロックを追加することができたマイナーだけが一定額の報酬を受け取ることができます。そのため、多くのマイナーが競って、設備を整えて世界的な規模で採掘が行われています。これから、初心者への注意点などを紹介していきます。 […]

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。