広告
ツールバーへスキップ

システム開発見積もり(System development estimate)



◆テーマ

システム開発 見積もり

◆本文

「システム開発の見積もり相場は?妥当な値段なのかわからない」

「どの会社に依頼すればいい?」

「見積もり書で、値段以外に見るポイントはある?」

社内システムの開発を外部に依頼するにも、相場や内容がわからずどうすればいいのかとお悩みではありませんか?

システム開発には専門の知識が必要なため、システム開発の知識がない依頼者の方には料金が妥当なのかなど、見極めが難しいことも多いですよね。

しっかり納得しないまま依頼してしまい、予定以上に費用がかさんだり、思っていたものと違うシステムが出来上がったりなど、こういったトラブルはシステム開発の依頼者と受注者の間でよくあります。

上記の様なトラブルの可能性を最小限に抑えるためには、見積もりの段階がとても重要です。

当記事では、プロである元SEの視点から、初心者の方でも見積もりで失敗しないためのポイントを解説しています。

皆さんが納得してシステム開発の依頼先を決められるように、当記事がお役に立てば幸いです。

システム開発見積もりの基礎知識-依頼する前に知っておくべきこと

システム開発の見積もりには、悩む所だと思います。提示された金額が適切かどうかを判断する場合、専門的な知識も必要なので難しいと思います。

さらに、同じシステムを開発する場合でも、開発会社によって金額が変わってきます。

その分野に特化した開発会社なら、新規に参加する会社よりも高額な金額になると思いますし、反対なら安い金額で依頼できる可能性があります。

また大規模な会社は間接的な料金も加わるために、割高な開発費用になりがちです。

そのため、小中規模の開発会社に目を向ける事も大切です。

対費用効果を考えるためにも、その分野の基本的な開発見積もりを知っておくことが重要です。

システム開発の料金シミュレーター」で予め、開発費用を調べておく事もできます。

そうすることで、開発見積もりを見極めるための判断材料にすることができます。

ここでは、システム開発の3つの見積もり算出方法や、見積もりの内訳(9つの費用項目)について解説していきます。

1. 3つの見積もり算出方法

開発見積もりの3つの算出方法には、類推見積もり(トップダウン)と係数モデル見積もり(パラメトリック見積もり)とボトムアップ見積もり(工数積上げ)があります。

これらの見積もりの特徴を知る事で、適切な見積もりができているのかが分かります。ここでは、3つの算出方法の特徴を紹介していきます。

  • 類推見積もり(トップダウン)

類推見積もり(トップダウン)は主に試算見積もりで使用されます。類推見積もりは(トップダウン)は過去の事例や経験から類推する方法です。

全体のリソース量を見積もり、ここの作業に配分します。見積もる人の精度に依存するため、精度は低くなる傾向があります。

主にプロジェクトの初期段階で、材料があまり多くない場合の使用に適していいます。

  • 係数モデル見積もり(パラメトリック見積り)

係数モデル見積もり(パラメトリック見積もり)はもっとも馴染み深く、数学的モデルを利用してプロジェクトのコストを見積もるため、信頼性が高いのが特徴です。

係数モデル見積もりは、モデルそのものの信頼性と入力する数値の信頼性によってばらつきがでます。

下記に上げたモデルは、ソフトウェア開発の現場でよく利用される、信頼性の高いモデルです。

  • ファンクションポイント法
  • COCOMOモデル、COCOMOⅡデモル
  • Putnamモデル
  • ボトムアップ見積もり(工数積上げ)

ボトムアップ見積もり(工数積み上げ)の精度は上げた要素の大きさと複雑さに左右されます。

個々のアクティビティごとに単位でコストを見積もり集計します。

ボトムアップ見積もりは、アクティビティが適切に細分化されていれば、最も信頼性の高い見積もり技法です。

ボトムアップ技法では、主にクロスチェックというチェック方法が用いられます。

2.見積もりの内訳-9つの費用項目解説

  • 要件定義費用

どんなビジネスの目的を達成するために、どんなシステムを導入したいのか明確にする必要があります。用件定義費用はシステムの仕様などを検討して文書化していく費用です。

  • 設計費用

設計費用は、アプリケーションの設計やデータモデル設計、サーバーなどのインフラ設計、そして運用設計などにかかる費用です。

  • 進行管理費用

進行管理費用とは、プロジェクトの進行から完了まで、受注側と開発側の間に立ってプロジェクトを管理するための費用です。開発会社によっては、デザイン・開発費用に含めて見積もりをする場合もあります。

  • 開発費用

システム開発はプログラミング言語を使用して行います。開発費用とはプログラマやシステムエンジニアの人件費や技術費のことで、人月を単位として計算されることが多いようです。プログラマやシステムエンジニアのレベルによっても単価が異なる場合があります。

  • テスト費用

テスト費用はシステム開発の最終段階で行うテストにかかる費用のことです。テスト費用にはテスト内容の策定や具体的なテスト内容の設計、実際のテストという作業が含まれています。

  • 導入費用

導入費用は、開発したシステムを納品する際に行う初期設定などにかかる費用のことです。

  • 購入費用

システム開発には、必要な機材の購入が必要な場合があります(ソフトウェアやサーバーなど)。これらの購入に必要な費用が購入費用です。

  • 保守費用

保守費用は、システム構築後にトラブルが起こった場合に必要な費用です。開発の段階で保守費用を計算する場合もあります。保守費用は自社で行う場合と外部に委託する場合で大きく変わります。そして、最後の9つ目の費用には交通費があります。これは開発途中の打ち合わせなどで発生する交通費のことです。

3. システム開発費用の相場-なぜ会社ごとに違うの?

開発費用は会社によって技術者のレベルや設備も違うため、工数や作業量に差があり、一概に言うことはできません。

レベルの高い技術者は大きなプロジェクトに回し、新入社員などが比較的難易度の低いプロジェクトに参加する場合もあります。

このような場合は、開発費用も安くなります。しかし、そこで開発費用が安いからといって安易に選んではいけません。

システムを開発する範囲が妥当かどうかということも問題になります。

具体的な範囲が示されていないと開発者は工数を算出することも難しくなり、そのまま開発を進めてしまえば受注側の満足度にも影響が出てきます。

適切な工数を算出するためにも、見積もりをする前の準備や前提条件を決めておく必要があります。それについては次の項目で説明したいと思います。

※記事に含んでもらう事:工数や作業量によるので、一概には言えない(正解なし)、安いからと言って安易に選んではいけない

4. 見積もりを依頼する前の準備事項

まずは、システムの妥当性を判断するために、チェックポイントを設けます。

必要な準備は前提条件を決めておくこと、細かい仕様を話し合って決めること、修正や工数管理を明確にしておくことなどです。以下に順を追って説明していきたいと思います。

4-1. 前提条件を決めておく

前提条件とは、開発をするエンジニアの頭の中に想定されている要件のことです。

発注側と受注側でプロジェクトに対する理解度を同じにするために、文章化する必要があります。

4-2. 細かい仕様を話し合って決める

後から「この部分は、当然こうなるでしょう」「◯○して当然だと思った。」などという誤解を生じないためにも、細かい仕様を開発側と話し合っておく必要があります。

ソフトウェアやハードウェアはどんなものを使用するのか、プログラム言語は何を使用するのかなどの前提条件を元に細かいシステムの仕様を決めていきます。

4-3. 修正や管理工数を明確に

システム開発にはエンジニアの工数が大きな役割を占めます。上記の前提条件や細かい仕様を話し合って決めるのは、工数見積もりを正確に計算するためにも必要です。

システムの納品後に修正のやり直しを繰り返して工数を増やすことは避けたいところです。そのため、開発のプロセスごとに見積もりの修正箇所を何段階かに決めておくことも必要です。

5.依頼先選びで失敗しないために!依頼先を見極める3つのポイント

「思ったより工数が膨らんだ」「クオリティが想像と違った」「納期が遅れた」など、システム開発を依頼する担当者は依頼先選びに苦労しています。ここでは、依頼先を選ぶときに失敗しないための、3つの見極めポイントを紹介したいと思います。

5-1. 対応が丁寧

システム開発は順調に進んだのに、一番大切な運用段階になって思ったようなサポートが受けられないケースも見られます。システムが本番稼働してからも不具合による仕様変更などが行われるため、丁寧な対応が求められます。

丁寧親切なサポートを受けられないために、業務に支障をきたしてしまって開発会社を乗り換えたりすれば、余計な費用がかかってしまいます。そのようなことにならないためにも、対応が丁寧な開発会社を選ぶ必要があります。

5-2. 提案力がある

依頼した開発会社に提案力があれば、受注側も納得して開発会社と協力することができます。そのような開発会社であれば受注側からの信頼も得られて、開発後の保守契約やリピートの開発にも繋がります。

受注側は業務のプロではあってもシステムに関してはそうではありません。会社の未来や可 能性を想像できるような提案があれば、受注側も見積もり料金だけにとらわれず、前向きな気持ちで考えられるようになります。

5-3. 見積もり書の内容が明確(細かい内容まで説明できる)

提案上の見積もりでは総額表示でしか示されないことが多く、見積もりの詳細までは分からず、その根拠が示されていません。

それは、要件定義の前では不明な点が多く、詳細な見積もりを提示することは開発会社にとってもリスクとなるからです。

しかし、要件を何度も確認して開発側から詳細な見積もりを提示してもらうと、受注側が納得してくれることが多いです。

総額表示だけで契約することは、受注側にとっては後の不満に繋がります。

開発会社に人月工数や計算式や成果物を提示してもらうことも必要です。

6. 見積もりをもらったらチェックすべきポイント

見積書には決まったフォーマットがないために、開発会社によって様々です。そのため、最低限の情報が記載されているかチェックする必要があります。

これから説明する情報がきちんと記載されていなければ、見積書の見直しを行った方がいいでしょう。

必要な項目は、見積もり単価の算出(かかる工数に対してのエンジニアの一日の単価など)や構築環境、データ移管、備考欄(重要な前提条件が記載されていることが多いので必ずチェックする。例:デザインは4案提案、修正は2回まで、等。)などになります。

7. まとめ

ここまでシステム開発の見積もりについて説明してきました。

必要なことは、信頼できる技術力や提案力のある開発会社を探すことです。そのためにも、マッチング企業の活用やシステム開発の料金シミュレーターなどを使って、あらかじめ複数の開発会社を選ぶことが大切になってきます。

そして、詳細な見積もりの根拠を示す事のできる開発会社を選べば、受注側が見積もりに納得しやすくなります。

それは、受注側のシステムに対する理解度をアップすることにも繋がり、システムの修正時や保守の際にも安心して開発側に任せることにも繋がります。

ここに書かれていることが、ユーザーのよりよいシステム導入のためにお役に立てば幸いです。

広告

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。